新型コロナウイルス

gettr:ワクチン接種で人類の不妊化へ、接種後のプリオン病は致死率100%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナワクチンは、人類の不妊化を引き起こす可能性がある

妊婦が遺伝子治療を受けた場合、卵巣に炎症を引き起こす微小粒子が蓄積し、胎盤に侵入して胎児を攻撃する可能性がある。我々は、人類自身の生殖能力の急激な低下を目のあたりにするかもしれない。 #受精卵 #生育力 #遺伝子治療 #ジェノサイド #月経障害

着床できるラッキーな受精卵は、人体の最も複雑な組織の中で育まれ成長していく。産婦人科の医者でさえ、頻繁に女性の子宮内膜を目にするわけではない。子宮を摘出することはあっても解剖はしない。しかし、我々病理学者がしなければならない。発育中の受精卵にとって子宮の端は栄養豊富で優しく、最適な育む環境である。子宮内膜の血管は非常に脆いものだ。

これは女性が毎月月経が来る理由でもある。外来の攻撃に対して大変敏感である。子宮内膜の血管は非常に脆く、内部にはACE2受容体が整然と分布している。この血管が詰まったり破れたりすると、出血を引き起こす可能性がある。ご存じの通り、遺伝子治療を受ける女性の多くは、深刻な月経不順に悩まされている。子宮は受精卵の着陸場であるとも言える。

いま、希望に満ちた受精卵にとって、その着陸場が攻撃を受けている。生存環境が好ましくなく変わってしまった。と同時にマイケル・イードンが初めて見せたように、発育中の胎盤にはシンシチンと呼ばれるタンパク質がスパイクタンパク質の抗体に対して一定の反応性があるそうだ。私たちが言うように特定の相同性がある。これはスパイクタンパク質の抗体に対して、発育中の胎盤に存在する。

シンシチンと呼ばれる内在性のタンパク質との交差反応であるもう一つの攻撃方法だ。しかし、不幸なことはこれだけではない、まだ続いている。妊婦が遺伝子治療を受けた場合、医学文献から確実に分っているように、2つのことが起こり得ることを以前にも説明した。以前にも述べたように、炎症を引き起こす微小粒子が卵巣にドンドン蓄積していく。

そしてこれらの微小粒子が胎盤関門を通して胎盤に入ることが可能である。胎盤は胎児を多種多様な有害物質から守る部位である。しかし、炎症を引き起こす微小粒子が検出されることもないまま、胎盤に侵入してしまう。なお、これを聞いた人は誰でもしっかり調査しなければならない。これからの話は大きな意義を持っているからだ。

我々人類に生まれる女の子達が、不妊になってしまう可能性がある。そして20年後には、人類が不妊化になることだ。多くの女性がワクチン接種をした上、この種の攻撃が実に発生した場合をよく考えてご覧なさい。これはもちろん我々の望んだことではない。取り急ぎはっきり調査しなければならない。わざと実施したジェノサイド計画でなければ、私も信じたくないことだ。

武漢からの不意な漏洩事故だと思う。しかし、我々は前代未聞なほどの生育率の急降下、人類自身の生殖能力の急低下を、目の当たりにするかも知れない。

4つの悪のNPOがワクチンを使って世界を人質に

GAVI (グローバルワクチンアライアンス) は、ビル ゲイツ、ウェルカムファンド、CEPI (疫病対策イノベーション連合) と協力して、パンデミックが発生の時にほぼ世界の政府を買収し、WHOを支配した #GAVI #ビルゲイツ #ウェルカムファンド #CEPI #WHO #中国

長い間人々は、このパンデミックをコントロールしているのは誰かについて話してきた。そして何が起こっているのか。それは誰だろうか、CDCまたはファウチだろうか。人々はこれら全てのNGOについて話し始めた。ビル・ゲイツなどが率いるこれら全ての非公開グループを視聴者に紹介して下さい。実際、Politicoのウエブサイトで指摘されている点は、2,021年冬にあなたが話した内容と驚くほど一致している。

悲しいことに、私たちはこれがどのように起こるかを予測した。この記事の重要性はいくら強調しても言い過ぎることはない。確かに世界的な陰謀を完全に暴露してきた。共謀者が誰であるかを正確に明らかにした。私たちのいわゆる『狂った言葉』が真実である事を確認された。つまり邪悪な者で構成された国のような組織、特に非営利団体がある。

