新型コロナウイルス

ワクチン後遺症を訴える大学教授と高校教諭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学教授と高校教諭の2人がワクチンの副反応で苦しんでいます。いずれも高学歴だと思うのですが、何故、危険性が分からないのでしょうか。もしかすると、危険なものを見分けるポイントは、知識や経験ではないかも知れません。コロナウイルスで騒いでいたとき、ワクチンが登場してきたとき、段取りよく接種の体制が出来て案内が来たとき。それぞれのタイミングはあまりにも不自然でした。

そんなにタイミング良くワクチンが開発できるものではないし、国内の接種体制も段取りが良すぎます。これに違和感を持って慎重になれるかどうかは、その後を分けてしまうことになりました。私自身、マスク着用を言われたとき、ワクチン接種が努力義務になったとき、いずれも強い違和感を持ちました。どんな情報に繋がるかが、生死を分けてしまいます。

3回目の新型コロナワクチン接種後に体調不良をきたし、「悪性リンパ腫」であることを公表した原口一博衆議院議員。DSの存在も、プラスミドDNA、SV40のことも分かっているようです。聞いてみて下さい。

新型コロナワクチン後遺症を訴える兵庫県内の高校教諭と大学教授~学校現場の理解と子どもたちのサポートを~

ワクチン接種後から1年半続く体調不良

兵庫県内の高校の教諭

兵庫県内の大学教授

体調に波 1年半続く慢性的な倦怠感

自宅で寝込む高校教諭

先生が学校に来ない…

高校教諭の教え子

 

神戸で患者や家族が講演

後遺症を訴える患者の母

高校教諭の教え子

大学の社会保障の授業で国の制度の問題点を講義

講義で制度の問題点を話す大学教授

健康被害救済制度の認定件数(5月8日現在)

副反応疑い報告制度での報告は本当に実態をとらえているのか?

副反応疑い報告制度の報告件数(3月12日現在)

配信

 
 
サンテレビ

大学生に語る高校教諭

出欠の取り扱いについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

eleven − 4 =