新型コロナウイルス

JPSika:何回打っても感染する人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月31日、CDCの所長ワレンスキーが経口の抗ウイルス薬『パクスロビド』投与後に再陽性となったそうです。この人物は以前にも感染した経緯があり、ワクチンを何回接種しても感染から身を守ることが出来ないことが明らかになりました。頻回接種で免疫力が低下し未接種者よりも感染しやすくなり、さらにスパイクタンパクが全身の細胞に侵入して細胞破壊が起り、スパイクタンパク自体も炎症を起こすことが知られています。

2価ワクチン接種にも関わらず感染した理由は、抗原原罪によりオミクロンに対応する抗体が出来なかったことが考えられます。新型コロナの感染から身を守るはずだったワクチンによって何度も感染、効果がなくても打ち続けなくてはならないバカさ加減に呆れてしまいます。

米CDC所長もファイザーのコロナ抗ウイルス薬投与後に再陽性

[31日 ロイター] – 米疾病対策センター(CDC)は31日、ワレンスキー所長が新型コロナウイルス感染に伴う米製薬大手ファイザーの経口抗ウイルス薬「パクスロビド」投与でいったん陰性になった後、再陽性になって自宅で隔離していると発表した。予定されていた会議にはオンラインで参加するという。

ワレンスキー氏は約10日前に軽いコロナの症状になり、パクスロビドの5日間の投与を終了。隔離期間を経て陰性が確認されていたが、30日に再び陽性反応が出たという。

同薬の臨床試験でも5日間の投与終了から数日後に再陽性になる事例が報告されている。米政権ではバイデン大統領や米国立アレルギー感染研究所のファウチ所長も、感染で同薬を投与した後に同様の再発が起きた。米食品医薬品局(FDA)は9月、ファイザー対し、最初の5日間の投与後に再発した人に、再び同薬を一定期間投与する臨床試験をするよう依頼している。

ワクチンも薬も効かないことを証明JPSika

10月22日CNNの報道。CDC(米疾病予防管理センター)トップのワレンスキーさん、10月21日にコロナ感染感染している。9月にBA.5の2価ワクチンを接種済だと言います。なのにBA.5なんでしょうね、罹っちゃったと。2価ワクチン接種から1ヶ月後に罹った。効かない。BA.5の2価ワクチンは効かないということを抗体価で分っていたけど、自ら証明しちゃったということですね。

11月1日のロイター報道ですが、ファイザーの抗ウイルス薬投与後に再陽性。10月31日、ファイザーの経口抗ウイルス薬パクスロビドで一旦陰性になった後に再陽性になって自宅で隔離していると。ワクチンを打って、効かないワクチンね、BA.5の2価ワクチンは効きませんから。抗体価が上がらないと分っているから。で罹っちゃったと、そうすると細胞性免疫、自然免疫を抑制するって分っているから、ズーッと排菌者になるんですよ。

スーパースプレッダーになるんですよ。パクスロビド飲んだのにやめたらまた、陽性になっちゃったと。普通であれば抗ウイルス薬を飲めば治るんだけど、あまりにも自然免疫、T細胞免疫が抑制されちゃっているから、ウイルスがクスリの効果では治すことが出来ない。アメリカ政権ではバイデン大統領や、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長も、感染で同薬を投与した後に同様の再発が起きたと。

この頃は武漢型ワクチンを打っていたんでしょ。感染した後にファイザーのクスリを飲んで、さらにその後も排菌を続けたと、スーパースプレッダーだったと。だからFDAはファイザーに対し最初の5日間の投与後に再発した人に、再び同薬を一定期間投与する臨床試験をするよう依頼していると。ワクチンを打っている人はずっと飲めと。

ワクチン何発でも打ってずっとパクスロビド飲んでおけ、そうしないと治らないことを証明しちゃっているんです。パクスロビドも2価ワクチンも効かない。アメリカ人はこのことを知っているんですよ、だから打ちませんし、パクスロビドも飲まない。日本人だけがワクチン打ってパクスロビドを飲まされているバカ状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

seventeen + 3 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。