新型コロナウイルス

ナットウキナーゼがスパイクタンパクを分解する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクチンによって形成される血栓にナットウキナーゼが有効であるというものが出てきました。納豆は日本人が日常的に食習慣に取り入れているもので、健康食に位置づけされているものです。血栓溶解の効果があるそうですから、沢山摂った方が良いと思います。

他人事にしてたら、国が滅びるんやで。

さて、この人もmRNAワクチンプラスミドDNA混入について発言しています。

Image

 

 

 

SARS-CoV-2のスパイクタンパク質に対するナットウキナーゼの分解効果

この研究では、SARS-CoV-2のSタンパク質に対するナットウキナーゼの効果を調べました。Sタンパク質をトランスフェクトした細胞ライセートをナットウキナーゼとともにインキュベートすると、Sタンパク質は用量および時間依存的に分解されました。免疫蛍光解析の結果、ナットウキナーゼを培地に添加すると細胞表面のSタンパク質が分解されることが示されました。したがって、私たちの発見は、ナットウキナーゼがSタンパク質分解を介してSARS-CoV-2感染を阻害する可能性があることを示唆しています。

2.2. トランスフェクトされた細胞表面のSARS-CoV-2のスパイクタンパク質に対するナットウキナーゼの分解効果

An external file that holds a picture, illustration, etc.
Object name is molecules-27-05405-g002.jpg

(A)細胞表面のSタンパク質に対するナットウキナーゼの分解効果。Spike-pcDNA3.1をHEK293細胞にトランスフェクトし、9時間インキュベートしました。インキュベーション後、ナットウキナーゼ(25および2.5 μg/mL)を培地に添加し、さらに13時間インキュベートしました。細胞を固定し、免疫蛍光分析を行った。細胞表面のSタンパク質を抗スパイクタンパク質抗体(赤)で染色し、核をDAPI(青)で染色した。(B)核陽性面積に対するSタンパク質面積の比率。サンプルごとに3つの画像をキャプチャし、Sタンパク質/核陽性領域を計算しました。データは平均+ SDで示され、p値はRソフトウェア(Windowsの場合はR-3.3.0)を使用したTukeyの事後検定による一元配置分散分析(ANOVA)によって決定されました(** p < 01.0; *** p < 001.13)。 (C)細胞生存率はMTTアッセイにより評価した。指示したナットウキナーゼを培地に添加し、<>時間インキュベートした。MTTアッセイを実施した。

4. まとめ

本研究では、セリンプロテアーゼであるナットウキナーゼがSARS-CoV-2のSタンパク質を分解することを実証しました。納豆抽出物に含まれるナットウキナーゼがSARS-CoV-2感染を阻害できるかどうかを調べるために、Sタンパク質発現細胞ライセートとナットウキナーゼを用量および時間依存的に混合することにより、Sタンパク質の分解を分析しました。Sタンパク質のRBDは、ACE2タンパク質の膜遠位部分に結合する。納豆抽出物は、RBD分解を介してベロE2細胞におけるSARS-CoV-6感染を阻害することが報告されています[]。ナットウキナーゼによるSタンパク質分解は、熱またはタンパク質阻害剤処理によってブロックされることを実証しました。我々のデータは、ナットウキナーゼのプロテアーゼ活性がSタンパク質分解に重要な役割を果たしていることを示唆しています。まとめると、これらの知見は、納豆抽出物によるSARS-CoV-2感染の阻害がナットウキナーゼによるSタンパク質分解によるものであるという考えを支持している。したがって、私たちのデータは、ナットウキナーゼと納豆抽出物がSタンパク質分解を介したSARS-CoV-2宿主細胞侵入の阻害に潜在的な影響を与えることを示しました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

eighteen + 14 =