新型コロナウイルス

スウェーデン:子供への接種取りやめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

降圧剤、高コレステロール治療薬、痛風治療薬、糖尿病治療薬:一生治ることはなく死ぬまで飲み続ける。窓口負担は数千円だが国の負担は40兆円。国の財政を圧迫するだけではなく本人の身体が蝕まれていく。癌になる食材は小麦、揚げ油、トランス脂肪酸、食品添加物。これだけのものを食べていたら癌だけではなく、コロナ陽性にもなりますね。小麦と砂糖は体内で炎症を起こしますから、感染症にも罹りやすくなる。

国民の全部が感染しているわけではなく、全くコロナと無関係に日々を過ごしている人もいるわけです。筆者もその一人ですがその違いはどこにあるのか。身体に入る入り口の部分である食を疎かにしていると、健康がドンドン損なわれていきます。自分の食生活を見直すこともせず、具合が悪くなったら医者のところに行けば良いという安易な考えが病気を作り出していると思います。その結果、効きもしない高額なクスリが処方され、クスリの作用で健康が蝕まれる。

従ってこのような食生活を繰り返していれば、未接種でもコロナ感染してしまうことになります。これらのことに何か感じるところがあったら、自分の食生活とクスリを見直して下さい。筆者はクスリゼロと食品添加物ゼロ、小麦ゼロ、揚げ物ゼロ、トランス脂肪酸ゼロ、砂糖限りなくゼロ、それからコンビニ、ファミレス、ファーストフード出入り禁止を推奨します。

スウェーデン公衆衛生局から次の決定が出されました。子供で重症化する例はほとんど無く、ワクチンの予防接種は必要がないというものです。欧州は次々にワクチン接種に対する姿勢を推奨から推奨取りやめに移行しています。真逆の対応をしている日本は、世界の中でシュールなマスク着用を続け、秋からのBA.1ワクチン接種にこぞって出掛けていくのでしょうか。日本人が自ら情報を取りに行ったり、ものを考える民族には思えません。

スウェーデン:12歳から17歳までの子供は、COVID-19の予防接種を受ける必要はありません

パンデミックの間、スウェーデンの公衆衛生局は、12歳から17歳までの基本的な健康な子供に対する一般的な勧告は、COVID-19に対する予防接種を継続することでした。現在、勧告は削除され、特別なグループの子供だけが予防接種を受け続けるべきです。

パンデミックの間、COVID-19で重病になった子供はほとんどいません。新しい研究と知識はまた、SARS-CoV-2のウイルス変異体が基本的な健康な子供に軽度の症状を引き起こすことを示しています。したがって、FHMは現在、一般的な予防接種の推奨事項を変更しています。

全体として、COVID-19の結果としてのケアの必要性は、パンデミックの間、子供や若者の間で低く、ウイルスの亜種オミクロンが広がり始めてからも減少したことがわかります、とスウェーデン公衆衛生局のユニットの責任者であるSören Anderssonは言います。

– パンデミックのこの段階では、このグループで予防接種の継続的な必要性があるとは見当たりません。

11月1日発効

この決定は2022年11月1日から適用されます。FHMは、スウェーデン小児科学会や国立プログラム地域(NPO)の小児および青年の健康を含む関連機関の代表者との対話を経て決定されたと述べています。

65歳以上の成人、および18歳からのリスクグループの人々は、次の秋と冬の季節に追加の補充用量をお勧めします。この勧告は、妊娠中の女性や心臓および肺疾患を持つ人々など、重度のCOVID-19疾患のリスクが高いすべてのグループにも適用されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12~17歳の子供のためのCOVID-19に対する普遍的な予防接種に関する勧告

12~17歳の基本的な健康な子供にCOVID-19の予防接種を受けるよう一般的に推奨されているのは、10月31日以降に終了します。その理由は、子供や若者のCOVID-19による重篤な病気や死亡のリスクが非常に低いためです。特別なグループの子供たちは、COVID-19の予防接種を受けることを引き続き推奨されます。

パンデミックの間、COVID-19で重病になった子供や若者はほとんどいません。現在の知識と疫学は、SARS-CoV-2のウイルス変異体が基本的な健康な子供や若者にますます軽度の症状を引き起こし、グループの免疫が非常に高いことを示しています。

– 全体として、COVID-19の結果としてのケアの必要性は、パンデミックの間、子供や若者の間で低く、ウイルスの亜種オミクロンが広がり始めてからも減少していることがわかります。パンデミックのこの段階では、このグループで予防接種の必要性が続いているとは見当たりません。したがって、12歳から17歳までのCOVID-19に対する一般的な予防接種に関する勧告は削除されています、とスウェーデン公衆衛生局のユニットの責任者であるSören Anderssonは言います。

特別なグループ

この決定は、2022年11月1日現在、COVID-19に対する感受性が高い特別なグループの子供のみが推奨され、したがってCOVID-19に対する予防接種が提供されたことを意味します。これらは、一般的に呼吸器感染症に対してより敏感であると判断されるグループ内の個人、または免疫系を著しく侵害している個人である。これらのグループは、スウェーデン小児科学会によって定義されています。

基本的な健康な子供や若者にとって、SARS-CoV-2は、スウェーデンの公衆衛生局と小児科専門職の代表者とスウェーデン小児科学会の評価によると、パンデミックのこの段階では一般的な呼吸器ウイルスと見なすことができます。

対話後の決定

COVID-19に対する予防接種に関する一般的な推奨事項は、12〜17歳のグループの基本的な健康な子供についてのみ削除されます。18歳に達した人には、COVID-19に対する基本的な保護を得るために3回投与する必要があるという成人向けの推奨事項が適用されます。

スウェーデン公衆衛生局の決定は、スウェーデン小児科学会や国立プログラム地域(NPO)の小児および青年の健康を含む関連機関の代表者との対話の後に行われました。COVID-19の知識と疫学の状態は継続的に監視されています。スウェーデンの子供や若者の状況が変わった場合、推奨事項は変更される可能性があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何とー!🇸🇪の公衆衛生庁の英断! 11月1日から、健康な12歳から17歳へのワクチン接種推奨を撤廃! つまり、ワクチン接種年齢は18歳以上となります!

「コロナ禍を通して、健康な子供達感染時の医療の必要性は低かった。オミクロン株となり、さらに低くなった。この事実を踏まえて健康な12歳から17歳へのワクチン接種推奨を撤廃。スウェーデン小児科協会などと協議して決定した。」

こちらのリンクにもありますが、スウェーデン小児科学会の見解によると、 「子供や若者の中にMIS-Cやコロナ後遺症のリスクの高いグループがあるという事実は現状ないため、(MIS-Cやコロナ後遺症を考慮しての)ワクチン接種推奨をしない。」 barnlakarforeningen.se/wp-content/upl

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スエーデンのルンド大学の研究によると、ワクチンのmRNAが接種後6時間で逆転写が起こり、ヒトのDNAに取り込まれることが証明されました。これも今まで言われてきたことがひっくり返った例です。事態は深刻で、逆転写されたDNAは子供の世代、さらに子供の世代にと受け継がれていくことになります。可能性としては免疫状態が不完全で感染症に罹りやすい子供が、次々に生まれてくることが考えられます。

国民が騙されていること、分りますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

12 + four =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。