新型コロナウイルス

保管状態が悪いワクチンを接種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

温度管理誤ったコロナワクチン、1110人に接種 岡山県の医療機関

小沢邦男
 
写真・図版
岡山県
 

 岡山県笠岡市は20日、市内の医療機関で温度管理を誤った新型コロナウイルスのワクチンを、2021年10月から今月までの間、市民計1110人に接種したと発表した。市外の人にも接種した可能性があり、現在確認を進めている。健康被害の報告はないという。

 市によると、ワクチンは市役所の超低温冷凍庫で保管後、冷蔵(2~8度)で医療機関に配送する。同じ温度での保管が必要だが、この医療機関では届いた後も冷凍保管していた。16日に市が今後の接種について伝えるためにこの施設を訪れた際、職員から冷凍保管している旨の発言があり、発覚したという。市が製造元に問い合わせたところ、「詳しい調査が必要だが、物理的安定性は許容範囲」との見解が寄せられたという。(小沢邦男)

※ 岡山の医療機関で接種した人は、保管状態が悪くて品質が劣化している可能性がありますが、このワクチンを接種した人は大丈夫なのでしょうか。mRNAワクチンは元々均一には作れずロット毎にバラつきがあるとの報告があります。特定のロットに死亡が多く、他のものには死亡が少ないということが不均一を表わしています。保管状態が悪く、品質が劣化していることで返って副反応から逃げ切れる可能性もあるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

two × three =