新型コロナウイルス

2,022年出生数は80万人割れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mRNAに限らず全てのワクチンは、自らの力で克服する道を塞ぎ、強い身体を作れなくしている。病気の経過はそれぞれの人の免疫力が決めている。ウイルス側ではなく、もらった側(人間)の問題。ワクチンや薬は根本的な解決法ではない。

 

各国の主権を越えてWHOがパンデミック政策の主導権を握り、世界中でワクチンを強制接種出来る権限を持つことになります。ゴミクズ同然で、すでに誰も打たないワクチンを強制されるなどトンデモありません。バイデン追従岸田属国管理人内閣は何をするのか分からないことが恐ろしい。多分拒否できないのでは。

日本経済新聞:出生数急減で80万人割れ、主な原因は?

2023年3月1日

2023年3月1日の日本経済新聞朝刊1面に「出生急減、80万人割れ」という記事がありました。厚生労働省が発表した22年の出生数(速報値)は前年比5.1%減の79万9728人でした。主な原因は何なのでしょうか。

ここが気になる

人口動態統計によると出生数は7年連続で過去最少を更新しました。80万人を割るのは国の推計より11年早まりました。急速な出生減の主因はコロナ禍での結婚の減少です。19年に60万組を超えていた婚姻数は21年に51.4万組に減り、22年も51万9823組にとどまります。日本では結婚数が出生数に直結するため、影響が大きく出ました。

コロナ下の経済の混乱も妊娠・出産をためらう要因になりました。前年比の減少率は22年は5.1%と、21年の3.4%減より拡大しました。欧米の多くの国はコロナ禍による出生減から既に回復しました。ドイツやフランスなど少子化対策が手厚い国では回復が早い傾向があります。日本も次元の異なる少子化対策を急ぎます。

短期的には出産・育児への支援の充実が欠かせません。厚労省の調査では妻が35歳未満で理想の数の子どもを持たない夫婦の77%が「お金がかかりすぎる」ことを理由に挙げました。即時に必要な政策に25年ごろまでに年間6.1兆円規模を投じる必要があるといいます。子どもを産み育てやすい社会に作り替えていくことが大切です。

※ 超過死亡の増加に伴い出生数も大幅に減少するかと思いましたが、少子化が進んでいる傾向は見られますが、他の要因があるかどうかはっきり分かりません。2,022年は前年より減少していますが、ここから何かを読み取れるのか。ただし、接種した母親から生まれた子供の免疫に問題はないのか、今後無事に成長できるのかを見守る必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

nine + eleven =