新型コロナウイルス

「未曾有のワクチン災害」:福島雅典教授インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Image

Image

村中、2,980円に値上げ笑(※元980円) note.com/rikomuranaka/n

WHO(世界保健機関)の医療社会学者、外資系製薬会社の疫学調査担当ディレクターを経て、ペンネームでフリージャーナリスト活動を行っている村中梨子という人のnote記事『新型コロナワクチン4回目の接種についての打ち明け話』が¥2,980だそうです。

別に読みたくありませんが、読んだ人の感想があります。

Image

Hiroo Yamagata @hiyori13 Jan 5

村中璃子が、コロナワクチン4回目を打たない理由のnoteに興味があって買ったが「3回射ったし、一回コロナに感染したからそれが4回目みたいなもんだし、医療関係者もあんまり射ってないし、まだ効果不明だし、でも歳寄りは迷わず射ってね」という、何も参考になる情報がない代物で泣いた
 
昨年暮れに議員会館で厚労職員を猛烈に追求した福島 雅典 京都大学名誉教授のインタビュー記事です。この時の様子は世界中で字幕を付けて拡散されています。

海外メディアが福島先生にインタビュー 「前例のないワクチン災害」:福島雅典教授へのインタビュー

 

Image

PP=聞き手 MF=福島先生

Image

Image

Image

元記事の翻訳:「未曾有のワクチン災害」:福島正則教授インタビュー

 

11月25日番目 進行中のCOVID-19の物語で非常にまれな出来事が発生しました–真実は権力に話されました。著名な医師と感染症の専門家が、仲介されず、明らかな時間制限なしに、政府関係者を尋問するための自由な手綱を与えられました。問題の医師は、著名な腫瘍学者であり、京都大学名誉教授であり、学習健康協会研究所(LHSI)の代表である福島正則でした。

COVID-19ワクチンの安全性と政府の透明性について、厚生労働省(MHLW)の職員を厳格かつ情熱的に非難したことで、魅力的な視聴が可能になりました。録音はすぐに口コミで広まり、福島博士は日本におけるCOVID-19ワクチンの主要な批評家として新しい地位に昇格しました。

12月28日に福島教授にZoomでインタビューしました。彼は私に彼のキャリアの背景を説明し、なぜ彼がCOVID-19ワクチン問題に関与するようになったのかを説明してから、具体的な害、日本政府の対応と今後の方向性についての彼の見解に移りました。

フィリップ・パトリック:福島先生、お話しさせていただきありがとうございます。まず、11月25日のイベントの背景と、COVID-19ワクチンの安全性問題に関与するようになった経緯を教えてください。

福島正典:私は京都大学大学院で生化学を専攻し、実は私は我が国で最年長の腫瘍内科医です。アカデミック部門では、京都大学の教授だった2003年に、がん患者のための最初の外来クリニックを開設しました。私は2000年に薬剤疫学に[関与するようになりました]。これは、薬物災害の停止に関する研究です。それが使命であり、存在意義です。だから私はCOVID-19ワクチンの問題に関わっています。なぜなら、ワクチンの問題について発言した科学者も医師も数人しかいないからです。

ですから、政府とEUと米国がメッセンジャーRNAプログラムを開始したと聞いたとき、私の第一印象はこれがとても愚かだということでした。メッセンジャーRNAは進化的であり、細胞系は常に非常に短時間で分解されるためです。メッセンジャーRNAは壊れやすく、体内で速やかに分解する必要があります。しかし、このワクチンは安定し、ナノ粒子に組み込まれるように改変および操作されています。

ナノ粒子は、あらゆる種類の細胞、特に幹細胞に常に組み込まれているため、2番目の問題です。幹細胞はあらゆる種類の細胞を修復するために非常に重要です。そして3番目の問題は、配達の特異性がないことです。それ(メッセンジャーRNA)は体内に注入され、スパイクタンパク質を発現して体中を回っています。これは大きな問題です。スパイクタンパク質は非常に危険です。

ですから、政府がこのワクチンを使用していて、PMDA(日本の規制当局、FDAに相当)が承認したと最初に聞いたとき、私は非常に非常に心配していましたが、それは一種の宗教になっています。それでも、彼らはワクチンの有効性を信じています–それはメシアのようなものです。

スパイスパイクタンパク質はなぜ危険なのですか?

MF:スパイクタンパク質は、ほとんどの細胞で発現している受容体タンパク質に結合します。したがって、それ[スパイクタンパク質]は、あらゆる種類の細胞、特に血管系の内皮細胞を攻撃し、凝固につながる可能性があります。内皮細胞がスパイクタンパク質に結合すると凝固が引き起こされる。

スパイそれで、私たちは心臓発作について話しているのですか?

