新型コロナウイルス

デンマーク18歳以下接種の提供せず、50歳未満は接種対象から外れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンマーク保健当局によると、50歳未満に対するコロナワクチン接種は実施せず、また18歳未満に対する接種も現在実施されていません。接種対象者は50歳以上と、これらのうち重症化リスクの高い人が、申し出と医師の評価により接種を提供することになりました。その理由は、これらの年代ではcovid-19で重症化するリスクが高くないということです。

対して日本では、生後6ヶ月から接種対象にして全員が接種するように勧めています。無理矢理、効かないものを在庫処分で国民に打たせようとするバカげた政策が際立っています。ここで重要なのは、デンマーク保健当局が50歳未満は重症化リスクが高くない、と認めて基礎疾患のある人と、重症化リスクのある高齢者等に接種を限定しようとしているところです。

日本はいつまで、時代遅れのコロナ対策を続けるつもりなのでしょうか。何度も繰りかえし接種をしていると、ワクチンによる抗体をすり抜けていく変異種が次々に生まれ、さらに感染爆発が起こるでしょう。これはもう確定だそうです。利権に振り回される、無能なリーダーしか日本にはいないということです。

vaccination

デンマーク保健当局:COVID-19に対する予防接種

接種の対象者:

50歳以上の方が対象となります。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による重症化のリスクが高い50歳未満の人にも、新型コロナウイルス感染症の予防接種が提供されます。 ヘルスケアおよび高齢者ケア部門のスタッフだけでなく、covid-19 によって重症化するリスクが高い患者または市民と密接に接触している社会サービス部門の一部のスタッフにも、covid-19 に対するブースターワクチン接種が提供されます。 さらに、特にリスクが高い人の親族は、特にリスクが高い親族を保護するためにワクチン接種の申し出を受け入れることをお勧めします。

People aged 50 years and over will be offered vaccination.

People aged under 50 who are at a higher risk of becoming severely ill from covid-19 will also be offered vaccination against covid-19.

Staff in the healthcare and elderly care sector as well as in selected parts of the social services sector who have close contact with patients or citizens who are at higher risk of becoming severely ill from covid-19 will also be offered booster vaccination against covid-19.

In addition, we recommend that relatives of persons at particularly higher risk accept the offer of vaccination to protect their relatives who are at particularly higher risk.

50歳未満は何故接種しないのか:

予防接種プログラムの目的は、重症化、入院、死亡を防ぐことです。したがって、重症化するリスクが最も高い人には、追加接種が提供されます。ワクチンの目的はcovid-19の感染を防ぐことではないため、現在50歳未満の人は追加接種を受けていません。 一般的に、50 歳未満の人は、covid-19 で重症化するリスクが特に高くはありません。さらに、50歳未満の若い人々は、非常に多くの人がすでにワクチン接種を受けており、以前にcovid-19に感染しているため、covid-19による重症化から十分に保護されており、その結果、この部分には良好な免疫があります.人口の。 病気の場合に家にいること、頻繁な換気または換気、社会的距離、良い咳エチケット、手指衛生および清掃を含む、感染の拡大を防ぐ方法に関するガイダンスも覚えておくことが重要です。

The purpose of the vaccination programme is to prevent severe illness, hospitalisation and death. Therefore, people at the highest risk of becoming severely ill will be offered booster vaccination. The purpose of vaccination is not to prevent infection with covid-19, and people aged under 50 are therefore currently not being offered booster vaccination.

People aged under 50 are generally not at particularly higher risk of becoming severely ill from covid-19. In addition, younger people aged under 50 are well protected against becoming severely ill from covid-19, as a very large number of them have already been vaccinated and have previously been infected with covid-19, and there is consequently good immunity among this part of the population.

It is important that the population also remembers the guidance on how to prevent the spread of infection, including staying at home in case of illness, frequent aeration or ventilation, social distancing, good coughing etiquette, hand hygiene and cleaning.

18才未満ヘの接種は提供しない:

covid-19に対する子供の予防接種 子供や青年が、covid-19 のオミクロン変異体によって深刻な病気になることはめったにありません。 2022 年 7 月 1 日から、18 歳未満の子供と青年は 1 回目の注射を受けることができなくなり、2022 年 9 月 1 日からは 2 回目の注射を受けることができなくなりました。 重症化するリスクが特に高い非常に限られた数の子供には、医師による個別の評価に基づいて予防接種が提供されます。

Vaccination of children against covid-19

Children and adolescents rarely become severely ill from the Omicron variant of covid-19.

From 1 July 2022, it was no longer possible for children and adolescents aged under 18 to get the first injection and, from 1 September 2022, it was no longer possible for them to get the second injection.

A very limited number of children at particularly higher risk of becoming severely ill will still be offered vaccination based on an individual assessment by a doctor.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

20 + eleven =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。