新型コロナウイルス

反論の余地のない証拠:血管や臓器にダメージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これでもか、というくらいにmRNAワクチンの問題を指摘する論文が出てきますが、如何に有害であるかということを表わしていますね。それと共に接種した人が今後どうなっていくのか、大変心配されます。2回までならまだしも、3回、4回接種した場合には免疫の低下がそのまま固定される可能性があり、スパイクタンパクで出来た血栓が血管を伝わって全身に及び、数ヶ月後、数年後に血栓症となって生命の危機を招くことになるかも知れません。そうならないことを願うのみです。

先日の高知大学論文で帯状疱疹皮疹部からスパイクタンパクが検出されましたが、今回は接種後9ヶ月で気管支生検からスパイクタンパクが細胞に発現していることが明らかになっています。ここに紹介する論文は、今まで公的に流されてきた通説を、証拠を持って否定するという大変重要な内容となっています。画像を見比べ、ご自身で判断して下さい。

mRNAワクチン、血管や臓器にダメージ「反論の余地のない証拠」=研究結果:大紀元記事

微生物学者のマイケル・パーマー博士とスチャリット・バクディ博士は、mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンが血管や臓器の損傷を引き起こすという「反論の余地のない因果関係」を発見したと述べた。一方、非営利団体Health Feedbackは「科学的根拠のない神話」だと反論している。

両氏の研究はドイツの病理学者アルネ・ブルクハルト博士とウォルター・ラング博士の知見に基づいている。

以下は、その結果の要約である。

1. mRNAワクチンは注射部位にとどまるのではなく、全身を巡り、さまざまな臓器に蓄積される。

2. mRNAベースのコロナワクチンは、多くの臓器でSARS-CoV-2スパイクタンパク質の長期的な発現を誘導する。

3. ワクチンによって誘発されたスパイクタンパク質の発現は、自己免疫反応により引き起こされる炎症に類似した症状を誘発する。

4. ワクチンによって誘発された炎症は、臓器損傷を引き起こし(特に血管に)、時には致命的な結果をもたらすことがある。

「死亡したワクチン接種者の組織検査を行なったところ、遺伝子ワクチンを接種してから9カ月後にもスパイクタンパク質が発現していることが判明した」

「今回の研究では、使用した染色の種類によって、スパイクタンパク質が心臓、卵巣、肝臓、脾臓、そしてさらに精巣に行き渡ることが示された」

「これは多臓器不全や女性の不妊症につながる要因だ」

元の論文:Vascular and organ damage induced by mRNA vaccines: irrefutable proof of causality

大動脈の壁の亀裂、リンパ球のクラスターが並んでおり、大動脈破裂につながる

左側には、大動脈の壁を通るセクションがあります。この写真は、前のものよりもさらに低い倍率で撮影されています。リンパ球は今、小さな青い斑点の雲として現れます。この青い雲の左側には、組織を縦に亀裂が走っています。このような亀裂は、右に示す大動脈の切除標本においても巨視的に視認される

大動脈は体の最大の血管です。それは心臓の左心室によって排出される高度に加圧された血液を受け取り、したがってそれは強い機械的ストレスにさらされる。大動脈の壁が炎症によって弱まると、それがここにあるように、それはひび割れて破裂するかもしれません。大動脈破裂は通常非常にまれですが、バークハルト教授は限られた数の剖検で複数の症例を発見しました。罹患した大動脈のいくつかは、スパイクタンパク質を発現していることも示された

ファイザー独自の動物実験は、ワクチンがすぐに体全体に分布することを示しています

ラベル付けされたワクチンは、非常に短い時間の後、わずか4分の1時間以内に血漿中に現れるということです。血漿レベルは、注射の2時間後にピークに達する。それが落ちるにつれて、モデルワクチンは他のいくつかの器官に蓄積する。最速かつ最も高い上昇は、肝臓および脾臓において観察される。非常に高い取り込みは、卵巣および副腎でも観察される。他の臓器(精巣を含む)は、モデルワクチンの有意に低いレベルを占める。しかし、少なくとも血管はすべての臓器とすべての組織で露出し、影響を受けることに注意してください。(筆者注:卵巣に取り込まれるのはデマだというのがありましたね)

