新型コロナウイルス

接種すると血液脳関門を通り脳細胞でスパイクタンパクを生成し脳機能に影響を及ぼす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
Making Waves @MakingC19Waves
ノルウェー🇳🇴、基礎疾患のリスクが重篤でない人=普通の65歳未満には、コロナ💉の追加接種を推奨しない

Image

来る秋/冬の季節の前に新しいブースター接種

ノルウェーの公衆衛生研究所は、来る秋/冬のシーズンの前にコロナウイルスワクチンのブースター用量を推奨しています。

サーバー疾患コースの根底にあるリスクを持つ65歳以上の成人

重度の基礎疾患を有する12-17歳の青年

妊娠中および第3期の妊婦

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドイツの学会で遺体解剖経験40年の医師講演 mRNAワクチン接種後に急死した人の細胞スパイク蛋白生成した事実画像と共に説明する おそらく人格に影響与えるレベルだと示唆
 
ニャンコ友人帳 @rLSJyYPiBjFvoeQ   ·
ワクチン成分血流に入ると脾臓、骨髄、肝臓、副腎、卵巣などの臓器に蓄積、血管内細胞や臓器細胞スパイク蛋白生成、血管や臓器にダメージ与えることとなる また、スパイク蛋白結合するACE2受容体は心臓やに多く存在しており、結合すると心血管や認知機能の問題引き起こす原因となる
tune   @keisuke4713
エクソソームは迷走神経に沿って脳幹に移動→損傷→パーキンソン  スパイク蛋白を作る細胞がmicroRNAをロードしたエクソソームを生成 microRNAは、非常に強力で、シグナル伝達分子を制御、特に免疫細胞に炎症反応を誘発 脳内の免疫細胞microgliaで内在化 →強力な炎症反応、脳浮腫、脳損傷
 
 
J Sato @j_sato ドイツのベテラン病理医がコロナ💉後に基礎疾患ないのに突然死した人たちの死体を解剖した結果を学会発表。1つは【脳細胞がスパイク蛋白を産生】していた。人格に影響を与えるレベルだろうとのこと。

Image

剖検の結果、死亡した男性の脳と心臓からスパイクタンパクを発見した

COVID-19ワクチン接種のたびに、行動、心血管症状、パーキンソン病症状の悪化に顕著な変化がすでに見られた。人格変容の可能性

スパイクタンパクは血液脳関門を通過して脳へ進入、脳の細胞がスパイクタンパクを産生している

壊死性脳炎と小血管(脳、心臓)の炎症性変化がワクチン接種によって引き起こされた

2度目に接種した後、家族は高齢男性が「不安、嗜眠、社会的離脱の増加」を経験した

スパイクタンパク質は、急性炎症反応を伴う領域(脳、心臓、および小血管)、特に内皮細胞、ミクログリア、およびアストロサイトにおいてのみ実証され得る

ファイザーのmRNAスパイクタンパク質は、死亡した男性の脳と心臓で発見:査読付きレポート

私たちは、それが脳に行き、心臓に行き、スパイクタンパク質を産生し、それがそれらの細胞を傷つけ、炎症を引き起こすことを知っています…それは旅行する…血管や血栓に損傷を与える。

ドイツのドレスデンにある病理学研究所のMichael Mörz博士は、76歳の死亡した男性の剖検のケーススタディをVaccines誌に発表しました

報告書では、COVID-19ワクチン接種に特に起因するスパイクタンパク質は、男性の脳と心臓の血管を標的としています。

信じられないことに、この報告書は、特定の抗原を照らす免疫染色法を使用する免疫組織化学を使用して、「スパイクタンパク質のみであり、ヌクレオカプシドタンパク質は検出できない」と判断し、壊死性脳炎(脳組織の死)および小血管(脳および心臓)の炎症性変化がウイルス感染ではなくCOVID-19ワクチン接種によって引き起こされたことを意味する。

「驚くべきことに、スパイクタンパク質のみであり、ヌクレオカプシドタンパク質は脳と心臓の両方、特に小血管の内皮細胞における炎症病巣内で検出できませんでした。ヌクレオカプシドタンパク質は検出できなかったので、スパイクタンパク質の存在はウイルス感染ではなくワクチン接種に帰されなければならない。この新知見は、遺伝子ベースのCOVID-19ワクチンによって引き起こされる脳炎および心筋炎の以前の報告を裏付けるものである」と述べた。

研究:集団血清サーベイランス研究における過去のSARS-CoV-2感染のマーカーとしてのヌクレオカプシド抗体陽性:バリアント、ワクチン接種、およびアッセイカットオフの選択の影響。画像クレジット: オルフェウスFX / シャッターストック
COVID-19ワクチンはスパイクタンパク質のみをコードし、自然感染に見られるヌクレオカプシドはコードしないため、剖検医は心臓と脳の炎症が自然感染ではなくCOVID-19ワクチン接種によって引き起こされたと判断することができました。

興味深いことに、パーキンソン病(PD)に罹患したこの年配の男性は、2021年5月に最初のアストラゼネカChAdOx1ベクターワクチンを接種した後、「顕著な心血管副作用を経験し、そのために医師に繰り返し相談しなければならなかった」。

2021年7月にファイザーのBNT162b2 mRNAワクチンを2度目に接種した後、家族は高齢男性が「不安、嗜眠、社会的離脱の増加」を経験したことに気付きました。

