新型コロナウイルス

製薬会社の鑑:ファイザーはどのようにして救世主となったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ファイザーが悪事を働いてきたことは度々聞いていましたが、今回は本当に驚きました。過去にもアフリカで同じようなことを繰り返しているのですね。売り上げを極限まで伸ばし、利益の最大化を図る企業行動とは、人々が死のうがどうなろうがお構いなく政府や研究者、医者を巻き込んで徹底的に政策を進めさせ、徹底的に買収を繰り返し、不正を犯しても罰金を支払えば良しとする。

そのための努力があってこそ、今の救世主としての地位を築いたのでしょう。しかし、国民としてこれを許せるかどうか。アメリカで人々を食い物にした製薬企業が日本に来て、同じように日本人を食い物にしようとしています。政府は属国の管理人ですから、暗殺を恐れてこれに異を唱えることは出来ません。最後に残ったのは気がついている一部の人たちです。

これは平時に起こった異常事態ではなく、間違いなく意図的に行われている戦争なのです。ここで立ち上がらなければ日本人の大半がいなくなるでしょう。

ファイザーの詐欺、汚職、ナイジェリアの子供たちを「人間のモルモット」として使用する歴史

1/ スレッド#PfizerFilesファイザーは、違法で腐敗したマーケティング慣行に常習的に従事し、医師に賄賂を贈り、有害な試験結果を潰して(抑制)してきました。 これは秘密ではありませんが、この事実は政治家やメディアによって敷物の下でブラシをかけられ続けています。

2/ ファイザーの最高経営責任者

2021年11月のインタビューで、ファイザーワクチンに批判的な「誤った情報」を意図的に広めている「医療専門家」のグループは「犯罪者」であると主張しました。 ファイザーのCEOは自分の会社の歴史を忘れていたに違いありません。

3 / 1994年、ファイザーは司法省に支払い、心臓弁の連邦承認を得るために嘘をつき、デバイスが数百人の患者を殺したにもかかわらず、安全上の懸念を隠蔽したという主張を解決しました。 ファイザーは訴訟を解決するために$ 200Mを支払いました。 nytimes.com/1994/07/02/bus

4/ 1996年、ファイザーは、承認された治療法が存在すること、または子供たちが医学実験の対象であることを両親に通知せずに、200人のナイジェリアの子供たちに実験薬を与えました。 11人の子供が亡くなりました。 他の人は脳の損傷、臓器不全、または麻痺に苦しんでいました。

5/ 2001年、ファイザーは、「子供が人間のモルモットとして使用された」と主張したナイジェリアの30家族を代表して訴えられました。 家族は、ファイザーがニュルンベルク綱領に違反し、子供たちを「残酷で非人道的で品位を傷つける扱い」にさらしたと主張した。 事件は却下された。

画像

6/ 2007年、ナイジェリア政府はファイザーを70億ドルで訴え、「子供を殺害または障害のある」「違法な裁判を実施した」と非難した。 ナイジェリアは、ファイザーが地元の保健当局や両親に子供たちが実験の一部であることを知らせなかったと主張した。

7 /それはさらに悪化します。 2010年、リークされた国務省の公電は、ファイザーがナイジェリアの司法長官を脅迫してファイザーに対する70億ドルの訴訟を取り下げるために捜査官を雇ったと主張した。

8/リークされたケーブルは、ファイザーが司法長官を汚職で非難する「一連の有害な記事」をメディアに渡し、彼が訴訟を取り下げなければ、より多くの否定的な記事が出てくるだろうと警告したと主張した。 ナイジェリアは2009年に訴訟を取り下げた。

9 / 2002年、ファイザーは、製薬会社がコレステロール治療リピトールに多額の請求をして連邦政府と40州をだまし取ったという申し立てを解決するために4900万ドルを支払うことに同意しました。 2001年のファイザーのリピトールの収益は64億5000万ドルでした。 nytimes.com/2002/10/29/bus

