新型コロナウイルス

gettr:血栓でDダイマー上昇、自己免疫疾患の原因、心筋炎、心臓発作、突然死

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブースター接種のたびに状況は悪化し、災害が世界中に拡大

微生物学と感染症の著名な専門家Sucharit Bakhti博士:政府はあからさまに嘘をついている。 ワクチン中のmRNAが体内のあらゆる組織細胞に広がるため、自己免疫疾患を発症させる原因となる #mRNAワクチン #免疫機能障害 #ワクチン災害  スチャリットバクディ博士

政府はmRNA薬剤がワクチン注入部位に確実に留まると主張している。(医学)文献を読んで勉強した人なら誰でも知っていることだが、これは(政府)の公然で恐ろしい嘘である。ワクチンは注射した筋肉からリンパ節や血液循環に急速に広がる。ワクチンは全ての有核細胞に入るため、いったん細胞に取り込まれるとリンパ節の細胞内に迅速に拡散し、そして血管の壁にある内皮細胞にも侵入する。

もちろん、ワクチンが内皮細胞に到達すれば、体内のあらゆる組織(臓器)の細胞に入り込む。この事実だけでmRNAワクチンは、自然に発症する感染症から直ちに除外されるはずです。リンパ節のリンパ球を標的とする感染症はほとんど無い。または血管に配置された内皮細胞をターゲットとした、全てのcovidワクチンを含むmRNAワクチンは、リンパ系臓器の自己破壊を引き起こす。

しかも、全身の血管の中で血管壁の損傷により、ワクチンが周囲の組織に漏れてしまう。これが自己免疫疾患を発症させる原因となる。自己免疫性肝炎。自己免疫性甲状腺炎。思いつく限りの自己免疫疾患。血管が損傷したあとに出来た血栓は全身に発生してしまう。これで重篤な多臓器循環障害につながり、不可逆的な結果をもたらす。例えば心臓や脳、この損傷は永遠に回復できない。

もし妊娠中にmRNAワクチンを接種したら、薬物が胎盤の細胞に入り(または侵入する恐れ)、そして母親の胎内にいる赤ちゃんに存亡の危機をもたらす。免疫系の中で発生する自己攻撃事象が、免疫機能不全につながる複数の症状として現れる。潜伏感染(ウイルス、バクテリア)が再活性化し、腫瘍の増殖も止まらなくなった。この場合(医学的問題の)中心全体を占める可能性がある。これは悪夢のようなシナリオだ。

親愛なるハンガリー! ブースター接種する度に状況は悪化してしまう。大災害はあなたの国だけに留まらず、全世界に広がるんだ。

ワクチンの安全性を疑問視するまでに、あと何人突然死するのだろうか

ピエール・コリー博士: 心筋炎、心臓発作、突然死が世界中で起こっている。これほど多くの放送局スタッフが倒れ、死亡したことは過去になかった。昨年だけで1000人以上のプロスポーツ選手が突然亡くなった。 #心筋炎 #心臓発作 #突然死 #癌 #CCPウイルス #ワクチン薬害

この指数関数的な悪化速度をどう見ているか? 数字が大きすぎて、私はこの数字すら出せない。私たちはもう十分に見てきたと思う。私は医師として、ここで未来のことを話したいと思う。科学が全てを明らかにしたことを意識して下さい。私たちが提示したこれらの論文は全て、劇的な免疫抑制を示している。私たちの免疫系は体内の癌を抑制することができる一方で、免疫系が損なわれると癌が急速に進行する。

そしてこのようなデータがすでに出始めている。これは私が何時も言っていることだ。これらのデータはどう見ても非常に不吉なものだ。そして長期的には心筋炎、心臓発作、突然死などの問題は、世界のどの国でも発生している。海に行く、公園に行くなど日常的な行動をしている最中に突然倒れ、死亡する若者の報道を毎日のように耳にしている。

