新型コロナウイルス

ウイルスを中和できず無効な2価ワクチンを打ってどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

JPSika:この期に及んで打てという医者がいたらバカです

年が明けて『NEW England  Journal of Medicine:NEJM(医学雑誌)』に新しい論文が2つ出ているんです。『2価ワクチンの中和力』と『2価ワクチン要注意』というタイトルで、『2価ワクチンの中和力』という論文は2023年1月12日に投稿です。それで言いたいことは1つなんですね。実験です、というか採血させて貰ったんですね。12人からBA.5の2価ワクチンを打って16日目から42日に中和抗体価を調べてみたら

2価ワクチンのブースター4回目ですね。武漢型に対しては2,481、しかしBA.5に関しては576、今アメリカで流行っているXBBに対しては96だった。96というのは無効、576はほぼ無効、1,000以上であればやや有効、2,000以上であれば有効です。シュードウイルスに感染させてどれだけ中和できるか、何倍まで薄められるかですけど、96倍というのは今流行っているXBBに対して無効、BA.5(ワクチン)を打ってもBA.5(ウイルス)に対してほぼ無効と書いてあるんですね。

それから『2価ワクチン要注意』の方ですけど、その理由が書いてありまして、掲載日は今年の1月11日、フィラデルフィア小児病院の方とペンシルベニア大学の方です。どうしてBA.5を打っても無効なのかというと、抗原原罪。武漢型をボンボンボンと3発も打っていたらBA.5を打ってもBA.5に対する中和抗体価が上がらないし、XBBに対しては全然上がらないと。

最後の結論なんですが、I Believe(確信してますよと) やめなきいけないと確信している。何を? 健康な若い人たちが感染発病するのを阻止するという試みをやめなければいけない。どういうことで? ワクチンで若い人たちに発病抑止をすることをやめなきゃいけない。ワクチンというのは? 数ヶ月も経てば消えてしまうかも知れないmRNAを含むワクチンで、発病を防ぐという試みはもうやめなければならないと。確信しましたと。

3年間やってみてペンシルベニア大学の先生達が、確信したんですよ。このデータでXBBに対してゼロなんだから。これが出てもやめないというのはバカじゃないかと、バカですね。

参照・引用文献は2本

https://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMc2214293?articleTools=true

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMp2215780

BA.2.75.2、BQ.1.1、およびmRNA Bivalent BoosterからのXBB
編集者へ:重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) の⾮常に多様な B.1.1.529(オミクロン) バリアントの出現により、祖先のスパイクに基づくワクチンの有効性に関する懸念が⽣じ、⽶国で承認されました。祖先スパイクとオミクロン BA.5 スパイクタンパク質を含むコロナウイルス病 2019 (Covid-19) の⼆価ワクチンの研究。

1-3これらのワクチンの承認および配布以来、ウイルスがワクチン誘発抗体および規制当局に承認されたモノクローナル抗体から逃れる能⼒をさらに強化する重要な変異を含む追加のサブバリアントが特定されました。4特に懸念されるのは R346T 変異で、BA.2.75.2、BQ.1.1、および XBB を含む複数のomicron サブバリアントで発⽣しています(NEJM.org でこの⼿紙の全⽂とともに⼊⼿できる補⾜付録の図 S1)。 )。

野⽣型
(WA1/2020)ウイルスおよびオミクロン亜変種BA.1、BAの⼀次分離株に対するブースターワクチンの中和効率を決定するために、1つまたは2つの⼀価ブースターまたは⼆価ブースターのいずれかを受けた参加者から得た⾎清サンプルをテストしました.5、BA.2.75.2、BQ.1.1、および XBB は、in vitro のライブ ウイルス フォーカス低減中和試験 (FRNT) を使⽤して⾏われました。

すべての参加者は、書⾯によるインフォームド コンセントを提供しました。VeroE6/TMPRSS2細胞株でFRNTを使⽤しました13 つのコホートの参加者から得られた⾎
清サンプルの中和活性を⽐較します。2 番⽬の11 ⼈の参加者は、2 回⽬の⼀価ブースターの 6〜 57 ⽇後。3 つ⽬は、2 価ブースターの 16 〜42 ⽇後の 12 ⼈の参加者です。

中和抗体反応の違いこれら 3 つのコホート間の応答は、オミクロン亜変種に対する中和抗体の FRNT (⼊⼒ウイルスの 50% を中和する⾎清の逆希釈) 幾何平均⼒(GMT) と祖先の SARS-CoV-2 WA1 に対する中和抗体価を⽐較することによって定量化されました。 /2020株。GMT が検出限界 (1:20) を下回った⾎清サンプルには、任意の FRNT 値10 が与えられました。

3 つのコホートすべてで、WA1/2020 株に対する中和活性よりも、すべての omicron 亜変種に対する中和活性が低かった。中和活性は、XBB亜変種に対して最低でした(図1および図S2)。⼀価ブースターを 1 回投与したコホートでは、FRNT GMT は WA1/2020 に対して857、BA.1 に対して 60、BA.5 に対して 50、BA.2.75.2 に対して 23、BQ.1.1 に対して 19 であり、 XBB に対する検出。

