新型コロナウイルス

gettr:成人突然死症候群、4人に1人日常生活に支障

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナワクチンは西側を狙う戦争で生物化学兵器だ

ナオミ·ウルフ博士は、コロナワクチンの背後にある製薬会社の経済協力関係を綿密に検討した結果、上海複星製薬が摘発され、中国共産党の売国奴の一人である郭広昌が掌握した会社が、浸透を通じてコロナmRNAワクチン、特にファイザー(BioNTech)の米国生産を事実上統制し、欧米が主導する西側の自由世界を破壊しようとしていると明らかにした。 #ファイザーワクチン #生物兵器 #中国共産党系メディア

イギリス王立化学機関はイベルメクチンの効果と安全性を実証

新型コロナウイルスが細胞内に侵入すると、ウイルスが長鎖タンパク質を作り始め、長鎖タンパク質の大きさが長すぎると機能が損なわれるため、これらのタンパク質を短くする必要がある。新型コロナウイルスの場合は3 CLプロテアーゼで実現して、新型コロナウイルスを作り出す。イベルメクチンは3 CLプロテアーゼというハサミの開く能力を極めて抑制し、タンパク鎖を切断できないため,新しいウイルスを作ることができない #イベルメクチン #新型コロナウィルス #長鎖タンパク質 #3CLプロテアーゼ

新型コロナウイルスが細胞内に進入すると、ウイルスが長鎖のタンパク質をつくり始める。例えばこれは長鎖タンパク質で、これも数百種類のアミノ酸から生成する長鎖のタンパク質である。問題はこれらの長鎖タンパク質の場合、過剰なサイズがその機能に影響を与えることだ。だから短くカットする必要がある。新型コロナウイルスの場合は3CLプロテアーゼによってこの目的が達成される。

プロテアーゼとはタンパク質を分解する酵素のことだ。この3CLプロテアーゼはタンパク質を分解できる。その過程は加水分解と呼ばれる。これらの過程で長鎖タンパク質を、より短い長さに切断し、これらの生成物はエンドペプチダーゼと呼ばれる。つまり長鎖のタンパク質を2本の短鎖に変えた。そしてこの状態では、我々が生み出そうとしている新しいウイルスにピッタリと当てはまるのだ。

これらの長鎖タンパク質は短くする必要があるので、これがプロテアーゼの役割だ。現在ではこのプロテアーゼの働きを止める新薬を、プロテアーゼ阻害剤と呼んでいる。つまりプロテアーゼが大きなタンパク質を、小さなタンパク質に切り詰めることを阻止できる。その結果、アミノ酸配列を阻止するのだ。つまりウイルスは生成できず、ウイルスの複製が抑制される。それはプロテアーゼ阻害剤の働きで起こったことだ。

次の論文はこれ。抗新型コロナウイルス薬の可能性を特定した根拠として、今回も3CLプロテアーゼ阻害剤を全て提供する。非標的薬13種のうち、イベルメクチンは当初検討した数種類の抗ウイルス物質ではなかったため、他の既存の抗ウイルス物質にも目を向けていた。だから非標的薬と呼ばれるようになったのでしょう。しかし、13種類の非標的薬のうち、イベルメクチンだけがこの特定の濃度で3CLプロテアーゼ活性の80%を完全に阻止した。

データを他の薬剤と比較すれば、さらに明らかになった。以下のリストは私たちがテストしている他の全てのクスリである。下に並んでいるクスリを全部テストしてきた。

そしてこれは3CLプロテアーゼ活性のパーセンテイジを示している。つまり棒線が短いほどその比率が短く、酵素の阻害が強いことを示している。

これを見て下さい。このGC327は酵素を強力に疎外するから、酵素はタンパク質を分解できなくなった。そして何かは分らないが、もしかしたら毒性があるので、論文には書かれていないのかも知れない。いずれにしても他の種類は抑制力が強くなかった。しかし、イベルメクチンは酵素を強く疎外したことが分った。この研究で示されたのは、イベルメクチンが3CLプロテアーゼというハサミの開く能力を大きく抑制したため、つまりタンパク質の鎖を切ることが出来ないため、新しいウイルスを作ることが出来ないのだ。

