新型コロナウイルス

Fワクチン:5ヶ月でマイナス効果だけでなく免疫を破壊する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
痛烈なコメントです。
 
 
@KamiMasahiro·
日本のコロナ研究は、途上国の収奪機構そっくりです。多忙な医師・看護師に面倒な報告書を提出させ、感染研と御用学者が独占し、彼らの都合のよいデータを、お手盛りで発表する。メディアは提灯記事を書き、国会も問題視しない。国民は不幸だが、関係者だけは利益を得る。二流国家ですね
 

NEJM誌の新しい研究によると、ファイザー社のワクチンの効果は、5ヶ月でマイナス(逆効果)になるだけでなく、自然感染によって得られた免疫による防御を破壊してしまうことが明らかになった。

Image

『ワクチン未接種の子供の間で再感染する以前の有効性 』左は感染だけで、右は感染した後にファイザーワクチン接種。右では青の線(デルタに対する保護)が急激に下がっています。これは自然免疫の消去を引き起こしていることを表わしています。つまり、ワクチンを接種すると以前に持っていた免疫を失ってしまうということです。

本文から引用:青い線は、ワクチン接種を受け、以前に感染した人々のデルタバリアントに対する保護であり、7ヶ月以内に急な勾配でゼロに当たることに注意してください。次に、チャートCの青い線を見て、以前に感染し、ワクチン接種を受けていないデルタに対する保護です。それも衰退しつつあるが、はるかにゆっくりとしており、8ヶ月後も50%以上と非常にポジティブな領域にある。同じことが、初期の変種(緑色の線)に対する自然免疫についても言え、ゆっくりと衰え、16ヶ月後も陽性のままである。なぜ自然免疫はワクチン接種を受けていない人々にとって保護的であり続けるのに対し、ワクチン接種された人々では、たとえ自然免疫があっても彼らの「保護」は否定的になるのですか?

Covidワクチンは自然免疫を破壊する、NEJM研究New England Journal of Medicine(NEJM)

JCVI、安全上の懸念から子どもにワクチンを接種することに対して政府に助言

New England Journal of Medicine(NEJM)に掲載された新しい研究では、ファイザーCovidワクチンの有効性が5ヶ月以内に陰性になる(ワクチン接種を受けた人はワクチン接種を受けていない人よりも感染する可能性が高いことを意味する)だけでなく、ワクチンは自然免疫からの保護を破壊することを示しています。

図表Aでは、11月と12月にそれぞれ予防接種を受けた子供を表す緑と青の線が、最初の注射から5ヶ月以内に急激な勾配で負の領域にゼロを通過することに注意してください。研究者がおそらくデータを持っていたので、なぜグリーンラインが4月を超えて継続されないのかは不明ですが、示されていることから、ワクチンの有効性は負の領域まで深く低下し続けるように見えます。

ゼロを通過してマイナスに至る。これはつまり、非接種者よりも感染しやすくなっていることを表わしています。

図表Bでは、赤と青の両方の線(ワクチン接種を受けており、赤:それぞれ以前に感染しており、青:以前に感染していない子供を表す)が、ワクチン接種後5ヶ月以内に急な勾配で再びゼロを通過することがわかります。ワクチンの効果は5ヶ月で失われるということです。そして感染しやすくなっている。

さらに引用します:ワクチンが数ヶ月後に否定的な「保護」を与えるだけでなく(保護されなくなり)、自然免疫によって提供されるはずの保護を破壊することも示唆しているため、非常に憂慮すべきことです。ワクチン接種を受けていない人は以前の感染からの保護を維持しますが、ワクチン接種を受けた人は以前に感染していても負の効果で終わります。これは、ワクチンが人の自然免疫を破壊し、彼または彼女が以前よりも感染に対してより脆弱になるように見えることを意味します。