これらの組織の力は国のリーダーを越えている。古い話に聞こえるかも知れないが、その目的は世界政府を作ること。そしてこの組織は地球上の全ての人々を支配しようとする。このPoliticoの調査記事は、評判の良いドイツの報道機関と一致している。災害の経過を絶対的な正確さで検証した。これからは私がCCPウイルスのトリック全体に対する彼らの操作の本質を示してあげる。

ウイルスが人工物とは言えないが、間違いなく編集されている。4つの邪悪な非営利団体が世界を人質に取り、基本的に次の方法でマネーロンダリングを行っている。GAVI(グローバルワクチンアライアンス)はビル・ゲイツと同盟を結び、Wellcome Fundは英国の研究基金、またCEPIと呼ばれる流行対策イノベーション連合はゲイツとWellcomeが設立した国際的なワクチン研究開発組織だ。

これらのグループは全てパンデミックが発生の時に、世界中のほぼ全ての政府を買収するために力を合わせた。彼らは米国とヨーロッパで特定の政策のために830万ドルをロビー活動に費やした。彼らは舞台裏で何百万ドルも費やしてきたので、物事を思い通りに展開させている。同時にこれらの組織はWHOに14億ドルを寄付した。WHOに寄付されたことを忘れないで下さい。

2,020年初頭にパンデミックが始まったときのことを思い出して下さい。大統領はアメリカのためにどのように決定を下したのか。それこそが国家主権のあり方だ。そして突然、全ての決定はビル・ゲイツによって行われた。これらの全ての決定はWHOという傀儡を通じて実行された。この特に4つのグループが既にWHOを支配していた。それにまた中共国、中共国、中共国。ゲイツと中共国は、WHOの最大の資金提供者の2つだ。

私たちはWHOのデタラメな行動を全て見た来たよね。いわゆるインペリアルカレッジの感染対策とロックダウン等を含め、WHOは中国のロックダウン政策を、世界中のモデルとして宣言した。2,020年から18月間、人々の生活に起こったすべての変なことは、WHOの仕業だ。また多くの国が実行してきたロックダウン政策も、WHOより提案された。それに彼らはロビー活動で、国家元首の買収で金を使いワクチンへの投資をさせた。もちろん、個人用保護具、マスクなどへの投資もある。

ワクチン接種後のプリオン病は死亡率100%の不治の病

知らない人のために説明すると、プリオンは引っかかりたくないもので、致死率は100%、治療法も解決法もなく、特に神経系のように必要な機能を持つタンパク質がミスフォールディングすると、予後が悪くなるだけである。 #ワクチン #ワクチン後遺症 #プリオン病 #致死率

プリオンと聞くとほとんどの人が、脳内で正常に折りたたまれてパーキンソン病やアルツハイマー病などの長期的な神経疾患の原因タンパク質を思い出すだろう。この状況は接種者の身に起こると心配にならないか。

はい、スパイクタンパク質にはプリオンのような性質があるため、ミスフォールディングを誘発することが出来る。このタンパク質を知らない人のために説明すると、プリオンは引っかかりたくないものだ。致死率100%、治療法はない。解決策がない。必要な機能を持つタンパク質のミスフォールディングをしてしまい、特に神経系は悪い結果にしかならない。

だからもし、これらのうちの1つを生物体に導入するような状況があれば、そのタンパク質はその実態の他のタンパク質にミスフォールディング能力を課す能力を持っている。それなら身体が大きなトラブルとなる。いまVAERS(ワクチン有害事象報告システム)では、つまり、私がずっと注目しているデータがVAERSの過小報告要因を考慮した場合、VAERSでは49例のクロイツフェルト・ヤコブ病があった。

過少申告の要因を考慮した場合、つまり、その数字に何かの係数をかける必要がある。バックグラウンドレートより遙かに高い数値が得られる。例えば米国における1年間のバックグラウンドレートは。だからこれは非常に、非常に、非常に心配だよ。全てのワクチンの中でこれまでにないものだ。VAERSの目的は安全性に関するシグナルを検出し検出されたもの。

公衆衛生に関連する安全性シグナルに対し因果関係の評価を行う。彼らはこの問題に注目すると思う。心筋炎を見るだけじゃない。これは明白な問題なので、軽度で一過性のものだと言って掃き捨て隠蔽することは出来ない。いや、プリオン病、特にクロイツフェルト・ヤコブの症例に注目するのだろう。彼らは現在進行中の神経障害を調べるだろう。その数は正に驚異的だ。つまり今、VAERSで最も大きなデータのクラスターになっている。

