新型コロナウイルス

エリック・クラプトン ワクチン接種で末梢神経障害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

参政党・松田学代表 コロナ「5類」評価も政府に苦言「こんな異常なことが日本で起こっていたのか」

参政党の定例会見が25日、国会内で行われ、松田学代表(65)、副代表で事務局長の神谷宗幣参院議員(45)ら党のボードメンバー(役員)が出席した。 【写真】参政党の会見に出席した松田学代表と副代表・事務局長の神谷宗幣参院議員  松田氏は、政府が新型コロナウイルスが感染法上の位置づけを「5類」に引き下げる方針について「ワクチンの公費負担を続けるという話が出ているが、超党派議連があるので、我々としては国民にきちんとした情報を提供していって、本当にワクチン接種を推進するのがいいかどうか、国民が判断できるよういろんな形で迫っていきたい」と述べた。

 新型コロナウイルスのワクチン接種に慎重な立場の国会議員でつくる「子どもへのワクチン接種とワクチン後遺症を考える超党派議員連盟」に松田氏、神谷氏は参加している。松田氏は「遅きに逸したというか…5類に下げるというのは評価するが、コロナで一体何が起こっていたのかについては科学的、医学的な解析、分析をしてほしい。非常に実態がわからないようになっている」と政府に苦言を呈した。

 続けて「他の国がマスクを外しているのに、日本だけマスクをしていたとか。どういう経緯でこんな異常なことが日本で起こっていたのか、この辺のこともちゃんとしておきたい。『まだ警戒しなきゃいけない』とおっしゃる専門家も多いんですが、アメリカなんかはコロナは話題として終わっているという話も聞きました。そうじゃないでしょう。

マスクは本当に子どもたちとかは外さないといけないのに、やめるって決断がつかない人も多い。その辺をはっきりさせるということが大きな点」と、マスク着用ルールにも言及した。  松田氏は「変異するたびに感染力が強まって、重症化する人の比率が下がっていく。これがRNAウイルスの特徴。気にしていたらいつまでたっても終わらない」と主張。

「きちっと総括をして、これがどういう風に対応しなきゃいけないものだったのかということを国会でも議論してほしい。そうでないと、いつまでたっても国民は『コロナが怖い』と。ちょっと何かあると行動制限とかなりかねない」とし、政府を糺(ただ)すとした。  ワクチンの後遺症対策にも触れ「議連やいろんな専門家が指摘しているように、ワクチンは接種すればするほど感染が増える。

さまざまな後遺症が出てくる可能性があるという点を考えて、我々は情報提供と同時に、ワクチン後遺症対策ということについても本格的に政府が取り組まないといけないという問題提起をしていきたい」とした松田氏。「5類の引き下げを機に、モードチェンジになれば」と、日本におけるコロナへの意識変化も期待した。 (よろず~ニュース・杉田 康人)

クラプトン、ワクチン副反応で「もうプレイできないのでは」 受けるべきでなかったと後悔

 エリック・クラプトン

エリック・クラプトン(76)がコロナワクチンの接種後、「もうプレイできないのでは」と思うほどの副反応に苦しんだ。アストラゼネカ社のワクチンを受けたというクラプトンだが、一時はもうパフォーマンスをすることが出来なくなるのではないかと思えたほど体調が悪くなったそうだ。

 政府は「万人に安全」と打ち出しているものの、脳や脊髄などをはじめとする神経に影響を及ぼす末梢神経障害を患っているクラプトンは、ワクチンを受けるべきでなかったと振り返っている。

 アプリのテレグラムに公開された、建築家で映画プロデューサーのロビン・モノッティ・グラツィアデイに宛てたクラプトンからの手紙にはこう書かれている。「アストラゼネカのワクチン1回目を受けたら、すぐに激しい反応があり、それが10日間続いた。やっと回復し、2回目の接種までに12週間を空けるように言われた」「そして6週間ほど経った頃、2回目の接種がオファーされた。

それで2度目のアストラゼネカのワクチンを接種したけど、その時はもう少し危険性の知識があった。言うまでもなく、反応はひどいものだった。私の手や足は凍り付いているか、感覚がないか、焼けつくような感じかのどれかで、2週間くらいは全く使い物にならなかった。もうプレイすることができないのではないかと恐れた(私は末梢神経障害を患っているんだから、針になど近づくべきではなかったんだ)。

eでも、プロパガンダでは、このワクチンは万人に安全と言っていた」

 一方、昨年ヴァン・モリソンとロックダウン反対ソング「スタンド・アンド・デリバー」でタッグを組んだクラプトンは、そこでモリソンによる言葉を通じて、自分の意見を伝えることが出来たと感じたが、すぐに「軽蔑と冷笑」に見舞われたと話している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

2 × two =