新型コロナウイルス

gettr:接種者からの輸血で子供が死亡、接種者の移植角膜に拒絶反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーター・マッカロー博士「スパイクタンパク質の過剰注射は、巨大な血栓の形成を引き起こす可能性がある」

現在、査読済みの文献の多くが、コロナワクチンが血栓を引き起こす可能性があること、そして血栓が致命的となる可能性があることを示しています。検死官が体の重要な部分にこれらの血栓を発見した場合、その死はコロナワクチンに関連している可能性があります。 #コロナワクチン #コロナウイルス #スパイクタンパク質 #ピーター・マッカロー博士

米国各地のエンバーマーや検視官が新型コロナで死亡した人の体内から、巨大な長い血栓のようなものを発見しました。これらの死亡者は全員、コロナワクチンを複数回接種していました。だからエンバーマーや検視官は、これがコロナウイルスによるものなのか、それともコロナワクチンによるものなのか少し混乱しています。この報告書を読んでいただけましたか? この大きな血栓について医学的な見解は如何でしょうか?

長期入院中のコロナ患者の重症呼吸器感染症とコロナワクチンは、いずれも血栓の形成を促進します。ワクチン接種者のほとんどは、コロナウイルスにも感染していることを忘れないで下さい。つまり血液を凝固させるスパイクタンパク質を大量に注射されています。これらは全て密接に関連しています。現在、査読済文献の多くがコロナワクチンが血栓を引き起こす可能性があること、従って検視官が身体の重要な部分にこれらの血栓を発見した場合、その死はコロナワクチンに関連している可能性があります。

1人の入院患者を防ぐには、3万人が追加接種を受ける必要がある

今の時代、健康な子供にこのような新しい遺伝子ワクチンを接種させるべき理由はない。これは死守しなければならない陣地だ。新型コロナワクチンは拒否すべし! 断固としてワクチンを打たないでください! #遺伝子ワクチン #ブースター接種 #コロナワクチン #ワクチンの真実 #ポール・アレクサンダー医師

ワクチンについてハーバード大学とジョンズホプキンス大学が出した研究成果は、非常にネガティブなものであった。それだけではなく、通常のワクチン以外にもオミクロンb2など、何らかの変異株のために作り出されたブースターワクチンもある。治験すら行っていないブースターワクチンを、採用しようとしたのだ。彼らはマウスでしか実験を行っていない。私たちはラットなのか? 申し訳ないが、私はそうした人たちが推奨するワクチンを接種する気はない。全く無理だ。

あなたは今、国民が知るべき2つの重要な問題を提起した。それはFDAが推奨する新しい2価ワクチンだ。これは武漢株とBA.5変異株に基づく遺伝子注射と呼ばれている。問題は武漢株が消滅してから既に1年あまりが経過していることだ。このワクチンが適用される頃には、BA.5株は新しい変異株にとって代わるだろう。つまり災害に合わせてる作られているのだ。

おっしゃる通りこのワクチンは、8匹のラットの研究に基づいている。唯一人で治験を行ったのはBA.1株をベースにしたものだが、この2価ワクチンには適用されない。それよりもあなたが引用しているハーバード大学の研究には、非常に重要な内容が含まれている。彼らが計算を行ったところ、3万人を治療する必要があることが分った。

要はコロナに感染していない3万人がワクチンを接種しなければならない。研究対象は18歳から29歳の大学生だ。つまり1人の入院を防ぐために3万人が追加接種を受ける必要がある。国民はこの言葉の恐ろしさを理解すべきだ。3万人の追加接種でようやく1人の入院を防げる。非常に恐ろしい。これはワクチンの無効性を示しており、今すぐ接種をやめさせるべきだ。

ここで皆さんに伝えたいことは、今の世の中、親が健康な子供にコロナワクチンを接種させるべき理由はないということだ。死守しなければならい戦闘地だ、あなたの戦闘力を最大限に発揮する陣地だ。ワクチンにノーと言わなければならない、絶対にワクチンを接種しないで下さい。

接種者の角膜移植の拒絶反応が顕著

角膜移植手術は拒絶反応率が低く、最も成功した移植手術の一つである。しかし、最近、ワクチン接種を受けた患者の拒絶反応の問題が浮き彫りになった #角膜移植 #ワクチン #ワクチン災害 #移植拒絶反応

