新型コロナウイルス

手を洗う救急医Takaに対するコメントがすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の忽那医師に続いて、今度はコビナビ副代表のTakaです。以下の記事は本当に読む価値があるのか分かりませんが、1つはっきり言えることは、ワクチン接種を拒否したアフリカにおいてパンデミックは拡大していないこと。それで全て説明できると思います。

突然のWHO「ワクチン推奨しない」発表に「打つんじゃなかった」と思った人へ…手を洗う救急医Takaさんに本当の意味を聞いてみた

配信

現代ビジネス

Photo by iStock

「いまさらかよ!」と憤る人々もいますが……

Photo by Getty images

より「罹りやすい」状況になっている

「ワクチンのせい」と思う前に立ちどまって

感染するほうがリスクが高い

Photo by iStock

以下はこの記事に対するコメントです。 読んでみて下さい

Twitterはこちら

コメント1028

  •  

    一番の問題は2020年当時ワクチン接種を国民が選択する時点でワクチン担当大臣や高名なノーベル賞受賞者などが「ワクチンは有効で安全です。副反応もすぐに治まる」などと接種推進の発言ばかりしマイナスな情報を全く提示しなかった事です。人体への治験をほとんどしていないこのワクチンは当初からスパイクタンパクによる心筋炎や血栓など様々な副反応を懸念する学者が発言していましたが陰謀論者としてまったく取り上げる事はしませんでした。エイズウイルスの発見でノーベル賞を受賞したフランスのリックモンターニュ博士は当時このワクチンに懸念を示し「接種は人類最大の惨禍になる」と予言され昨年お亡くなりになりました。博士はこれらの発言で陰謀論者の烙印をおされました。今になって異常な超過死亡が出始め不吉は兆候がみられています。博士の予言が当たらないよう祈るばかりです。

     

    表に出なかったワクチン接種によるとみられる死亡が、昨今は隠しきれなくなり公表されつつあります。大切な家族がもしも突然死亡したら、打たなかったら良かったとどんなに悔い嘆く事でしょう。熱が出て倦怠感が有るワクチン接種を、個人的には数回目できっぱり打たなくなりました。流石におかしいと気がついて止めましたが、真顔でまだワクチンは打ちましょうと言い続ける日本の専門家と政府。今度は移り変わってどんなことを言い出すのか、鵜呑みに信じないで自分の意思に自信を持ち信じる行動をしようと強く心しています。

  •  

    「重症化リスクが少ない人達に対しては、追加接種は必須ではない」(WHO) 「「健康な人には打たないほうがいい」ということにはならないと思います。」(コメンテーター) 言葉上はそうなんですが。。。。要するに健常人へのワクチン接種を推奨する根拠が乏しくなったわけであって、強い副反応および極少数であるがワクチンによる健康被害があることを踏まえて判断しましょうと、なぜデメリットを言えないかね。

  •  

    ワクチン接種後の死亡者約2000人は既に因果関係が認められている。 それでも氷山の一角らしい。 東日本大震災時に日本の死亡者は急激に上がったが、ワクチン接種後は更に上がっている。 普通の人が考えても、因果関係はあると感じる筈で、実際にワクチン接種後に死亡者が急激に増えた事をどう説明する? 偶然なんて有り得ないから。

  •  

    自分は送られてきた1回目からの接種券を捨てずに保管してあります。将来、打たなかった証明になりますからね。思えば職場や身内、知人からの繰り返しの同調圧力にはアレルギーとアトピーがひどくて医者に止められいると適当な言い訳して逃げ切りました、あの時の判断は我ながら自分を褒めてあげたい。

  •  

    この方の考えでいうと、日本で健康な人はこれからもワクチン打ったほうがいいんじゃないの? 9億回分も購入してるから余ってるでしょ。 ワクチンで亡くなった人間が稀とはいうけど、少なくとも2000人は亡くなってる訳で、報告されてない件数も上げれば桁が違うんじゃないでしょうか。そんなワクチン他にないでしょ。 副反応について、「感染するよりワクチン接種のほうが酷いという事はない」 こんな事はないです。 感染したほうがマシだったという生の声は何人にも聞きましたよ。 「接種、未接種による突然死の割合を調べればいい」と言っているが、調べればいいじゃなくて、調べろよ。 その上でデータと共にコメントしたらいい。

  •  

    コロナのワクチンって分かっていないことが多すぎるのに、ワクチンは接種した方が良いって決めつけちゃうんだよね。 オミクロン株になってから、感染予防効果は極めて短いことがはっきりしている。 一方で重症化予防効果ははっきりしないし、ワクチンの効果が消えてからの感染率もはっきりしない。 ワクチンを接種すると一定率で副反応が発生することははっきりしているし、亡くなる人も僅かだけど存在する。 まとめれば、ネガティブなことははっきりしていることが多く、ポジティブなことは分からないことが多いようだ。 日本に限れば高齢者のワクチン接種率は極めて高いが、亡くなる人のほとんどは高齢者であることを考えれば、もっと追跡調査をしないとだめだし、そのあたりを明確にせずにワクチンは問題ないと言い切る専門家は信用できないと思う。

  •  

    二頁目の最後 > 厚労省はメリットのほうがデメリットよりも多いと言っているんです。 …とは言ってもだ。 8.8億回分もワクチンを確保して良い理由にはならない。 だれがどのように8.8億回分と算定したかよく分からない…なんて許されない。 メリットばかりを強調してよいことにはならない。「周りの人のためワクチンをご検討ください」などと首相や有名人のクチを使って、ごく短い時間のテレビCMを流すことなど最たるもので、決して許されない。 普段の医薬品と異なる通達を出し、報告義務を緩和したことも、本来は許されないだろう。

  •  

    自分はワクチンを接種しなかった派。 当時は周囲から色々言われたけど、自分なりに調べてリスクが高いと踏んで断固接種はしなかった。当然接種するメリットもあるんだろうけど、盲目的に「周りが接種してるから」とか「接種したら安全」という感じに流されれなくてよかったなと思う。副反応や後遺症で苦しんでる人も割と身近に居るし。実際にうちの家族は全員未接種だけど、これまでに1回も罹患してない。

  •  

    ワクチン否定派が上方修正した中立と、推進派が下方修正した中立は意味合いが異なります 今回激推ししてきたWHOが下方修正しているわけで、その意味をしっかり考える必要があります ワクチンにリスクがほぼないのであれば、こんな勧告を出す必要はありません お金のないところはそもそも今までもほとんど打ってませんし、今回見ればわかるようにこういった勧告は混乱を招きます なのでよほどのことがない限りこのような勧告は出す必要がないのです よほどのこと、とは何なのか それが有害事象である、と私は思いますよ 推進してきた手前ハッキリとは言えないでしょうけどね ワクチンをフェードアウトさせる為の一手にしか見えません

1ページ分だけ紹介しました。次ページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

five × 4 =