10/ 2008年、NYTは「専門家がファイザーの操作された研究を結論付ける」というタイトルの記事を発表しました。 ファイザーはネガティブな研究の発表を遅らせ、ネガティブデータをよりポジティブにスピンし、ネガティブな所見を抑制してニューロンチンを促進しました。 nytimes.com/2008/10/08/hea

11/ ファイザーの研究をレビューしたジョン・ホプキンス大学の医学教授であるケイ・ディッカーシン博士は、肯定的な研究の80%が完全なジャーナル記事で発表されたと結論付けました。 それでも、否定的な研究の38%しか発表されておらず、一部は部分的にしか発表されていませんでした。 nytimes.com/2008/10/08/hea
 
12 / 2009年、ファイザーは、その薬であるレズリンが63人の死亡と数十人の肝不全の原因であるという35,000件の主張を解決するために750百万ドルを支払いました。 FDAは、死者数が増加しているにもかかわらず、英国がレズリンを削除してから3年後まで市場からレズリンを削除しませんでした。 latimes.com/archives/la-xp
 
14/ 2009年、ファイザーは23億ドルの罰金を科され、当時は米国でこれまでに課された最大の医療詐欺の和解であり、最大の刑事罰金でした。 ファイザーは、医師にキックバックを支払い、違法に宣伝したことで有罪を認めました—ベクストラ、ジオドン、ザイボックス、リリカ。
 
15/ CNNのアンダーソン・クーパー:ファイザーが大きすぎて潰れず、史上最大の罰金でさえわずか数か月の利益である場合、他の薬物を違法に宣伝するのを止めるものは何ですか? 批評家は何も言わない。 彼らはそれがビジネスを行うためのコストだと言います。
 
16/ 2010年、ファイザーは、ニューロンチンの不正な販売とマーケティングによって連邦のゆすり防止法に違反したとして、1億4,200万ドルの損害賠償を支払うよう命じられました。 陪審員は、ファイザーがRICO法に違反していることを発見しました。 yourlawyer.com/defective-drug
 
「不正は製薬業界のビジネスモデルか?」
 
 
 

過去2年間の最も重要な文化的変革の1つは、製薬業界の新たな栄光です。

何十年にもわたる詐欺、汚職、犯罪に悩まされていた業界は、covid-19危機の際に人類の救世主としての地位を急速に再ブランド化することができました。

しかし、本質的に何も変わっていません。大手製薬会社は依然として、人々の生活よりも株主の利益を重視しています。

規制当局は、規制すると言われている製薬大手への回転ドアとして依然として機能しています。

大手製薬会社は依然としてワシントンDCでのロビー活動を支配しており、医薬品の広告に毎年数十億ドルを費やしています

製薬業界の悪名高い腐敗の性質にもかかわらず、ファイザーのCEOであるアルバート・ブーラは、2021年11月のインタビューで、ファイザーワクチンの物語に批判的な「誤った情報」を意図的に広めている「医療専門家」の小グループは「犯罪者」であると主張しました。

ブーラは自分の会社の歴史を忘れていたようでした。

ファイザーの犯罪行為の長い歴史

 
  • 1992年、ファイザーは、当時300人近くの死者を出し、2012年までに663人が死亡したビョーク-シャイリー凸凹型心臓弁の破砕に起因する訴訟を解決するために、1億6,500万ドルから2億1,500万ドルを支払うことに合意しました。

  • 1994年、ファイザー、骨折した機械式心臓弁の連邦承認を得るために嘘をつき、世界中で何百人もの患者が死亡したという司法省の主張を解決するために1,075万ドルを支払うことに同意しました。和解の下で、ファイザーはまた、退役軍人省の病院でデバイスを受け取った患者を監視するか、その取り外しの費用を支払うために、今後数年間で925万ドルを支払うことに合意しました。この取引は、政府当局者に刑事告発を促し、デバイスが患者を殺しているにもかかわらず安全上の懸念を隠蔽した数十億ドル規模の企業に対するより厳しい民事罰を求めてロビー活動を行った消費者権利活動家によって批判されました。

