新型コロナウイルス

女性に多いワクチン後遺症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真/GettyImages)

 

ワクチン後遺症に苦しむ女性たち「経血が青くなった」「早期閉経した」の報告も

子宮筋腫や生理痛、更年期に伴う不定愁訴など、いわゆる「婦人病」と呼ばれる女性特有の病気は多い。「新型コロナワクチン後遺症」もまた、その一種ではないのか──そんな疑いを持ちたくなるほど、苦しんでいる人は女性が多い。

「女性79.9%、男性19.9%」──これはツイッターで実施されたワクチン後遺症患者412人を対象に行ったアンケート回答者における男女の割合だ(2023年2月7日現在の結果)。後遺症の症状に苦しむ当事者たちがインターネット上で情報収集や意見交換をする「新型コロナワクチン後遺症患者の会」の会員数も女性195人に対して男性68人と圧倒的に女性が多い。

 どうして“ワクチン後遺症”に女性が多いのか。その謎を解くひとつのカギはワクチンの性質にある。ファイザーやモデルナの「mRNAワクチン」は、ウイルスのたんぱく質の遺伝子の一部を体内に注入することで、新型コロナウイルスの表面に存在する突起状の「スパイクたんぱく」を体のあらゆる細胞に作り出す。そのスパイクたんぱくを体内の免疫細胞が認識するとウイルスへの抗体ができ、コロナの発症や重症化を防ぐという仕組みだ。だが、ここに落とし穴があると蒲田よしのクリニック院長の吉野真人さんが語る。

「スパイクたんぱくが体内に出現すると、全身の免疫機能がそれを“敵”と見なして攻撃する可能性があるため、生来の免疫機能に支障をきたす恐れがあります。ワクチン後遺症にはさまざまな症状がありますが、うつや自律神経失調症、記憶力低下やめまいなどの神経機能の異常は、スパイクたんぱくによって免疫異常が生じ、神経組織に炎症が起きることで引き起こされる可能性が大きい。

 そうした神経機能の異常が生じやすいかたがたの傾向として、日頃から鉄分やビタミンB群など大切な栄養素の欠乏がみられる場合が少なくありません。それらは神経伝達物質を合成するために必須の要素で、実際に患者の血液を調べると鉄分とビタミンB群などが足りていないという結果になる例が大部分です」

青い血が出ても「異常なし」

 接種後に女性特有の病気を発症する事例もあるという。

「後遺症研究会には、複数の婦人科の医師たちから接種後に生理不順や生理過多、無月経や不正出血といった婦人科系の不調を訴える患者が日増しに増えているという報告が上がっています」(吉野さん)

 その中には、これまでに類をみないような症例もある。ワクチン後遺症患者を診察する、大阪肛門診療所副院長の佐々木みのりさんが言う。

「当院の患者さんの娘さんの話です。医療従事者である26才女性で、2021年4月にファイザー製ワクチンを接種した後から生理の経血が青くなったというのです。その写真を見せてもらいましたが、確かに濃い藍色で静脈血の色とも異なり、見たことのない血の色だった。当院のスタッフともども、大きな衝撃を受けました」

 それから半年ほど青い経血の生理が続き、勤め先の内科や婦人科で検査したものの異常は見つからなかった。

「次に受診した大学病院の婦人科でも異常なしと診断され、結局何の治療も受けられなかったそうです。彼女はワクチン以外に原因が考えられないと厚生労働省に訴えたそうですが、たらい回しにされた挙げ句、国への副反応報告もしてもらえなかった。その後半年ほどで赤い経血に戻り、体調にも異常はないそうですが、理由もわからず、治療も受けられなかった当時は強い不安を感じたと話しています」(佐々木さん)

ワクチン後遺症に関するアンケート

原因不明の症状に苦しむのは若い女性だけではない。

「すでに閉経した高齢女性の中には、接種後2週間ほど生理のような出血がだらだらと続いたうえ、生理痛のような下腹部の痛みに悩まされる人もいました。反対に、接種後に月経が途絶えて早期閉経した30代の女性もいます。前述の“青い出血”を含めてワクチンと月経異常の因果関係は不明ですが、共通しているのは接種後から症状が出始めたこと。だから私は充分に後遺症の可能性があるとみています」(佐々木さん)

 そうした生理の異常が生じる要因として考えられるのも、やはり前述の「スパイクたんぱく」が持つ特性だ。

「マウス実験のデータから、接種後に体内に作り出されるスパイクたんぱくは卵巣に集まりやすく、長期間留まりやすいことがわかっています。つまり、スパイクたんぱくが卵巣の血管を破損したり、スパイクたんぱくを標的とする免疫機能が卵巣を傷つけて、生理に異常が生じている可能性があるということです」(吉野さん)

 佐々木さんは、将来的な影響を危惧する。

「スパイクたんぱくが卵巣に長く留まれば、不妊になったり、生まれてくる子供に影響したりする可能性は払拭できません。現時点では因果不明としか言えませんが、私の知る限り、現場レベルでは異常分娩や流産、死産の報告が相次いでいます。この先、妊娠や出産、育児まで長期的な影響が生じることが心配です」

 生理不順や更年期障害、抑うつ状態といった身近にある体調不良の陰に、ワクチン後遺症が潜んでいる可能性がある。医師らが口を揃えて指摘するのは、「ワクチン後遺症を自覚しない患者は数多い」と見込まれることだ。

「女性は生理の周期や出血量などで体の不調に気がつきやすく、何かおかしいと思ったら積極的に受診します。そうした行動様式も、男性より女性の患者が多い一因だと考えられます。そのため、まだ症状に気がついていない潜在的な患者は男女問わず多いと考えられます。ワクチンを打ってから体調が優れないという人は、まずは受診してほしい」(吉野さん)

 ただし、ワクチン後遺症を診察する病院が少ないという現実もある。

「ワクチン後遺症を訴える患者の多くは大学病院などで検査しても異常が見つからず、診察を拒否されるケースは多い。症状で苦しむなか、担当医から『ワクチン後遺症は存在しない』『精神科に行け』と心ない言葉を投げかけられる事例も多く、都内にある私のクリニックでも山梨、静岡、千葉など遠方から多くの患者が受診しています。ワクチンの影響を疑ったら、すぐに病院にかかれる体制づくりが急務です。『コロワク治療ナビ』など、後遺症治療を行う医療機関を検索できるサイトもあるため、活用してほしい」(吉野さん)

「女性活躍推進」を掲げる岸田政権は、多くの女性を苦しめるワクチン後遺症に正面から向き合うべきではないか。

※女性セブン2023年2月23日号

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これからも、一人でも接種する人がなくなるよう無料で続けていきたいと思います。

劣勢ではあっても、雲の隙間に未来が拓けてくると確信!

ご自由な金額でご支援をお願いいたします。

Alfred GrupstraによるPixabayからの画像 

セイフティサポート/PayPal

PayPalのアカウント作成が複雑なため、別の方法をご用意しました。⇒ じぶん銀行  NOTEからサポート

投げ銭とは? 投げ銭とは、一般的にはyoutubeやニコ生などのライブ配信サービスで、視聴者から感謝や応援の気持ちを込めて、お金やお金に換金することができるアイテムなどを配信者へ送るシステムのことです。 ストリートミュージシャンや大道芸をしている人々が前に箱を置いて、観客にお金を入れてもらう状態を想像してもらうと分かりやすいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

19 − 7 =