MF:はい、主要な動脈が影響を受けると、心臓発作や脳卒中などの大きな影響につながる可能性があります。そしてFDAは肺血栓症の頻度のシグナルを検出しました。

スパイそして、あなたは[日本のジャーナルに掲載された]あなたのレポートに、ワクチンの結果である可能性が非常に高いとして政府[厚生労働省]に報告された2,000人の死亡があったと書いています。しかし、あなたの報告の1つで、あなたはそれを「氷山の一角」と表現しました。それはどれくらい大きいでしょうか?

エフエム:1つの見積もりは5倍です。報告は主に患者の世話をした医師からのものですが、ほとんどの予防接種は診療所ではなく、看護師が注射して都道府県が運営する予防接種センターで行われます(したがって、ほとんどの場合、医師は一連のイベントに直接関与しておらず、ワクチンの問題を報告する可能性は低いです)。

症例は蓄積しているが、政府は病理医が因果関係を指摘した剖検症例についても因果関係を否定している。心臓の問題や、脳卒中や肺炎のような症状などの血管の問題が大幅に増加したという明確な証拠があります。

PP:しかし、これらのワクチンを信じる人々が常に提唱している議論は、いくつかの問題にもかかわらず、ワクチンは彼らが損害を与えているよりもはるかに多くの人々を救っているということです。それに対するあなたの反応は何ですか?

エフエム:私は政府に、ワクチン接種を受けた人と受けていない人のCOVID-19死亡率を開示するよう求めました。この統計は重要です。違いがない場合、ワクチン誘発死はワクチンの使用を正当化しません。私は8月1日に弁護士にこの情報を正式に要求しました。そして最初の答えは「2ヶ月待つ」でした。そして、最終的な答えは「いいえ、開示しません」でした。したがって、次のステップは政府を訴えることです。

PP:あなたは政府を訴えるつもりですか?

エフエム:はい、情報公開法に基づきます。

PP:それで、彼らは国民が知る必要があり、命を救うことができる重要な情報を開示することを拒否していますか?

エフエム:はいそうです。それは冗談のようなものです。政府は昨年そのような情報を開示したからです。そして、65歳未満の場合、ワクチン未接種の人々の死亡率はワクチン接種を受けた人々よりも低いという証拠があります。それは面白いです–いいえ、多くの死があるので面白くないので、私たちは笑いません。しかし、省の行動は非常に愚かです。

PP:それで、彼らは以前に開示し、おそらくそれが恥ずかしいので、開示をやめました。それで、ワクチンが機能しているかどうかを調べるために必要な情報を見つけることは不可能ですか?ビデオのある時点で、「データを隠しているようです」と言いました。

エフエム:はい、そして彼らは動揺したと思います。非常に多くの死者が出ています。これは前例のないワクチン災害です。本当に何人の人が亡くなったのか想像できません。2,000は最小で、氷山の一角です。

PP:そして、それはすべての年齢ですよね?あなたの報告の1つには、2回目のワクチン接種後に健康上の問題なしに死亡した28歳の男性がいましたか?

MF:そうです、健康上の問題はありません。2回目のワクチン接種から5日後。それは非常に悲劇的です。

PP: これの規模は非常に大きく、スキャンダルは非常に大きいので、政府はそれを単に受け入れることができないと思いますか?彼らは、災害の規模を認めるよりも、ワクチンが効くふりをすることを好むでしょうか?それは彼らの立場ですか?

MF:だから。。。それは適切な例えではありませんが、一人を殺した場合、法的には殺人であると言いますが、非常に多くの人を殺し、それは戦争のようであり、刑務所に行きません。

PP:誰かがかつて、嘘が大きければ大きいほど逃げやすいと言ったことがあります。なぜ日本人はまだ予防接種を受けているのですか?

MF:しかし、私はレートが下がっていると思います。多くの人が立ち止まっています。そして、どうやらマスメディアは以前ほど予防接種を奨励していません。

PP:それで、メディアでは励ましが少なく、ワクチンの怪我には何もありませんが、予防接種を受けるための励ましは少ないですか?メッセージは微妙に変更されました。

MF:はい、それが日本のやり方です。しかし、この問題はますます大きくなっています。非常に人気のある雑誌の1つは、ワクチン問題に関するシリーズを発行しています。彼らの影響力は非常に大きいので、来年は変化が起こるでしょう。

PP: そして、他の3人の医師(小島、佐野、長尾)が名乗り出ました。一般的に医師の間でどのような気持ちですか?

MF:はい、長尾先生は私と連絡を取り、対話を望んでいます。そして、佐野教授は11月25日の会議に同行しました。彼は同じテーブルにいました。そして、名古屋大学の小島教授もいます。小島教授は、ワクチンの問題を非常に重要な分析で特定した非常に重要な人物です。

PP:それで、グループは大きくなっていますか?