2 つの⼀価ブースターを受けたコホートでは、FRNT GMT は、WA1/2020 に対して 2352、BA.1 に対して408、BA.5 に対して 250、BA.2.75.2 に対して98、BQ.1.1 に対して 73、XBB に対して 37 でした。これらのコホートの両⽅の結果は、


図1。WA1/2020 Strain および Omicron サブバリアントに対する中和応答。
⽰されているのは、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2 (SARS-CoV-2) の WA1/2020 株と、オミクロンのサブバリアント BA.1、
BA.5、BA.2.75.2、BQ.1.1、および XBB に対する中和活性です。 1つの⼀価ブースターを受けた12⼈の参加者(パネルA)、2つの⼀価ブース
ターを受けた11⼈の参加者(パネルB)、および更新された⼆価ブースターを受けた12⼈の参加者(パネルC)。WA1/2020 株および各オミクロ
ン亜変種に対する中和抗体の焦点減少中和試験 (FRNT [⼊⼒ウイルスの 50% を中和する⾎清の逆希釈]) 幾何平均⼒価 (GMT) は、各パネル
の上部に⽰されています。 、WA1 / 2020株に対する中和GMTと各オミクロン亜変種に対する中和GMTの⽐率とともに。バリアント間の接
続線は、⼀致した⾎清サンプルを表します。⽔平の点線は、アッセイ (FRNT GMT 20) の検出限界を表します。パネル B と C の⾚い線は、
以前の SARS-CoV-2 感染を報告した参加者を⽰し、パネル C の破線は、⼆価ブースターの前に 2 つの⼀価ブースターを受けた 1 ⼈の参加
者を⽰します。⾊付きのバーは、コホートの参加者の FRNT GMT を表し、私バーは 95% 信頼区間を⽰します。これは多重度が調整されて
おらず、仮説検定には使⽤できない可能性があります。LOD は検出限界を⽰し、NA は該当しません。

BA.1 および BA.5 は WA1/2020 に対するものより 5 〜 9 倍低く、BA.2.75.2、BQ.1.1、およびXBB に対する中和⼒価は WA1/ に対するものより 23 〜 63 倍低い2020年。BA.5 を含む 2 価ブースターを投与されたコホートでは、WA1/2020 に対する中和活性と⽐較して、すべての omicron サブバリアントに対する中和活性が他の 2 つのコホートよりも優れていました (図 1C)。

FRNT GMT は、WA1/2020 に対して 2481、BA.1 に対して618、BA.5 に対して 576、BA.2.75.2 に対して201、BQ.1.1 に対して 112、XBB に対して 96でした。このコホートの結果は、BA.1 およびBA.5 に対する中和⼒価が WA1/2020 に対する中和⼒価の 4 倍であり、BA.2.75.2、BQ.1.1、および XBB に対する中和⼒価が 12 〜 26 であることに対応しています。

WA1/2020 に対する 1 倍の低さです。1 つか 2 つの⼀価 Covid-19 ワクチン ブースターのいずれかを投与された⼈は、WA1 に対する中和活性よりも、オミクロン亜変種 (特に、予測されたエスケープ変異 R346T を含むBA.2.75.2、BQ.1.1、および XBB に対する中和活性) に対してはるかに低い中和活性を⽰しました。 /2020株BA.5-contain-を受けた⽅WA1/2020 に対する中和 GMT は 1 つまたは 2つの⼀価ブースターを受けた⼈よりも、すべてのオミクロン亜変種 (特に BA.2.75.2、BQ.1.1、および XBB に対して) に対して優れた中和活性を⽰しました。

2つの⼀価ブースターを受けたコホートと⼆価ブースターを受けたコホート。これらの反応は、オミクロンのサブバリアントに対する広範な中和活性を⽰す画期的
なオミクロン感染を持つ⼈々の最近の観察と⼀致しています。5この研究の限界には、コホートのサイズが⼩さいこと、コホート間の年齢の違い、SARS-CoV-2 への以前の曝露による未知の影響、単⼀の時点でのワクチンの⽐較が含まれます。

これらの⾎清学的データは、⼆価ブースター免疫による全体的な中和効果を⽰しています。

メレディス‧E‧デイビス‧ガードナー博⼠

二価のCovid-19ワクチン—注意話

二価ワクチンの経験からどのような教訓を学ぶことができますか?

幸いなことに、SARS-CoV-2変異株は、ワクチン接種や以前の感染によって提供される重篤な病気に対する保護に抵抗するように進化していません。その場合、変異株特異的ワクチンを作成する必要があります。二価ワクチンによるブーストは、一価ワクチンによるブーストと同様の効果がある可能性が高いが、ブースター投与は、重篤な疾患に対する保護を必要とする可能性が最も高い人々、特に高齢者、重篤な疾患のリスクが高い複数の併存状態を持つ人々、および免疫不全の人々のためにおそらく最もよく予約されている。

それまでの間、健康な若者のすべての症候性感染を、数か月後に消える可能性のある株からのmRNAを含むワクチンで後押しすることによって防ごうとするのをやめるべきだと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

18 − 10 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。