職場のデスクで倒れた人もいるそうだ。おっしゃる通りTVの生放送も含めて、これほど多くの放送局スタッフが倒れ、死亡したことは過去になかった。過去1年ほどヨーロッパのサッカー選手が、ピッチ場で倒れて死亡するのを見てきた。昨年だけでも1000人以上のプロスポーツ選手が急死し、過去30年間の選手の平均急死者数は年間29人だった。目が覚めるまでにあと何人が突然死するのだろうか。ここに問題があるに違いない。何故誰もこれに疑問を抱かないのか理解できない。

ピーター・マッカロー博士「コロナワクチン接種後の死亡は、心筋炎による突然死と肺への血栓の拡散」

コロナワクチンは、突然、予測不可能な重度の心臓の炎症を引き起こすことができる。また、コロナワクチンは、静脈血栓症による血栓を引き起こし、その血栓が肺に広がる。基本的に、心臓や肺が血液を送れなくなると、人は死んでしまう。 #コロナワクチン #心筋炎 #血栓 #心臓 #肺 #突然死

Jenna schauerの論文が『Journal of Pediatrics』に掲載された。彼女は心筋炎に関連する論文をいくつか発表している。

彼女の論文によると16歳の少年はガドリニウム造影剤の著しい遅延性増強を呈したことを示している。これは16歳の少年の心臓が炎症を起こし、傷を負っていることを意味する。4ヶ月後、損傷の程度は元の左心室の26%から19.84%に減少した。矢印が指しているところ(左端の画像)、左心室の短軸画像では、心筋の上に円のように見える非常に大きな白い領域があるのが分る。

循環器専門医として伝えられることは、ガドリニウム造影による遅延性増強のようなケースでは、患者さんに植え込み型除細動器を設置する。これに対応する突然死の懸念の閾値は15%である。だからそれは、とても心配だと思う。要約すると、コロナワクチンは深刻な心臓の炎症を引き起こすことが出来る。突然死する若者が多いのは、心臓の炎症が原因だ。

ワクチン接種後に死亡するケースは2つある。1つは心筋炎による突然死で、突然で急速に悪化し、予測不可能である。もう一つは静脈血栓塞栓症で血栓を形成し、その血栓が肺に広がるものだ。基本的に心臓や肺が血液を送れなくなると、人は死んでしまう。血栓、より大きな血栓は小さな腫物を形成するため、検出されることがある。

肺塞栓症で死ぬ患者を救うために、血液希釈剤を使い始めることが出来る。患者さんが来院され、血液凝固阻止剤を投与して命を救うこともある。心筋炎で亡くなった人の多くは、病気になったときに周りに愛する人がいなかった。また心肺蘇生の支援を受けられる場所にいなかった。実際、彼らはコロナワクチンによる心筋炎で死亡した。

元ファイザー職員の内部告発、早く死なせることがコロナワクチンの目的

打っても今は大丈夫な人たち、それは遅れて出てくる。半年から1年かけて自分の免疫機能が動かなくなって行く。接種すると女性の場合は畑がダメになり、男の人の場合は種がダメになる。これは戦争である。PCRはパパイアでも陽性が出るため、嘘。どこの情報にアクセスできているかで命に関わることになる。

マッカロー博士:スパイク蛋白は人体の臓器器官の組織に侵入

スパイク蛋白は、人体組織に侵入可能だ。脳、副腎、その他重要な臓器に入り込む。脂質ナノ粒子がこれらの臓器器官に侵入可能であることから、そのように判断している #新型コロナワクチン#スパイク蛋白#心筋炎#器官組織#臓器

ドイツからの論文。新型コロナワクチン接種済み患者の生検組織を検査した結果である。ここでいうワクチンは、ファイザーのコミナティである。論文のタイトルは『ワクチン接種後の心筋炎:心膜心筋生検で証明された症例』で、これは心筋内での武漢株スパイクタンパクの発見を報告した、最初の研究論文の1つである。この研究では染色法を用いた。

