新型コロナウイルス

ドイツ感染拡大とアメリカ国民の戦い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

騙される人は何度でも。繰り返し繰り返し無限に接種。次々に新しい変異ウイルスが発生したと騒ぎ立てれば、皆は喜んで打ってくれる。

製薬会社はボロもうけ。副反応で死亡しても因果関係不明で泣き寝入り。メーカーの責任は既に免責されている。

 

 

イギリスは高い感染水準が続いている

オランダは過去最高水準の感染拡大

 

ドイツは過去最高水準の感染拡大

 

2021.11.25【ドイツ感染率最多】ワクチン未接種者が原因?電車でワクチンパスポート必要【ワクチン接種】【ワクチンパスポート】Yoko in Germany channel

ワクパス無意味がハッキリしたドイツ 陰性証明書必須に

過去最多?サッカー選手が亡くなる事例

2021 サッカー界に降りかかった災難 セルヒオ・アグエロ引退 その他

心筋炎を軽く見てはいけない

劇症型心筋炎の救命率は約50%しかない。この致死的な心筋炎では、かぜ症状から一転して手足が冷たくなるとか、言いようのない体のだるさに襲われるとか、悪性の不整脈が現れ、極端な例では失神やショック、重症な呼吸困難に陥るといった重篤な急性心不全病状へと激変してしまいます。
 心筋細胞は他の臓器と違って再生しない細胞です。炎症によって心筋細胞が壊される範囲が広がると心臓のダメージが急速に拡大されます。心筋炎による臨床症状は、心筋が壊れるといった器質的障害と重い炎症による機能的心臓ポンプ力の低下という二つの障害が重複して起こり、心臓ポンプ作用の極度の低下や心停止といって心臓がまったく動かなくなることがあります。こうなると、急性心筋炎が何とか治癒した後も、心筋のダメージが残り、慢性心不全に苦しむことにもなります。
 心膜炎の症状は発熱、全身倦怠感といった全身症状のほかに、鈍痛を胸部に長く感じることがあります。急性期を脱すれば、むしろ怖いのは慢性期です。炎症による広範な心膜の線維化から心臓のポンプ力が低下し、独特の右心不全を発症します。収縮性心膜炎と呼ばれます。

 

 

アメリカはピークではないが再び増加の兆し

特番『山中泉氏に訊く!アメリカのコロナ最新情報』

アメリカのコロナ政策は、連邦政府が決めるのではなく、各州の判断によって決められている。

ニューヨーク市長がワクチンパスポートを導入した結果、証明を持っていない人は屋内に入れず、バーにも入れない、公共施設のミュージアムから音楽会、ブロードウエイなど見せないと入れない。ここまで過激にやったところもある。未接種者は店に入ってテイクアウトは出来ても、中で食べられない。バーに入ったところで見せないといけない。店に確認させていて、7割位のニューヨークのレストランバーは、これによってビジネスが影響を受けている。とはいっても商売なので、厳密にやっている所ばかりではない。

ワクチンを接種しないことを信条としている人たちは?

バイデン大統領は9月、連邦政府職員、政府の取引業者、軍人、米国企業で100人以上雇用している所は、全員接種してその証明を見せなさい、期限までにやらない人は、即給料の停止、そして最終的に解雇も。

しかし接種できない人もいる、医学的理由で打てない、アレルギー、宗教上の理由で打てない人、そういう人たちを十把一絡げに強制しているところがある。バイデン大統領、ニューヨーク市、カリフォルニアのかなりの地域でワクチンを強制している。

シカゴ、ロスアンジェルス、ニューヨークの消防、警察官が、全員強制義務化なんです。ロスアンジェルス郡の警察トップが言っていた。自分はこれに従わない、何故ならそれに従うと1割から2割の打ってないし打ちたくない人が辞めてしまうからだ。これだけ犯罪率が高いところで、自分たちはそんなことは出来ないんだ。現実的に強制は出来ない。市長には逆らうことを明言している。

シカゴのライトフット市長は左派で女性の人。シカゴ市の職員、消防士、警察官、救急隊員は全て打て、打たないと給料差し止め、或いは停職、という通達を発表した。その途端に、警察官ユニオン、消防隊ユニオンが市庁舎内でデモンストレーションをやった。我々はワクチンに反対しているわけではない、強制することに反対している。労働条件の話し合いもなく、一方的に命令することに反対している。自由のためにやっている、この命令を受け入れたら次から次へと来るだろう。

共和党知事の州は?

フロリダ州は一度もロックダウンしてないし、学校の閉鎖もしていない、マスクやワクチンの強制は一度もやっていない。テキサスも同様。こういう所は全然増えていないんです。フロリダは全米50州の中で一番感染率が少ない。保守州は小さな所でも増えていない。カリフォルニア、ニューヨークのような、ものすごく締め付けをしてロックダウンしているような所では、ものすごく上がって死者も増えている。

バイデン大統領の命令に対して、民間の会社は、これを憲法違反だとして20数州から訴訟を起こしている。そしてつい最近、2,3の裁判で判決が出て、バイデン政権による憲法違反である、と。第5巡回裁判所では、権力の横暴である、とまで裁判官が言っている。だから、バイデンの言っていることは間違いなく憲法違反である。各州には権限があっても、大統領には権限がない。・・・以下省略

バイデンは何故ワクチンを強要するのか?

製薬企業は間違いなく大きな力を持っていて、ロビー活動で巨額な献金をしていることは間違いないですが、昔からワクチンを推奨しているところがWHO。WHOに巨額な献金をしてワクチンの研究を進めたビルゲイツ財団。こういうグローバリスト勢力からの指令。何故バイデンがワクチン、ワクチンと言っているかというと、ワクチンを打たせることによって国民をコントロール下に置くということ。この次に何かやる時に、また、同じように強制して義務化して、次から次へ、政府が言うことに、銀行の資金移動にさえ、監視する、監視社会を作りやすくする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

three + 16 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。