  • 1996年、ファイザーナイジェリアの200人の子供を対象とした臨床試験中に実験薬を投与しましたが、子供が実験の対象であることを両親に伝えることはありませんでした。11人の子供が亡くなり、他の多くの子供たちが脳損傷や臓器不全などの副作用に苦しんでいました。ナイジェリア保健省の報告書は、実験は「未登録薬物の違法な裁判」、「無知な人々の搾取の明らかな事例」であり、ナイジェリアおよび国際法に違反していると結論付けました。ファイザーは同意を得ず、承認された薬のレシピエントではなく、実験の対象であることを患者に通知しませんでした。

  • 2002年、ファイザー、製薬会社がコレステロール治療リピトールに多額の請求をして連邦政府と40州をだまし取ったという申し立てを解決するために4900万ドルを支払うことに同意しました。リピトールの2001年の売上高は64億5000万ドルでした。

  • 2004年、ファイザー2つの重罪で有罪を認めることに同意し、未承認の使用のためにニューロンチンを不正に宣伝したという告発を解決するために4億3000万ドルの罰金を支払いました。ファイザーは、双極性障害、痛み、片頭痛、薬物やアルコールの離脱などの無関係な状態に対して、てんかん薬を違法な手段で積極的に販売することに同意しました。ファイザーの戦術には、医学教育イベントで聴衆に会社の工作員を植え付けたり、豪華な旅行で医師に賄賂を贈ったりすることが含まれていました。

  • 2008年、ニューヨークタイムズは 「専門家がファイザーの操作された研究を結論付ける」というタイトルの記事を発表しました。ファイザーはネガティブな研究の発表を遅らせ、ネガティブなデータをスピンしてよりポジティブな見方をし、てんかん薬Neurontinを宣伝するために臨床研究データの流れを制御しました。ファイザーは、ニューロンチンがジェネリック医薬品として利用可能になった後、2004年にニューロンチンの販売プログラムを中止しました。その同じ年、同社は、子会社の1つが未承認の使用のために薬を宣伝したという連邦刑事および民事請求を解決するために4億3000万ドルを支払いました。

  • 2009年、ファイザーは23億ドルの罰金を科され、当時は米国でこれまでに課された最大の医療詐欺の和解であり、最大の刑事罰金でした。ファイザーは、鎮痛剤Bextraのブランドを「詐欺または誤解を招く意図」で誤ってブランド化し、FDAが以前に危険なほど高いと見なした投与量で急性疼痛を治療するための薬を宣伝した罪を認めました。政府は、ファイザーが従順な医師にキックバックを支払い、抗精神病薬のジオドン、抗生物質のザイボックス、抗てんかん薬のリリカの3つの薬を違法に宣伝したと主張しました。

  • 2009年、ファイザーは7億5000万ドルを支払い、同社の薬であるレズリンが63人の死亡と数十人の肝不全の原因であるという35,000件の請求を解決しました。2000年3月21日のレズリンの米国市場からの撤退は、医薬品の製造業者とFDAの間の交渉に続いて行われました。FDAの高官は、死者数の増加とレズリンの証明された救命効果の欠如にもかかわらず、長い間薬の後ろに立っていました。FDA当局者の立場は、レズリンが1997年12月1日に削除された英国の当局者とは対照的でした。

  • 2010年、ファイザーは、FDAによって承認されていない使用のためのニューロンチンの不正な販売およびマーケティングにより、連邦ゆすり防止法に違反したとして、1億4,210万ドルの損害賠償を支払うよう命じられました。陪審員は、ファイザーによる「ニューロンチン」のマーケティングが、ラケットの影響および腐敗組織法(RICO)とカリフォルニア州の不正競争法の両方に違反していると認定しました。

  • 2010年、ニューヨークタイムズは 「ファイザーが医師への支払いの詳細を提供する」というタイトルの記事を発表しました。ファイザーは、2009年の最後の6か月間に、4,500人の医師やその他の医療専門家に相談し、発言するために約2,000万ドルを支払ったことを認めました。ファイザーはまた、同期間に臨床試験のために250の学術医療センターやその他の研究グループに1,530万ドルを支払いました。開示は、適応外使用のための薬物の違法な宣伝に関する連邦捜査を解決するために同社が署名した契約によって要求されました。