※ タンパク質のミスフォールディング:アルツハイマー病やパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)など神経疾患の顕著な特徴とされる

正しく折り畳まれなかった蛋白質(ミスフォールディング蛋白質)が沈着することで引き起こされる様々な疾患の総称。

 蛋白質は、リボソームにおいてアミノ酸が数珠状につながれた後、小胞体に輸送され、折り畳まれて立体構造を取ることで機能する。近年の研究から、蛋白質が正しく折り畳まれなかったり、一度折り畳まれた蛋白質が変性したりして機能せず、引き起こされる疾患があることが分かってきた。アルツハイマー病は、アミロイドβが沈着することで、パーキンソン病やレビー小体型認知症は、αシヌクレインが沈着することで引き起こされる蛋白質ミスフォールディング病と考えられている。他にも、脊髄小脳変性症、前頭側頭型認知症、ピック病、クロイツフェルト・ヤコブ病、家族性アミロイドポリニューロパチーなど、蛋白質ミスフォールディング病は数多い。

過去16ヶ月間に突然死した32名の若きカナダの医者が全員接種者

ウィリアム・マーキス博士が、過去16ヶ月間に突然死した32名の若きカナダの医者が全員、新型コロナワクチンの完全接種済み者であることを確認した。彼らの死は、例外なく新型コロナワクチンの薬害だと思われる。接種まで健康そのものの医者達が、スポーツの最中や寝ている間に、心臓発作、脳卒中または突発性の進行性ガンに見舞われ、亡くなったからだ。 #新型コロナワクチン #ワクチン真相 #医者の突然死 #ガン

32名もの若き医師の死亡データ。健康問題を抱える者は1人もいなかった。しかし、彼らの多くは寝ている間に亡くなった。もしくは登山、ジョギング中などの運動中に亡くなった。うち2人はプロの陸上選手の経歴の持ち主だった。彼女はトライアスロンの試合でスイミング中に倒れてしまい、数日後に亡くなった。27歳の若さだった。

彼はジョギング中に倒れてしまい、救助されること無くその場で息を引き取った。同じ病院での集団死亡はあの前後の数日に発生した。その医師達が4回目の接種をしたかどうか確認出来ていない。しかし、4回目があの時期から始まったのは確かだ。この集団死亡例について1つ理解しておくべきことは、この情報が実は内部情報によって流出したことだ。

死亡備忘録を受取った医療従事者が情報を流した。間違いなく大量の死亡例が発生した。しかし、ワクチンとの関連が認められなかった。当時死体剖検も無く、何が起きたか分らなかった。深刻な癌による死亡ということで、32名のうち4,5名は悪性な癌が原因で亡くなったと記されている。私は詳細に調べたのだが、彼らの癌はつい最近見つかったものだと確信している。

全員が過去1年以内の癌と診断されたのだ。そして彼らは皆、2回以上のワクチン接種をしていた。だからmRNAワクチンが原因で死に至った可能性も考えられる。周知のようにmRNAワクチンは、人体の免疫システムを抑制させ、癌細胞、腫瘍細胞、そしてそして突然変異細胞への制御を失わせてしまう。さらにDNAの修復機能を妨害する何らかのメカニズムもあるようだ。

だからワクチンによって癌が誘発され、進行が加速する可能性がある。ワクチン接種によって癌が発生し、深刻化し、死亡に至った疑いが排除できない。死体剖検が行われなかったので、この可能性が大いにあると思われる。

IAEA、ウクライナに未申告の核活動兆候なし 「汚い爆弾」

国際原子力機関(IAEA)は3日、ウクライナが放射性物質をまき散らす「ダーティーボム」(汚い爆弾)を使用する恐れがあるとするロシアの主張を受けてウクライナの施設を調査した結果、未申告の核活動や核物質の兆候は確認されなかったと発表した。

先日お伝えした、ウクライナで核兵器が使用されるという懸念について、ロシアが先手を打って、ウクライナで核が使用される可能性を訴えたことで、この計画は表沙汰になり、あからさまに核使用が出来なくなったということだと思います。これで核使用をすれば誰が実行したかが明らかになってしまうからです。メディアは相変わらず、ロシア悪者説に凝り固まっています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

4 × four =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。