スパイクタンパクについては私も1年以上前から申し上げてきた。人体組織に侵入可能であり、脳、副腎、その他重要な臓器器官に入り込む。資質ナノ粒子がこれらの臓器器官に侵入可能であることから、そのように判断している。そしてこのことはBaumeier氏が国際分子科学誌に発表した論文で証明された。このような論文がニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メデスンやランセット、英国医学ジャーナルに掲載されない理由は、

これらの編集者が大きな偏見を持っており、新型コロナワクチンの有害を証明する論文を全く受け入れないからだ。結局そうした論文はMDPIか低評価の雑誌で発表するしかない。しかし、これは非常に重要な研究論文だ。

欧州諸国では子供へのワクチン接種が禁止し始め

ロバート・マローン博士:多くのデータから、ワクチン接種を受けた子供の半数以上が「ワクチンに対する全身反応」を起こしていることが分かっている。 もはや、いかなる公衆衛生機関も、ワクチンのリスクがメリットをはるかに上回るという明確な事実から目を背けることはできない #ワクチンに対する全身反応 #接種禁止 #ビッグデータ #小児用ワクチン

欧州諸国において、最近17歳以下の子供へのワクチン接種を禁止した国はイギリスだけではない。こうした決定の背景には膨大なデータの蓄積がある。そうした中、膨大なデータを前にして、如何なる公衆衛生機関もワクチン接種のリスクが子供を感染から守るというメリットを、はるかに上回るという明確な事実から目を背けることは出来ない。このデータはワクチンを接種した子供たちの少なくとも半数以上が『ワクチンに対する全身反応』を起こしたというものだ。つまり接種済みの子供たちの半数は、身体の何処かに不具合が生じている。

ワクチン接種者の大多数は異常な血液を持っている

カナダのチャールズ・ホッフェ博士は最初から真相を掲示する勇気のある研究者、彼が非常に早い時期に患者から非常に不安な神経疾患を発見した、地元の保健所に連絡したところ、これらは偶然なことで、ワクチンと関係ないと言われた。神経疾患の 85% はワクチン接種後 72 時間以内に発症したもので、それらを偶然と呼ぶのはばかげている #神経系疾患 #毛細血管 #スパイクタンパク質 #血栓 #血管内皮細胞

非常に興味深いことがある。私は非常の早い段階で患者の非常に不安な神経症状を見始めた。地元の保健所に以下のような問い合わせの手紙を書いた。(これらの神経障害の)本当の発症メカニズムは何だろう? 何が起こったか? このワクチン障害のメカニズムは何だろうか。適切な治療はどのようにすれば良いだろうか。ワクチンによるものではない、これらは全て偶然だと知らされた。

バカげていると思う。神経疾患の85%はワクチン接種後の72時間以内に発症したため、だから偶然だというのはバカげている。私はドイツ在住の著名科学者スチャリット・バクディ博士に励まされて、私は点滴後ワクチンが腕に留まらないことを発見した。スパイクタンパク質が吸収される場所によって、血管内皮細胞に吸収されることもある。

血管内皮細胞は血管壁の細胞であり、しかもほとんど(スパイクタンパク質)は毛細血管内皮細胞に留まる。そこはスパイクタンパク質が吸収される場所だからだ。だから毛細血管の中にスパイクタンパク質がある。しかも、スパイクタンパク質が毛細血管の細胞膜に存在すれば、血管が滑らかでなくなるため、血栓が発生する恐れがある。

これらのスパイクにより、毛細血管が荒れてしまうことになる。そこで私はDダイマーアッセイと呼ばれるもので患者をテストし始めた。これは緊急治療室で行うテストだ。患者の身体の何処かに血栓があるかどうかを検出するために使用される。15人をテストした結果、その中の53%が血栓の症状を持っていることが分った。さらに重要なことに、これらの人々はワクチンの後遺症患者ではない。彼らはワクチンが自分の身体に害を及しているとは考えていない。52%、または53%の人が注射の7日後にDダイマー上昇の症状を示した。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

one × 2 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。