新型コロナウイルス

サイトカインストームで免疫調節機能が暴走

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

猫@日本を守りたい(家庭菜園始めました🔰🌱)

https://twitter.com/sesam0320 拾い画ですが

Image

広島大学:サイトカインストーム、免疫調整機能が暴走か

Image

ツイッターで盛んにリツイートされている記事。沖縄タイムズ他。全文を伝える記事がありませんので、文字起こしします。

新型コロナウイルスワクチンを2回接種後、原因が分らずに死亡した4人を調べた結果、いずれも炎症に関わる遺伝子が過剰に働き、死亡時の推定体温が高いという特徴があったとする研究成果を、広島大学の長尾正崇教授(法医学)らのチームが17日までにまとめた。チームはウイルスを攻撃する免疫調節機能が過剰反応(暴走)し、患者の身体を攻撃する『サイトカインストーム』が起きて死亡した可能性があるとみており、

『接種後に解熱剤を服用しても40度を超える高熱が出た場合は、慎重に対応して欲しい』と訴えている。チームは接種後1~10日に死亡した20~50代の男性を解剖。死因は特定できなかったが、臓器のうっ血など突然死に似た特徴があった。さらに血液からリボ核酸(RNA)の一部を解析。失血死などで死亡したケースと比べると、炎症に関わる遺伝子が過剰に働いており、サイトカインストームが起きたのではないかとみている。死亡時の推定体温は39~46度だった。

何故サイトカインストームが起きたかは分らないが、1回目の接種で免疫機能がワクチンに反応しやすくなり、2回目で過剰反応が起きた可能性があるとしている。長尾教授は『感染した際に重症化を防ぐにはワクチン接種が不可欠。一方でどんな人が副反応が起きやすいのかさらに調べる必要がある』と話している。サイトカインストームは、免疫細胞がウイルスや細菌などから身体を守ろうとしてサイトカインと呼ばれるタンパク質を過剰に放出する現象。様々な臓器が損傷し死亡することもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ワクチン接種後にサイトカインストームを起こして死亡』と接種後の死亡メカニズムを明らかにした点は重要です。厚労省の因果関係不明云々は、もう通用しないところまで来ています。

と思っていたら、論文が見つかりました。

COVID-19ワクチン接種後のサイトカインストームの4例:症例報告

・・・免疫性血小板減少症、心筋炎、および死亡などのワクチン接種関連の副作用のいくつかの報告がある(1-3)。一方、いくつかの研究では、ワクチン接種後の全身性免疫応答症候群(SIRS)が報告されています(45)。2回目のCOVID-19ワクチン接種を受けてから1〜10日後に死亡した4人の症例を経験しました。彼らの体温は死亡時に異常に高いと推定された。これらの患者に対して剖検が行われたが、死因に関する情報は明らかにされず、病理学的分析は一次器官に変化を示さなかったという証拠がある。ここでは、RNAのシーケンシングにより推定された死因について報告する。

ケースプロファイル

COVID-19ワクチンを受けた後に自宅で死亡した4人の症例のプロファイルを表1にまとめました。3例がモデルナmRNA COVID-19ワクチン、トジナメランを2回接種し、1例がファイザー-BioNTech mRNA COVID-19ワクチンエラソメランを2回接種しました。2回目の投与を受けてから死亡するまでの時間は1〜10日であった。症例3では、発熱や頭痛などのワクチン接種後の副作用は死亡前日に認められなかったが、他の症例では死亡前日に観察された。剖検では、患者の死因に関する情報は見られず、病理学的解析では、一次臓器の鬱血などの突然死の所見と、心筋炎を含む死因に関する情報は示されなかった。死後の現象と検視官の直腸温測定から推測された死後間隔は、死亡時のすべての症例について高い体温を推定した(6)。失血(54歳)と絞殺(86歳)による突然死を経験し、トジナメランを2回投与した2人の女性症例をRNAシーケンシング解析の対照として使用した。

(筆者注:トジナメラン(Tozinameran ) [4] [14] は、バイオンテックがファイザーと共同で開発したCOVID-19ワクチンの有効成分

 

表 1
www.frontiersin.org

表 1調査された4人の死亡者と2人の対照のプロファイル。

私たちが報告した症例がこれらの基準を満たしているかどうかを知る方法はありませんが、RNAシーケンシングの結果は、ワクチン接種後にサイトカインの異常な分泌、おそらくサイトカインストームが発生し、SIRSと死に至らしめた可能性があることを示唆しています。SIRSは、発熱>38.0°Cまたは低体温<36.0°C、頻脈>90拍/分、頻呼吸>20呼吸/分、白血球増加症>12×10の少なくとも2つの基準を満たすと定義されています。9/L またはロイコポエニア <4×109/L (14)。SIRSは、感染、外傷、手術、虚血などのさまざまな要因によって誘発されます。SIRSはCOVID-19感染のために発生する可能性があると報告されています(15)。COVID-19ワクチン接種は、疑似COVID-19感染に対応します。したがって、ワクチン接種はSIRSを誘発し得る。現在の4人の犠牲者では、最初のワクチン接種によって免疫機能が感作され、2回目のワクチン接種によって患者がSIRSを発症しやすくなったと推測される。一方、これらの犠牲者は、ワクチン接種のためにSIRSを発症する傾向があるという憲法上の素因を持っていた可能性があります。しかしながら、我々の結果は、この異常なサイトカイン応答を主に引き起こした原因を示していない。一塩基多型の解析などのさらなる研究が必要である。ワクチン接種は感染の拡大を防ぐために依然として不可欠であり、これらの症例のみに基づいて危険と見なされるべきではないことに注意することが重要です。ワクチン接種に関連する重篤な有害事象の原因となる危険因子を特定するには、さらなる研究が必要である。

(筆者注:SIRS:全身性炎症反応症候群SIRSの診断基準は、侵襲によって生体がどの程度反応しているかを知るためのものです。 SIRSとは、侵襲に対する生体の防御反応であり、免疫細胞から大量に放出された炎症性サイトカインによる全身性の急性炎症反応です)

結論

COVID-19ワクチンの2回目の投与を受けた後の死亡例が4例ありますが、剖検では明らかな原因は特定されていません。RNAシーケンシングにより、好中球脱顆粒およびサイトカインシグナル伝達に関与する遺伝子がこれらの症例においてアップレギュレートされることが明らかになり、ワクチン接種後に免疫調節不全が起こることが示唆された。解熱薬を用いても、ワクチン接種後に40°Cを超える異常高熱が発生した場合は、注意深い観察と注意が必要な場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

three × 5 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。