マローン博士:ワクチンの1、2、3回接種で全児童の70%~80%に副作用

2021年12月9日~2022年8月21日に実施した4,362名の調査では、コロナワクチン接種後、4人に1人が日常生活に支障をきたし、3回接種後約2割が仕事や学校に行けなくなることが判明した。 #コロナワクチン #副作用 #日常生活

これはV-safe ACIPのデータ(CDCワクチン安全性サーベイランス予防接種実施運営委員会)。これはスライド27で我々のデータとの一貫性を確認したい。このデータで示されたのは、ワクチン接種1,2,3回目の接種で全児童に見られる副作用である。いずれも70~80%の間、全身性の副作用、1回接種後は58~72%。健康に影響がある者は初回から10%を占めており、3回目のブースター投与後に32%、接種後子供たちは日常生活を送ることが出来なくなった。

初回の10%~32%の範囲でそれぞれ異なる。10%から最大で25%くらいだと考えている。つまり4人に1人の子供が、接種後に日常生活に支障をきたす。3回接種後、仕事や学校に行けない率は約2割、この数字は憂慮すべきものだ。4,362名の方が調査に参加してくれた。2021年12月9日~2022年8月21日に実施された調査である。

ワクチンは生物兵器だ

これは実験室からの漏洩ではなく、意図的に作った生物兵器だ。スパイクタンパク質を人々に注入し、汎コロナウイルスワクチンに中毒させるための戦争行為だ。 #コロナウイルスワクチン #エコヘルスアライアンス #生物兵器 #スパイクタンパク質 #モデルナ

臨床データ:接種後15歳前後の若者の死亡率が驚くほど高い

Peter Mcullough博士 20220907 :コロナワクチンは、ウイルスから子どもを守らない!ワクチンは子どもには効かない! #コロナワクチン #CCPウイルス #ワクチン死亡率

ヒューストンにあるテキサス大学公衆衛生学部の主任学長は、これは99%の継続的な感染だと述べている。つまり、基本的にすべての子供がコロナウイルスに感染している。だからアメリカ人には子供が誰一人もコロナワクチン接種の医学的な必要性がない、あるいは臨床的に適応でないことを確認された。Dora Bavera博士とFleminng Dutr医師による実データを用いた2つの分析がある。

ワクチンは子供たちに何の効果もない。ワクチンは何一つコロナウイルスから子供達を守ことができない。そして今、このような大惨事が起こっている。ニュージーランドの死亡率、若年層の死亡率について言及されたが、英国健康アドバイザー研究チームは、2021年1月に政府と医薬品規制庁に送付した書簡に、我々が見た15歳前後の若者の死亡率が驚くべき数字だと記された。

このような状況下、医師として言えることは、死には必ず理由がある、必ず何かがある。米国では心臓病が40%、癌が40%、その他が20%となっている。何の説明もないまま、天文学的な数の死者が報告されるようになった。私の考えでは、ワクチンを接種すれば、そうでないことが証明されない限り、ワクチンが致死原因だ。

メリル・ナス医師「コロナ感染の恐怖に陥らせることがCDCの仕事だ」

新型コロナ感染による死亡者数は、パンデミック以来の最低レベルになっている。感染症状もさほど深刻ではない。治療薬があれば、入院治療の必要もなく、死亡することもない現状だ。CDCの虚言に煽られてブースターを接種しないでください。以前のコロナワクチン以上に危険であるのだ #新型コロナワクチン #ブースター #CDC米国疾病予防管理センター