  • 2010年、ブルークロスブルーシールドは、医師にBextraを適応外使用に使用するよう説得するために、5,000人の医師に豪華なカリブ海の休暇、ゴルフゲーム、マッサージ、その他のレクリエーション活動を違法に賄賂を贈ったとして製薬大手を非難する訴訟をファイザーに対して提起しました。

  • 2010年、ファイザーとナイジェリアの米国当局者との間の漏洩したケーブルは、ファイザーがナイジェリアの司法長官に対する汚職の証拠を発掘するために捜査官を雇い、髄膜炎の子供を含む物議を醸した1996年のトロバン裁判に対する法的措置を取り下げるように脅迫したことを示しました。2009年、ファイザーは1996年の薬物裁判で被害を受けた家族に7500万ドルを支払うことに同意しましたが、ケーブルは、米国の製薬大手がナイジェリアの司法長官にファイザーに対する60億ドルの連邦訴訟を取り下げさせるための恐喝を探していたことを示唆しています。リークは、ファイザーの捜査官が地元メディアに「有害な」情報を伝え、司法長官が訴訟を取り下げなければはるかに有害な情報が出てくると脅迫していることを示しました。60億ドルの訴訟は2009年に取り下げられました。

  • 2012年、証券取引委員会は、ファイザー社の子会社がブルガリア、中国、クロアチア、チェコ共和国、イタリア、カザフスタン、ロシア、セルビアの外国政府に雇用されている医師やその他の医療専門家に賄賂を贈ったときに、海外腐敗行為防止法(FCPA)に違反したとしてファイザー社を起訴しました。SECによると、ファイザーの子会社の従業員は、ファイザー製品を利用するために政府の医師に賄賂を贈るために、現金支払いを承認して行い、その他のインセンティブを提供しました。

  • 2012年、ファイザーは、 ホルモン補充療法薬であるPremproが乳がんを引き起こしたという1万人近くの女性からの請求を解決するために12億ドルを支払いました。Premproの和解は、数人の原告がPremproから乳がんのリスクに関する情報を差し控えた製薬会社の行動に対する懲罰的損害賠償を含む数千万ドルを授与された6年間の裁判の後に行われます。

  • 2013年、ファイザーは、 プロトンポンプ阻害剤であるProtonixによって引き起こされる腎臓病、腎障害、腎不全、および急性間質性腎炎のリスクについて患者と医師に警告しなかったという刑事告発を解決するために5,500万ドルを支払うことに同意しました。

  • 2013年、ファイザーは、同社の薬であるチャンティックスが自殺念慮と重度の精神障害を引き起こしたという2,700人の主張を解決するために2億8,800万ドルを確保しました 。FDAは、Chantixがおそらく心臓発作のリスクが高いことに関連していると判断しました。

  • 2014年、ファイザーは、腎臓移植薬であるラパミューンを患者に処方するために医師に賄賂を贈るなど、未承認の使用で宣伝した子会社を非難する訴訟を解決するために3,500万ドルを支払いました。調査を主導したニューヨーク州司法長官のエリック・シュナイダーマンによると、ワイスは「誤解を招くデータの提示」に頼って、医師に未承認の使用のために薬をプッシュさせました。

  • 2016年、ファイザーは抗てんかん薬であるフェニトインのNHSに2,600%(カプセルあたり2.83ポンドから67.50ポンド)を過大請求したとして記録的な8,420万ポンドの罰金を科され、英国の納税者の費用は2012年の200万ポンドから2013年には約5,000万ポンドに増加しました。

これは、ファイザーの詐欺、汚職、犯罪のほんの一部です。ファイザーが世界の最貧国で医薬品を非倫理的にテストし、他の犯罪行為に参加した例は他にもあります。

内部告発者がファイザーCovid-19ワクチン試験を公開

 
 