コロナワクチンの実体が毒だと、毎日より多くのアラームサインが教えてくれる。しかも、予測不可能な毒だ、ついでに言うと、様々な分野において我々はアドバイスさえ出来ないと思う。例え最初から警告されても、安全性を証明されない毒ワクチンを接種するなと。特に強制接種政策は危ない。地元の報道機関でも一部報道され始めている。しかし、政府は何の変更も行っていない。インディアナ州インディアナポリスにあるチャンネル8からのレポートをご覧ください。

新しい研究によると、移植を受けた患者が突然新しい臓器を拒絶するケースが益々増えている。科学者達はワクチンが原因の可能性が高いと指摘した。このことを説明するためにWISHI-TVの医学記者メアリー・ギリーズ博士がお見えになった。アレクシス・フェルは『Journal of Cinical Medecine』誌に掲載された新しい研究によると、急性角膜移植は手術を受けた免疫患者によって拒絶されていた。

研究者からのコメントは、根本的な原因は接種で起きた全身性の炎症反応による可能性が高いと思われる。角膜は目の一番外側にある層で、角膜移植は視力の回復、目の痛みの緩和、損傷した角膜の外観の改善などに使用される。周知の通り、この手術は最も成功した移植手術の1つである。拒絶反応の発生率が低い。日本の研究者が23の研究データをまとめた。

角膜移植手術を受けた21人の患者の23の目を評価した。ワクチン接種後1日から6週間の間に全ての患者が移植拒絶反応を経験した。その一部の患者は、20年前に移植を受けた人もいた。論文の中で著者達がさらに述べたのは、ウイルスの拡散が進む中、ブースター接種がさらに増えると予想される。だから角膜移植を受けた患者は、適切にフォローアップしなければならない。

角膜移植の拒絶反応を防ぐための介入は不可欠かもしれない。彼らはワクチンを接種した後に、関連する新たな合併症のリストには血栓、心臓の炎症とギランバレー症候群が含まれている。

コロナワクチンの支持率が当初の60%から、1.3%に低下した

新型コロナワクチンを受け入れる人の割合が、当初の60%から40%へ低下し、更にウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると1.3%にまで低下した。ウォール・ストリート・ジャーナルに報道されたこと自体が、こうした傾向を非常に強く物語っている。 #ブースター接種 #新型コロナワクチン #ワクチン薬害 #ワクチン真相

CNNを含む主要メディアもファウチも、つい先程まで生放送していたが今番組が中止した。何せブースター接種者はたった1.2%しかいないのだ。大きな失敗だと言わざるを得ない。ナオミ・ウルフ博士、あなたはどう評価するだろうか。全く驚きそのものの広告だ。一体何が起きたのだろうか。

まずウオールームの皆さんの努力の賜物だと思う。多くの出来事が起きている。そして触れておくべきなのは、Amy Kelly氏の発表した一連の記事も奏功したのだろうと言うことだ。ワクチンが男性の性機能にダメージを与える旨の記事が出たところ、急に人々がワクチンから離反し始めた。もう一度強調しておきたいが、我々には明示できる因果関係も直接証拠もないが、ワクチンに関する全面的な報告をするよう努めている。

れには女性への傷害、胎児への傷害、胎盤への傷害、そして男性性機能への障害が含まれる。ご存じのようにこのワクチンは男の子の第2次性徴の正常な発達に悪影響を与える。このような話を聞いたり、もしくはこのような話が広がっていると知ったりしたら、誰だってブースター接種を回避しようとするだろう。一方私は人々の認識も転換点に来たと考えている。

あなたも皆も、そして有志の医者達も努力し続けてきた。そして周囲で絶えず、被害が起きている。家族も同僚も、皆その話題で持ちきりだ。こうした全ての共同作業で人々の認識が変わってきたものと私は考えている。何より大切なのは、ワクチンを受け入れる人の割合が、当初の60%強から40%へ、さらにWSJ(ウオールストリートジャーナル)の報道によると1.3%にまで低下した。WSJがこの事実を報道すること自体が、こうした傾向を非常に強く物語っている。

接種者からの輸血により子供は血栓で死亡子供:画像のみ

これは、毒入り血液を輸血される前と後の息子です。我々が、病院側にきれいな血液の提供を懇願しました。しかし、病院側は拒否し、我々の同意も得ずに輸血を行いました。息子はすぐに、膝から心臓まで血栓が広がってしまいました。息子が二週間も頑張ってくれた末、亡くなりました