CDC(米疾病予防管理センター)が我々を騙している。明らかに人々を新型コロナウイルスの恐怖に陥らせ、ブースターの接種に行かせている。だから状況が深刻だとしきりに煽っている。昨日の会議でも子供たちの入院率が上昇し、子供のためだとか、何かのためだとか、懸念すべきだと主張していた。しかし、毎月ニューヨータイムズの10篇のフリー記事がある。

ニューヨークタイムズ症例累計を検索してみれば、CDCのリアルタイムのデータを見ることが出来る。感染症例の数も入院者数、集中治療者数、そして死亡者数、検査者数でさえ、きめ細やかな9種類の統計がCDCのデータに基づいてリアルタイムに更新されている。ご覧になれば分るだろう。毎日の死亡者数が実にパンデミック以来の最低レベルになっている。

つまり死亡者数は2年半以来の最低ラインに位置している。児童の入院率も上がっていない。横ばいの状態だ。未だにコロナ感染があるものの、症状がさほど深刻ではない。全く心配するほどのことではない。特に治療薬があれば入院する必要もなければ、今の新型コロナ変異種に感染するため死亡することもない。一方CDC の会議で半数のアメリカ人が、すでにブースターを接種済だと嘘をついている。ニューヨークタイムズの同時更新のCDCデータでは、33%の条件を満たしたアメリカ人だけが、ブースター接種をしたと示している。

あとの3分の2の方は打ちたくないし、打っていないのだ。新しいブースターを絶対接種しないで下さい。以前のコロナワクチン以上に危険であるはずだ。だからCDCのデータは当てにはならない。真実を語る歴史などないからだ。CDCのデータを同時に引用しようとしても、双方のデータが一致しないのだ。

コロナワクチンは毒物だ

CDCのデータによると、史上最大の実験的ワクチンである新型コロナワクチンが始まって以来、脳卒中や心臓発作などの副作用の件数が世界中で激増し、死亡者数が20%増加したという。 検死官らは、接種者の体から小さな結晶や非常に細い金属線を含む有機物を発見した。この絶えず成長する内部閉塞は、今日みられる致命的な副作用をすべて説明できるのに、主流メディアはこれを「成人突然死症候群」と呼んでいる。 #新型コロナワクチン #死亡率 #障害率 #体内有機物 #成人突然死症候群

主流メディアの催眠術のような嘘を見抜ける人にとってワクチンによる死亡、障害の証拠は揺るぎないものだ。ワクチンで死亡者数が20%増加したことを、数字が教えてくれた。現在死亡率は既に20%を超えており、CDCの数字がそれを裏付けている。ワクチン詐欺、経済崩壊と銀行、火事場の一揆、そして最近見たある独自調査では、20%という数字も出ていた。

つまり20%の超過死亡率を継続しているわけだ。障害者人口が10%増、これは驚異的な数字だ。5年間で2,900万人は安定的な状況だった。そして今、突然300万人の障害者が増えたという数字が出ていたが、これはどこから出てきた数字なのでしょうか。いま、これはほんの始まりに過ぎず、事態はさらに悪化すると分かり始めていた。

多くの方が既に知っていることだが、2つの独立なチームが電子顕微鏡を使ってワクチンの入れ物から謎の物体を発見した。史上最大の実験的ワクチン接種から、パンデミック中に心臓病と脳卒中による死亡が上昇した。今私たちは初めて、このような事態を引き起こした原因を目にした。

ワクチンの中の何かが受容体の血管の中で増殖しているようだ。死体処理者が接種した人々の身体から異常な物体を発見した。検死官も静脈や動脈に何か恐ろしいものが生えているのを発見した。これは血の塊ではなく、ある種の有機物のようだ。

小さな結晶と極細のワイヤーを持ち、爬虫類のうろこのようなもので出来た、この絶えず成長した被接種者の体内の閉塞が、今日に見られる致命的な副作用の全てが説明できる。

にもかかわらず、現在主流メディアはこれを成人突然死症候群と呼んでいる。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

7 + 10 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。