ウイルスタンパク質の発現は免疫組織化学で検出可能

画像の右上には、ファイザーワクチンに曝露され、上で概説したプロトコルに付された2つの細胞が見えます。濃い茶色の染みは、細胞が実際にスパイクタンパク質を産生していたことを示しています。

要するに、褐色色素が沈着しているところはどこでも、元の抗原(この例ではスパイクタンパク質)が存在していたに違いない。免疫組織化学は、臨床病理学だけでなく研究においても広く利用されています。これは、前臨床開発中の動物試験におけるスパイクタンパク質の広範な発現を検出するために容易に使用できた可能性がある。しかし、FDAや他の規制当局は、そのような実験データを受け取ったり要求したりしたことは一度もないようです[6]

ワクチン注射後の肩筋におけるスパイクタンパク質の発現

このスライド(バークハルト博士による)は、三角筋線維を断面で示しています。繊維のいくつか(すべてではない)は強い茶色の色素沈着を示し、再びスパイクタンパク質発現を示す。

注射部位付近のスパイクタンパク質の発現はもちろん予想され、非常に示唆に富んでいますが、そのような発現が実際にワクチンによって引き起こされ、SARS-CoV-2ウイルスとの付随する感染によって引き起こされていないことを確かめたいと思います。これは、注射部位から遠く離れた位置にある他の組織および器官に関して特に重要である。

小血管の壁内でのスパイクタンパク質の発現

スパイクタンパク質の発現は、細動脈(小動脈;左)および細静脈(小静脈)および毛細血管(右)で見られる。発現は、最も内側の細胞層、内皮において最も顕著である。これにより、内皮細胞は免疫系による攻撃のために「座っているアヒル」になります。

ワクチン接種後の内皮剥離および小血管の破壊

次に、スパイクタンパク質を産生する内皮細胞に対する免疫攻撃の証拠に目を向ける。左側は正常な小静脈で、無傷の内皮で区切られており、内部にいくつかの赤血球と少数の白血球(青色に染色)を含む。

中央の画像は、免疫系によって攻撃され破壊されている小静脈を示しています。輪郭はすでに溶解しており、紡錘形の(そして腫れた)内皮細胞は血管壁から剥離している。さらに、リンパ球、つまり暗く丸い核を持ち、周囲に細胞質がほとんどない小さな細胞が見えます。単一のリンパ球(はるかに高い倍率で)が右側に示されている。

リンパ球は特定の免疫系のバックボーンであり、抗原が認識され、抗体が産生されるたびに、これはリンパ球によって行われます。また、リンパ球の中には、ウイルスに感染した細胞を殺すのに役立つ細胞傷害性T細胞やナチュラルキラー細胞、またはいわゆるワクチンによってウイルスタンパク質を産生することを余儀なくされたため、感染しているように見える細胞があります。

内皮の重要な機能は、血液凝固を防ぐことです。したがって、この写真のように内皮が損傷し、それを超える組織が血液と接触すると、これは自動的に血液凝固を引き起こします。

健康な心筋組織、およびリンパ球性心筋炎

ワクチン注射後に心筋細胞がスパイクタンパク質を強く発現していることが分かりました。ここでは、その結果を見ています。上の写真は、健康な心筋組織のサンプルを示しています, 定期的に配向し、整列心筋繊維と.右側には、剖検の1つから得られた心筋サンプルが見えます。筋繊維はばらばらで崩壊しており、侵入するリンパ球に囲まれています。バークハルトは、亡くなった患者の複数の患者に心筋炎を発見しました。

肺組織におけるリンパ球浸潤および増殖性炎症

左側には、空気で満たされた空間(肺胞)を備えた健康な肺組織があり、埋め込まれた血液で満たされた毛細血管を備えた繊細な肺胞セプタで区切られています。また、いくつかの大きな血管も見られます。

右側には、リンパ球によってオーバーランした肺組織が見えます。空気で満たされた空間は大部分が消え、瘢痕(結合)組織で満たされています。このワクチン注射を受けた患者は、明らかに呼吸に非常に大きな問題を抱えていたでしょう。