ファイザーのCEOは、製薬会社の完全性に疑問を呈することは犯罪であると考えていますが、ファイザーのcovid-19ワクチン試験の完全性の欠如を暴露する複数の内部告発者がすでに名乗り出ています。

大手医学雑誌であるBMJは、ファイザーの遺伝子治療ショットの第3相試験における偽造データ、盲検試験の失敗、不十分な訓練を受けたワクチン接種者、および副作用の遅いフォローアップを公開するレポートを発表しました。

内部告発者が彼女の懸念を米国食品医薬品局(FDA)に報告したとき、彼女は「適していない」という理由で同じ日遅くに解雇されました。FDAは、内部告発者の苦情の臨床試験サイトを検査したことはありません。

マディ・デ・ガライという名前の別の内部告発者は、12〜15歳のファイザー裁判に志願しました。2回目の投与から24時間後、彼女は緊急治療室にいました。

彼女は現在車椅子に乗っており、鼻からの栄養チューブを必要とし、9か月後もまだ苦しんでいます。マディは、1,131〜12歳の子供を対象としたファイザーの臨床試験に参加した15人の子供のうちの1人でした。

ファイザーは、臨床試験結果をFDAに報告する際に、マディの有害事象を「腹痛」として公式に記録しました。マディの壊滅的で人生を変える怪我が臨床試験で「腹痛」として記録されていることがわかっている場合、ファイザーによって隠され、FDAによって無視された他の深刻な有害事象は何ですか?

弁護士のアーロン・シリと30人以上の科学者、医療専門家、ジャーナリストのグループは、安全性と有効性のデータ、副作用レポート、有効成分と不活性成分のリストなど、「ファイザーワクチンに関するすべてのデータと情報」をFDAに求めました。

FDAは、わずか108日以内に329,000ページのデータすべてを検討し、ファイザーワクチンの緊急承認を与えることに成功しましたが、現在、その情報を完全に一般に公開するために75年を求めています。

Siriは彼のサブスタックに次のように書いています。連邦政府はファイザーを責任から保護します。それに数十億ドルを与えます。アメリカ人にその製品を取らせます。しかし、その製品の安全性と有効性を裏付けるデータを見ることはできません。政府は誰のために働いているのですか?」

画像
医薬品規制回転ドア

※上の画像は、左側が元の肩書きで右側は現在の役職 例えば一番上の人は、左側はJ&Jの規制を担当する元FDA委員 右側は現在のJ&J取締役会メンバーです。製薬会社を規制すべきFDAから規制される企業に転職しているというのは、典型的な利益相反です。会社から政府機関に出向して自分の業界に有利な決定を下し、その後に元の会社に戻っていくことを『回転ドア』と呼ばれています。

2021年12月のインタビューで、世界銀行のデビッド・マルパス総裁は、ファイザーは副作用の法的責任に直面している国にmRNAショットを提供しないと述べた。

マルパス氏は、「ファイザーは責任の問題のためにいくつかの国に入ることを躊躇しており、責任シールドはありません」と共有しました。これは、ファイザーが社会の改善という道徳的な王道から運営されていないことを明確に示しています。これは利益に関するものであり、世界の人々は、犯罪歴と現在の行動に基づいてファイザーの完全性に疑問を呈するあらゆる権利を持っています。

以前の記事で書いたように、捕らえられた規制当局が安価で効果的な特許切れの薬を特徴とする早期治療プロトコルの提供を拒否しているため、これはまだ未治療のパンデミックです。

この患者の治療拒否のどれだけが、買収された規制当局に対する大手製薬会社の影響力によるものですか?

そして、すべてのアカウントで、covid mRNA遺伝子治療の予防接種は世界中での広がりを止めることができませんが、ファイザーは 2021年に335億ドルのワクチン収益をもたらすと予想しており、医薬品が人類の救世主であることを世界に納得させ続けることができれば、2022年にはさらに多くの利益を期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

four + 20 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。