さらに、「PD症状の著しい悪化があり、重度の運動障害と車椅子サポートの再発の必要性につながった」と、2021年12月に3回目のワクチン接種(2回目のファイザー)を受ける前に「完全に回復することはなかった」。

3回目のワクチン接種の2週間後、彼は「咳や食物吸引の兆候」なしに「夕食を食べている間に突然倒れた」。

彼は多かれ少なかれこのことから回復しましたが、1週間後、彼は食事を食べている間に再び突然静かに倒れ、その後すぐに入院と死に至りました。

この男性の家族は、COVID-19ワクチン接種のたびに、行動、心血管症状、パーキンソン病症状の悪化に顕著な変化がすでに見られたため、剖検を求めました。

「脳では、SARS-CoV-2スパイクタンパク質サブユニット1が内皮、ミクログリア、および壊死領域のアストロサイトで検出されました。さらに、スパイクタンパク質は、胸部および腹部大動脈および腸骨枝、ならびに大脳基底動脈に存在するリンパ球性動脈周囲炎の領域において実証され得る。SARS-CoV-2サブユニット1は、マクロファージおよび血管壁の細胞、特に内皮中に見出された。対照的に、SARS-CoV-2のヌクレオカプシドタンパク質は、対応する組織切片のいずれにおいても検出できなかった。

図10.脳、核ルーバー。毛細血管の腫脹した内皮におけるSARS-CoV-2スパイクタンパク質の豊富な存在は、まばらな単核球炎症細胞浸潤(図12に示すのと同じ血管、5〜20μmの連続切片)を伴う炎症の急性徴候を示す。毛細血管内皮細胞(赤矢印)および個々のグリア細胞(青矢印)において茶色の顆粒として見えるSARS-CoV-2スパイクタンパク質サブユニット1の免疫組織化学的実証。倍率:200× ソース:MDPIワクチン
図12.脳、核ルーバー。SARS-CoV-2ヌクレオカプシドタンパク質に対する負の免疫組織化学反応。毛細血管を通る断面。倍率:200×。出典:MDPIワクチン
図9.前頭脳。SARS-CoV-2スパイクタンパク質に対する陽性反応。キャピラリー容器を通る断面(図11に示すのと同じ容器、5〜20μmの連続切片)。SARS-CoV-2スパイクサブユニット1に対する免疫組織化学反応は、毛細血管内皮細胞(赤矢印)および個々のグリア細胞(青矢印)において茶色の顆粒として検出可能である。倍率:200×。出典:MDPI-ワクチン
図11.前頭脳。SARS-CoV-2ヌクレオカプシドタンパク質に対する負の免疫組織化学反応。断面は毛細血管(図9に示すのと同じ容器、5〜20μmの連続切片)を通る。倍率:200×。出典:MDPI-ワクチン

「SARS-CoV-2抗原(スパイクタンパク質およびヌクレオカプシド)の免疫組織化学は、壊死性脳炎を伴う病変ならびに小血管(脳および心臓)の急性炎症性変化が、スパイクタンパク質SARS-CoV-2サブユニット1の豊富な沈着物と関連していることを明らかにした。重要なことに、スパイクタンパク質は、急性炎症反応を伴う領域(脳、心臓、および小血管)、特に内皮細胞、ミクログリア、およびアストロサイトにおいてのみ実証され得る。これは、スパイクタンパク質がこの患者の病変の発症および疾患の経過に少なくとも寄与する役割を果たした可能性があることを強く示唆している。

図13.心臓左心室。SARS-CoV-2スパイクタンパク質に対する陽性反応。断面は毛細血管(図14に示すのと同じ容器、5〜20μmの連続切片)を通る。褐色顆粒としてのSARS-CoV-2スパイクサブユニット1の免疫組織化学的実証。毛細血管内皮細胞(赤矢印)におけるスパイクタンパク質の豊富な存在は、顕著な内皮腫脹および少数の単核球炎症細胞の存在に関連する。倍率:400×。出典:MDPI-ワクチン
図14.心臓左心室。SARS-CoV-2ヌクレオカプシドタンパク質に対する負の免疫組織化学反応。断面は毛細血管(図13に示すのと同じ容器、5〜20μmの連続切片)を通る。倍率:400×。出典:MDPI-ワクチン

COVID-19ワクチン接種プログラムの批評家であるロバート・マローン博士は、「遺伝物質のような合成mRNAは60日以上体内に持続し、実際のSARS-CoV-2感染で観察されるよりも高いレベルでスパイクタンパク質を産生する」と長い間警告してきました。

不吉なことに、CDC は、ワクチンが生成したスパイクタンパク質が7月16日から7月22日の間にウェブサイトから「体内で長く持続しない」という主張を静かに削除した。

「ワクチンが脳に行き、心臓に届くのは今回が初めてです」と、別の専門家であるピーター・マカロウ博士は昨年から警告しています。

「私たちは、それが脳に行き、心臓に行き、スパイクタンパク質を産生し、それがそれらの細胞を傷つけ、炎症を引き起こし、そしてそこから体内を移動して血管に損傷を与え、血栓を引き起こすことを知っています。

🚨 German Pathologists Present Autopsy Results of “Sudden Adult Death” Patients Post-Vaccination

↑ドイツ語に自信がある方は視聴してみて下さい。以下は英語バージョン

Pathology of vaccine deaths and vaccine injuries | After the evidence now first proof

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

8 − 7 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。