新型コロナウイルス

ファイザー内部告発『法廷で会いましょう、犯罪者!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロジャー・ウォーターズに全面的に賛成。

この動画は閲覧注意です。昆虫食を盛んに推奨している。

こんな連中がいたのだと、記憶に残しておきましょう。

 

森田洋之@「医療」から暮らしを守る医師/「人は家畜になっても生き残る道を選ぶのか?」発売中!
 
僕もそう思います。完全同意です。 でも、だからこそ医師は「100%」と断言するべきではない。 「超過死亡がワクチンが原因」ということだって今後証明されるかもしれないのです。   このお考えを信じたかもしれない15万人のフォロワーに訂正して謝罪すべきだと思います

Image

100%あり得ないのなら、何なのか明らかにすべきでしょう。あとから考えてこじつけたものは見たくありませんからね。この人物、主張が呆れるほどに一貫しています。後年、見本としてパンデミック博物館に飾っておきたいですね。これではサンドバックにもなるでしょう。

夏の間マスクをしていると顔にくっついているところが熱くなり、熱中症になるのではと心配でした。顔が熱いんですね、息も苦しいし。身体を動かす仕事をしている人には過酷な試練でした。権力による強制から自由を勝ち取った証がマスクを捨てること。マスクをしている日本人は何かおかしいのではないか、と海外から見られ始めています。

主権意識がない日本政府がGHQ統治下で、竹島は韓国に帰属するとの密約をしていた。

Image

ブルック・ジャクソン

ファイザー虚偽裁判が始まる: 元ファイザー臨床試験官のブルック・ジャクソン氏はファイザーのワクチン試験の嘘を内部告発。彼女は巨大製薬会社相手に訴えた。連邦裁判所がその訴えを受けて裁判をやるかどうかが注目されたが、受けた!3月1日午後2時。 “犯罪者の皆さん、法廷でお会いしましょう!”

今度はファイザー臨床試験の内部告発『法廷でお会いしましょう、犯罪者の皆さん』

Image

3月1日 全ての当事者はテキサス州連邦裁判所に出席しなければならなくなった。

独占:ファイザーワクチンの内部告発者が虚偽の主張訴訟を却下する動議に対応

ファイザー社と臨床試験を業務委託されている2社が、COVID-19ワクチンの承認をFDAから得るために虚偽の臨床試験結果を提出したことで内部告発が行われました。「回答者は、不正な証明書、虚偽の陳述、加工されたデータ、汚染された臨床試験、および内部告発者の解雇は、詐欺を回避する方法を契約したという理論に基づいて無視できると主張しています」と、ファイザーワクチンの開発に使用された臨床試験の22つで地域ディレクターを務めたブルックジャクソンの弁護士は、裁判所への提出書類に書いています。

ジャクソンの訴訟は、ファイザーとその下請け業者19社が、COVID-<>ワクチンの食品医薬品局(FDA)の承認を得るために偽の臨床試験結果を提供することにより、虚偽請求法に違反したと主張しています。

連邦法の下では、個人または企業が故意に政府に嘘をついたことを証明できれば、個人は政府に代わって訴訟を起こし、3倍の損害賠償を勝ち取ることができます。

ジャクソンの弁護士の3人であるワーナーメンデンホールは、エポックタイムズに、支払いは3.<>兆ドルにもなる可能性があると語った。

「ファイザーを破産させるのに十分だろう」と彼は言った。

数百万ドルの虚偽請求防止法の訴訟で勝訴した法律事務所のメンデンホールは、米国政府がファイザーに2億回以上のCOVID-100ワクチンに対して支払った19億ドル以上の見積もりに基づいています。

訴訟を却下する動議で、ファイザーとその下請け業者は、ジャクソンの主張が虚偽であることに加えて、民間人ではなく政府が虚偽請求法の苦情を開始することができ、したがって彼らに対する訴訟は却下されるべきであると主張した。