心筋炎にかかった数ヵ月後に、63%の子どもに心臓の腫れの兆候が見られた

MRI画像により、心筋炎にかかった数ヵ月後に、63%の子どもに心臓の腫れの徴候が見られた。ヨーロッパの多くの国では、若年層へのモデルナワクチンの接種を全面的に禁止している。 #子供 #心臓障害 #心筋炎 #コロナワクチン #ジョンズホプキンス大学 #マーティ・マキャリー医師

元々健康な子供は心臓に重大な損傷を受けることになる。そう、よくある事だ。いいえ、これは一般的なことではない。医学会では、この危険性を警告したのはマーティ・マカリー医師だけだった。彼は何ヶ月も警告し続けた。彼は3月にCDC に宛てた書簡で『彼らはワクチンによる心筋炎の長期的な影響を厳密に調査する必要がある』と書いている。

もちろん彼はそれを賞賛されるのではなく、当然のことながら攻撃された。マカリー医師はジョンズホプキンス大学の教授である。医師、御来場や早期の警告をありがとうございます。彼らの主張は全くもって正常だ。何時もそうなのか。

彼らはこれを軽視することで知られている。CDCのディレクターは昨年、100万人の子供にワクチン接種すれば軽度の心筋炎が30~40件発生するかも知れないと述べた。また彼らは、ウイルス感染で心筋炎になると症状が悪化したり、心筋炎になりやすいと主張している。しかし、これは事実ではない。研究結果が既に出ている。ヨーロッパの反応は、多くの国が若年層へのモデルナワクチンの接種を全面的に禁止している。

例えば30歳以下の全ての人、国によっては40歳以下の全ての人が対象となる。悲劇なのはワクチンが深刻な心臓障害を引き起こす可能性があることが今になって判明した。31%の人びとが身体の動きが制限されている。シアトルの調査結果では、MRI画像により心筋炎に罹った数ヶ月後に63%の子供に心臓の腫れの徴候が見られた。だから火遊びをしているようなものだ。我々は何に直面しているのか分らない。

彼らはワクチン合併症の発生率を過小評価し、ワクチンを実際より安全であるかのように見せている。若年層のウイルス感染者の入院件数を過大評価し、コロナウイルスを実際よりも危険であるかのように見せている。悲しいことに子供たちを心筋炎から救うことは最初から可能だったはずだ。アメリカの子供たちを心筋炎から守れるはずだ。

3週間という短い間隔ではなく、もっと広い間隔でワクチンを接種できるはずだ。3週間間隔で接種するワクチンは存在しない。心筋炎は2回目の接種後に発症した。1回の接種で済むと思えば、1回きりで良いと親に判断してもらえば良いのだが、逆に頭に銃を突きつけられるようにして、3週間後にまた受けに来いと言われた。それを承諾しないと大変なことになる。健康な子供がウイルスに感染するリスクは非常に低い。ワクチンのリスクよりも低いと、正直に話すことも出来るはずだ。

もし自分の子供が14歳で心臓にダメージを受けたことにショックを受けたら、その子が50歳になったらどうなるか考えてみて下さい。しかし、将来のことは誰も考えていないようだ。あなたは考えている。ジョンズホプキンス大学のマーティ・マカリー博士に感謝します。

アメリカの中間選挙で高まった核使用のリスク

2年前の大統領選挙で見えた不正行為、バイデンジャンプと言われる組織的な票の意図的操作が、今回ブラジルの大統領選挙でも見られた。あからさまな選挙妨害が行われ、さらにはウクライナにおいてセンセーショナルに核兵器が使用される懸念が高まっています。もちろんロシアが使用するのではなく、アメリカがロシアの仕業と見せかけてウクライナで使用し、ウクライナの人々を犠牲にしようとしている。偽旗作戦。

ロシアの国防相が『アメリカ側がウクライナで核兵器を使用する』と述べた。使用するのはNATOの核兵器。アメリカ側は自分たちの核兵器を使って、それをロシアが使ったことにするというニセ旗作戦が進行している。それをロシア側が先手を打って発表したもの。これは1月8日アメリカ中間選挙を狙った動きである可能性。10月末から11月8日までに、ウクライナで核兵器が使われる可能性が高いという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

three × three =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。