新型コロナウイルス

接種後に突然死症候群の画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクチン接種後に突然死する例が増えています。今回紹介するのは、その人が倒れる前に周囲を見回してそのまま倒れていくというなんとも不可解な映像です。何が原因なのか解明が待たれますが、スパイクタンパクが血液ー脳関門を通過して脳細胞に侵入することは既に報告されていますので、そこで脳機能に異常を起こしたと考えることも出来ます。しかしこれは推測に過ぎません。

この女性の映像はてんかんの疑いがあるということですが、直前に周囲を見回していることから、てんかんだとしても不可思議だと思い、そのままにしておきます。

奇妙な死に方をする成人突然死症候群

私はワクチン推進派がバカだと思っていません。ワクチン推進側が私たちをバカだと思っているのです。そしてある意味、その通りだと思います。成人突然症候群と名前を付けられて納得する人がいますよね? これは基本的に2ヶ月前から発生した新現象ですよね。クリスマスの時は、ああ、心臓発作で亡くなる人が多いから、家にあるクリスマスツリーが原因かも知れないと言われました。

心臓発作を引き起こすのは気候変動だ、との見出しを見たことがあります。パンデミック後のストレス障害が心臓発作を引き起こしているという記事も見たことがあります。この人たちは私たちを笑っているのです。私たちはバカだと思われているのです。多くの人々がこのようなことを言うのが困難である事も理解しています。なぜなら、真実を暴こうとすると、彼らはあなたの後を追いかけてくるからです。

真実について発言し、スペードはスペード、2+2=4だというのは非常に難しいことなのです。この2,3ヶ月で変わったのは、皆がこのワクチンを打ったということだけです。これらの相関関係については実際に研究されていないため、それについて言及できないのです。突然これだけの死者が出て、原因は分らないが何故かワクチンのせいではないということだけは分っている(思っている)のです。彼らはそこは確実だと教えてくれます。

元の動画:37分13秒あります。

Disturbing ‘Died Suddenly’ Content – ‘Doctors Baffled By Increase In Sudden Adult Death Syndrome’

後半に続く映像はてんかん発作のように見えますが、このてんかんは人口割合ではそれほど多くはありません。私たちが普段見ることがない数です。『てんかん患者は、世界で4,000~5,000万人いるとされ、発症率はどの国でもほぼ同じで人種は関係ないといわれています。発症率は1,000人のうち、5~10人(0.5~1.0%)の割合で、日本では、60万~100万人の患者さんがいると推定されています。神経疾患のなかではもっとも多く、決して珍しい病気ではありません。』

この映像は『Died Suddenly』ですから発作のような症状の後に亡くなっていることになります。ワクチン接種の結果、てんかん様症状を起こして死亡するということでしょうか。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

16 + 1 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。