リンパ球浸潤、炎症および破壊は、脳、肝臓、脾臓、および複数の腺を含む他の多くの器官においても観察された。しかし、それらすべてを説明する代わりに、スパイクタンパク質発現の長い持続時間を顕著に示す別の免疫組織化学結果で病理学的証拠を結論付ける。

ワクチン接種後9ヶ月の気管支生検におけるスパイクタンパク質のワクチン誘発発現

スライドは、生きているがワクチン接種以来呼吸器症状に苦しんでいる患者からの気管支粘膜のサンプルを示しています。最上部の細胞層にはスパイクタンパク質を強く発現する細胞がいくつか見られますが、これは彼の最新のワクチン注射から9ヶ月後でさえあります!これは確かに長期にわたる発現の最も極端なケースですが、Burkhardtの剖検と血液サンプル[7]またはリンパ節生検[8]に関する公表された研究の両方から、発現が数ヶ月続くことを示す証拠があります。

(筆者注:接種後9ヶ月でもスパイクタンパクが細胞に発現している。CDCも厚労省もスパイクタンパクは接種後2週間で無くなると言っていましたよね)

ファイザーのワクチン mRNA が DNA にコピー (「逆転写」)され、細胞ゲノムに挿入される

公式のmRNAワクチンの物語は、ワクチンに含まれる修飾mRNAはインビボで複製されないと主張している。したがって、スパイクタンパク質の発現は、注入されたRNA分子が分解されると停止するはずである。

入手可能な限られた実験的研究[9,10]は、注射された改変mRNAは注射の数日から数週間以内に分解されるべきであることを示唆している。これは明らかに、観察された長続きする表現と二乗するのが難しいです。何らかの形で、遺伝情報はインビボで永続化しているように見える。

スウェーデンの最近の実験的研究 [11] では、ヒト由来の細胞がファイザーの mRNA ワクチンを DNA にコピーし、それを自分の染色体 DNA に挿入できることが示されています。画像は、この研究からの主要な証拠を示しています。細胞は、示された時間の長さの間ワクチンに曝露された。次いで、細胞DNAを単離し、そして444塩基対(bp)の長さの断片のPCR増幅によって検出されたワクチンmRNAのDNAコピーを挿入した。

「BNT」で標識されたすべてのサンプルはワクチンで処理されており、DNA断片長標準(「L」)との比較から明らかなように、それらはすべて予想される長さのPCR産物を示しています。「Ctrl n」で標識されたサンプルは対照であった:Ctrl 1 – 4はワクチンとインキュベートされていない細胞からのDNAを含み、Ctrl 5はワクチン処理細胞からのRNA(DNAではない)を含んでいた。Ctrl 6は、同じものが含まれていたがRNAseで追加的に処理し、どの工程もDNA試料の精製において行った。予想通り、対照サンプルのいずれもPCR産物を含まない。

すべての実験サンプルにおけるDNA挿入のAldénの観察を考慮すると、これは生体内でも起こる可能性が高いようです。スパイクタンパク質の発現を永続させるためのもっともらしいメカニズムを提供するだけでなく、DNA挿入は遺伝的損傷のリスクももたらし、癌や白血病につながる。

概要

ここで提示された証拠は、ワクチン注射から

  • 血流を介したワクチンの急速な分布、
  • 広範なスパイクタンパク質発現、血管内で顕著に、および
  • 自己免疫様の炎症および器官損傷。

ワクチン誘発性血管損傷は血液凝固を促進し、心臓発作、脳卒中、肺塞栓症などの凝固関連疾患は有害事象データベースでは非常に一般的です[4,12]

自己免疫様炎症に加えて、プリオン媒介性CNS変性[13]、異常な血管タンパク質沈着(アミロイドーシス)[14,15]、脂質ナノ粒子毒性[16]を含む他の疾患メカニズムはもっともらしいが、さらなる研究と検証が必要である。全体として、これらのワクチンはもはや実験的とはみなされず、「実験」は多くの医師や科学者が最初から予測した災害をもたらしました[17]ワクチン接種は中止されなければならず、その使用のすべての承認および承認は取り消されなければならない。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

9 − six =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。