「関係人は、政府が最初に行政手続きでそれらを追求することなしに、ファイザーに対する請求を追求することはできません」とファイザーの動議は読みます。

両社はまた、FDAは訴訟が提起される少なくとも2年前からジャクソンの主張を十分に認識しており、ワクチンを裏付けるために使用されたデータに対するFDAの「完全な信頼」を表明することでジャクソンの主張に公に応えたと主張した。

しかし、メンデンホール氏は、虚偽の請求訴訟は政府の知識とは無関係であり、ジャクソンはファイザーとその下請け業者がFDAに不正な情報を提示したことを証明するだけでよいと述べた。

ジャクソンは、ファイザーのCOVID-19ワクチンの緊急使用許可申請の一環としてベンタビアリサーチグループが実施した臨床試験の指揮官の18番目でした。彼女は、彼女が「絶対的な騒乱」と呼んだものと、ワクチン開発における安全プロトコルと連邦規制の完全な無視を報告した後、ベンタビアによって解雇される前に、わずか<>日間そこにいました。

彼女は苦情の一部として400以上の展示を提出しました。彼女は、元タコスのレジ係が実験用ワクチンを患者に注射する任務を負った人々の中にいたと言いました。彼女は、試験スタッフがインフォームドコンセントの書類に患者の署名を偽造したと主張した。そして、彼女は不衛生な状態の毎日の混乱について説明しました。

ジャクソンはまた、ファイザーが彼女を反ワクチン、反政府個人として特徴づけたことに初めて反応し、彼女の解雇に対する復讐としてお金を求めました。

彼女はワクチンの政府が運営する臨床試験の長いリストに取り組んでおり、彼女はワクチンを支持していると述べました。彼女は、彼女の子供たちはすべての子供時代のワクチンを接種しており、彼女の家族全員が毎年インフルエンザワクチンを接種していると指摘しました。彼女はCOVID-19ワクチンが利用可能になるとすぐに接種し、当初は最大のチアリーダーの<>人でした。

ジャクソン氏は、ファイザーや他の企業に対する訴訟の一環として解雇の補償を求めているが、企業に対する法的措置の下で受け取ったお金をワクチンで負傷した人々に寄付する予定であると語った。

「私に関する限り、それは血のお金です」と彼女は言いました。「世界は、この危険なワクチンの背後にある恥ずべき行動でここで起こったことにうんざりしているはずです。」

ファイザーの代理人弁護士はコメントを求める電話を返さなかった。

A person walks past a Pfizer logo in the Manhattan borough of New York on April 1, 2021. (Carlo Allegri/Reuters)

※ 訴訟の具体的内容については作戦があるのか明らかになっていませんが、臨床試験で不正があり、それをFDAに承認してもらうために『不正な証明書、虚偽の陳述、加工されたデータ、汚染された臨床試験』が行われたということです。

訴訟を起こしたBrook Jackson:ブルック・ジャクソンはファイザーの下請けであるベンタビアリサーチグループに在籍し、臨床試験の監督者だったといいます。そして安全プロトコルと連邦規制の完全な無視を報告した後、ベンタビアによって解雇されました。上の記事に少し具体的な内容があります。

『彼女は苦情の一部として400以上の展示を提出しました。彼女は、元タコスのレジ係が実験用ワクチンを患者に注射する任務を負った人々の中にいたと言いました。彼女は、試験スタッフがインフォームドコンセントの書類に患者の署名を偽造したと主張した。そして、彼女は不衛生な状態の毎日の混乱について説明しました。』

もうメチャクチャですね。グローバル製薬企業のファイザーが裏側ではこのような不正行為をしていたのです。彼女のサイトから引用します。

『臨床研究に携わってきた20年間で、それまで調査施設が実施した研究、請負業者が管理する研究、製薬スポンサーが監督する研究で怖がったのを見たことがありません。私が文書化し、内部監査中に以前の雇用主とファイザーに報告したことは危険であり、連邦法に違反していました。参加者が保護され、研究で収集された不正なデータが安全性と有効性の分析に使用されていないことを確認する責任があると感じました。』

I Am Brook Jackson | Whistleblower for Pfizer’s Clinical Trials

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

ten − 8 =