新型コロナウイルス

海外のメディアが日本の異常な状態を報じている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回お伝えした国防総省の件ですが、今まで頭の上の方で何かモヤモヤしていたものが、日差しが差して晴れ渡った空気が流れている感じがします。この地球的規模の犯罪を背後から動かしてきた勢力とは、世界人口が多すぎるから削減しなければならないと言っていた連中と一緒です。人々の敵となる存在がはっきり見えてきました。

2,020年の最初は薬も検査さえ覚束なくて、行動制限も止むなしという時代。2,021年はほとんどがワクチンの年になった。2,022年冒頭から出たのがオミクロンで、ありふれた感染症の時代になった。これを振り返ると、人類が経験してきた感染症の道と大きくは変わらない。ワクチンが思ったより早く出てきて、思ったよりも早く効かなくなった。

この3年で(ウイルス感染症が)大きく変わったのに、社会システムは大きく変えられていない。ゼロコロナでパンデミックを抑え込むことには限界がある。ワクチンが出来て行き渡った時点では、これはもう封じ込めは不可能である。免疫が一定数に行き届けば、ウイルスは必ず逃げるところに出てくる。つまり、当時からオミクロンのような弱毒化したものが出てくることが想定された。

ワクチン接種について、2回までは大きなメリットがあった、3回は高齢者や病気の方々にはメリットがあった。しかし、4回以降の明らかなメリットは分からない。4回、5回打っている人がいるが、この頻度で受けて良いのかというメリットは明確ではありません。頻回接種しても、死亡者が激減するという証拠は得られていない。死者の山はしばらく続くだろう。

 

「ワクチン4回目以降のメリットわからない」「3回接種していれば十分」…”新型コロナ国内感染3年ふり返って”城戸教授解説(2023年1月16日)

新型コロナウイルスによる一日の死者数は500人を超え、過去最多を更新しました。日本で感染者が確認されてから3年が経過し、ワクチン接種も進みましたが、死者数は増えています。今後のワクチン接種について大阪公立大学大学院・城戸康年教授は「ワクチンは3回接種していれば十分で、4回目以降はあきらかなメリットはわからないというのが現状」と話します。高齢者についても「4回5回接種しても死者が激減したという証拠は得られていない」と解説しました。 (2023年1月16日放送 MBSテレビ「よんチャンTV」より)

日本の医師がコビドワクチンと死亡との関連を調査GATEWAY PUNDIT

日本の医師は現在、実験的なCovidワクチンと前例のない数の人々が突然死亡することとの関連を調査しています。

さらに2人の教授がワクチンに反対しています。

法医学の専門医である広島大学医学部の長尾正孝教授は、年間100体以上の遺体の当局と一緒に剖検を行いました。

ワクチン接種後に死亡した人々の分析において、長尾博士は特定のパターンに焦点を当てました。

トレンド:隠蔽:DOJは、FBI捜査官にバイデンの個人弁護士による機密文書の検索を監視させることに反対することを決定しました

警察がワクチン接種を受けた人々の剖検を行ったとき、彼らは彼らの体の温度が華氏100度(摂氏40度)を超えていることを発見しました。

「最初の懸念は、警察が検死を行ったとき、死体の体温が非常に高かったことでした」と長尾は言いました。「体温は摂氏33度または34度(91〜93ºF)など、異常に高かった。」

「通常、剖検の段階では、体温は20代(華氏68度)以下です」と彼は付け加えました。

Infowarsは、「データをグラフ化すると、長尾の研究チームは、ワクチン接種された剖検患者の免疫系の遺伝子構成に大きな変化があることを発見しました」と報告しました。

「この研究により、長尾はワクチンが全身に炎症を引き起こす免疫系の異常を引き起こし、それが剖検時の体温が高い原因である可能性が高いと結論付けました」とアウトレットは付け加えました。

「データと状況だけでは、ワクチンが死因であると結論付けることはできません」と長尾教授は述べた。

「しかし、ワクチンが原因ではなかったとは言えません。疑わしいとしか言いようがありませんが、ワクチン接種は免疫異常と十分関係があったと考えています」

「ワクチン由来のスパイクタンパク質は皮膚で発見されました」と佐野は説明しました。

「スパイクタンパク質は免疫系を局所的に抑制している」と佐野氏は記者団に語った。「その結果、スパイクタンパク質はヘルペスウイルスの再活性化を促進します。」

「副作用を引き起こすスパイクタンパク質の機能は、血栓の形成です。さらに悪いことに、スパイクタンパク質は局所的に炎症を誘発する可能性もあります」と彼は付け加えました。

「これを言うべきかどうかはわかりませんが、ワクチン接種を受けた人はワクチン未接種の人よりもコロナウイルスに感染する可能性が高いことがわかっています。」

「時々、良くないものが人体に持ち込まれます。ワクチン接種は、私たちの全体的な免疫システムがそのような悪いことと戦うことができない原因となるかもしれません」と彼は警告しました。

以下のビデオをご覧ください

 

また、日本はワクチン接種率が最も高く、マスクを着用している国の1つであり、COVIDの発生率が最も高い国です。

ジャパン・パラドックスを説明できる 人はいますか?ワクチン展開される前は、症例や死亡はほとんどありませんでした。大量ワクチンの展開後、両方の症例(上のグラフ)も死亡が急増しました(下のグラフ)」と、元軍のフィールド疫学者であり、2000年から2004年までAFMCのエピデミック調査チームを率いていたアミタフ・バネルジー博士は述べています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

18 − 2 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。