MF:大きいですが、私はそれを[整理]していません。私が関わっているのは、COVID-19に関する論文を書くように頼まれたのですが、1つはCOVID-19を回避し、COVID-19に対処する方法についてでした。遅滞なくステロイド療法を適切に使用することを勧めました。2020年2月にCOVID-19が初めて日本に到着したとき、私は中国から情報を収集し、間質性肺炎の発症を止めることが重要なポイントであると結論付けました。答えは、血中の酸素レベルの低下を検出することです。95%未満の場合はCTを確認し、浸潤の兆候がある場合は治療を開始します。

PP:それで、既存の治療法で十分でしたか?

MF:基本的にはい、そしてあなたが抗ウイルス薬でウイルスを攻撃するならば、それは[ただ]進化します。アルファ、ベータ、ガンマ、デルタなどすべてのウイルスは、宿主との通信を通じて進化します。これは生物学的原理です。

PP:それで、ワクチンは役に立たないのですか?

MF:役立たず。そう思います。

PP:1つの理論は、封鎖、人々の分離、学校の閉鎖などの介入がウイルスの発生に影響を与え、その自然な進化を中断し、おそらくそれをより伝染性にしたというものです。あなたが説明したように、単に正常に行動し、ウイルスが広がるのを許し、病気を迅速に治療する方が良かったでしょうか?

MF: これは明確な答えを出すのは非常に困難です。ウイルスの進化は宿主とのコミュニケーションに基づいているため、ウイルスの進化を[正確に]予測することはできませんが、一般的にウイルスは宿主とより共生するように発達します。最初は、COVID-19も似ていると思いました。死亡率は低下し、頭打ちになり、ワクチンが効果的であったことを完全に反証することはできませんが、実際には、医師が技術を向上させ、ウイルスの毒性が低下したと考える必要があります。

PP:したがって、死亡率の低下をウイルスに関連付けることは正当化されません。それはポストホックエルゴプロクターホック推論です。

MF: はい、そしてもう1つのポイント–COVID-19を治療するための臨床ガイドラインは現在第8版です。それは非常に細心の注意を払って役に立ちます。開業医がそれを順守すれば、患者は回復する可能性が高くなります。

PP:さらにいくつかの医学的ポイント。録音の中で、日本人はコロナウイルスへの以前の曝露のために事前免疫を持っていたため、比較的軽く打たれたとおっしゃいましたか?

MF: はい、そしてこの発見は非常に重要です。神奈川歯科大学の医師からの証拠があり、ワクチン未接種の非感染介護者は、唾液中のSARS-Cov2ウイルスに対する交差反応性IgAの割合が高いことがわかりました。このような呼吸器疾患のワクチンを作る場合、注射は分泌型IgA抗体ではなくIgGのみを作るため、注射ではなく粘膜または鼻のワクチンを作らなければならないため、これは非常に重要です。

注射タイプのワクチンは、体内のウイルスをブロックするだけで血清レベルのIgGのみを生成します。経口ワクチンまたは経鼻ワクチンを作る必要がありますが、それでも困難です。

PP:最後に、あなたの報告の中で、おそらく特にブースターショットは、人々の免疫システムに損傷を与え、あらゆる種類の問題に開放しているとおっしゃいましたか?

MF:はい、これはワクチンの初期から知られており、抗体が細胞感染を加速させるADEを引き起こす可能性があります。そして、あなたが繰り返し投与された場合、これは元の抗原の罪につながる可能性があります。第1世代のワクチンは、最初の亜種と2番目のデルタを攻撃するように設計されました。これは、キャサリン・レイノルズの報告によってすでに明確に実証されています。したがって、ワクチン接種を受けた人々はオミクロンに対して適切な抗体を産生しません。ワクチンは、ワクチンの最初の設計により、自然免疫系をシャットダウンする可能性があります。

PP:人々は、免疫系がワクチンによって損傷を受けたために古い状態が戻ってきていることを発見していますか?

MF: そうそう。

PP:英国のアシーム・マルホトラ博士を知っているかどうかはわかりません。彼は最初にワクチンを擁護し、次に父親が亡くなり、今ではワクチンの明確で強力な批評家です。そして彼の立場は、ワクチンの害の徹底的な分析が行われるまで、それらは直ちに停止されるべきであるということです。同意していただけますか。

MF: はい、もちろん。すぐに停止します。世界中の政府がデータを持っています。データをリリースします。予防接種を中止し、科学的な議論を始めましょう。そして、mRNAワクチンの長期的な効果を調べる必要があります。政府はデータを隠したり操作したりすべきではありません。

PP:教授、ありがとうございました。そして、権力に真実を話してくれてありがとう。

フィリップ・パトリックは東京を拠点に活動するフリーランスのジャーナリスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

1 × 3 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。