筆者注:この論文は査読を通すために、本文の内容とは違う結論を持ってきているように思います。

奇妙なことに、新しい研究の著者は、彼らの憂慮すべき発見に注意を喚起することができません。代わりに、彼らはワクチンが「オミクロン感染に対してかなりの免疫を与えることが判明した」と結論付けている – たとえ高い防御が数週間しか続かず、数ヶ月以内に陰性であったとしても。彼らはまた、「ワクチン接種と以前の感染によって与えられたオミクロン感染に対する防御の急速な低下は、ブースターワクチン接種のサポートを提供する」と結論付けている – あたかも人々が本当に必要としているのはこれらの注射のほうが多いかのように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下に全文を貼り付けます。

New England Journal of Medicine(NEJM)に掲載された新しい研究では、ファイザーCovidワクチンの有効性が5ヶ月以内に陰性になる(ワクチン接種を受けた人はワクチン接種を受けていない人よりも感染する可能性が高いことを意味する)だけでなく、ワクチンは自然免疫からの保護を破壊することを示しています。

この研究は、ノースカロライナ州の5歳から11歳の887,193人の子供を対象とした大規模な観察研究で、そのうち273,157人(30.8%)が2021年11月1日から2022年6月3日までにファイザーのワクチンを少なくとも1回接種しました。この研究には、2020年3月11日から2022年6月3日までに報告された193,346件のSARS-CoV-2感染が含まれています。

研究者らは、交絡因子(基礎となる状態など)を調整した統計モデリングの一形態を使用して、時間の経過とともに、さまざまなCovidバリアントに対するワクチンの有効性の推定値を計算しました。

調査結果は、以下のチャートに示されています。図表Aでは、11月と12月にそれぞれ予防接種を受けた子供を表す緑と青の線が、最初の注射から5ヶ月以内に急激な勾配で負の領域にゼロを通過することに注意してください。研究者がおそらくデータを持っていたので、なぜグリーンラインが4月を超えて継続されないのかは不明ですが、示されていることから、ワクチンの有効性は負の領域まで深く低下し続けるように見えます。

図表Bでは、赤と青の両方の線(ワクチン接種を受けており、それぞれ以前に感染しており、以前に感染していない子供を表す)が、ワクチン接種後5ヶ月以内に急な勾配で再びゼロを通過することがわかります。以前の感染から自然免疫を持っているワクチン接種を受けた人も負の効果を見るという事実は、自然免疫を持つ人々がそれを持たない人よりも感染しやすいとは思わないので、驚きです。

チャートCとDは、自然免疫のこの憂慮すべき消去を引き起こしているのはワクチンであることを示唆しています。図表Dは、ワクチン接種者における前回の感染からの自然免疫の有効性を示す。青い線は、ワクチン接種を受け、以前に感染した人々のデルタバリアントに対する保護であり、7ヶ月以内に急な勾配でゼロに当たることに注意してください。次に、チャートCの青い線を見て、以前に感染し、ワクチン接種を受けていないデルタに対する保護です。それも衰退しつつあるが、はるかにゆっくりとしており、8ヶ月後も50%以上と非常にポジティブな領域にある。同じことが、初期の変種(緑色の線)に対する自然免疫についても言え、ゆっくりと衰え、16ヶ月後も陽性のままである。なぜ自然免疫はワクチン接種を受けていない人々にとって保護的であり続けるのに対し、ワクチン接種された人々では、たとえ自然免疫があっても彼らの「保護」は否定的になるのですか?

これは、ワクチンが数ヶ月後に否定的な「保護」を与えるだけでなく、自然免疫によって提供されるはずの保護を破壊することも示唆しているため、非常に憂慮すべきことです。ワクチン接種を受けていない人は以前の感染からの保護を維持しますが、ワクチン接種を受けた人は以前に感染していても負の効果で終わります。これは、ワクチンが人の自然免疫を破壊し、彼または彼女が以前よりも感染に対してより脆弱になるように見えることを意味します。

この新しい発見は、Covidワクチンが免疫系に及ぼす影響について、科学者の間で高まる懸念を増大させます。マウスでの最近の研究では、ファイザーのようなmRNAワクチンが他の病原体に対する免疫系応答を阻害することが判明しました。その研究(まだ査読されていない)では、犯人はワクチン中のmRNAを運ぶ脂質ナノ粒子(LNP)であるように見えました:「mRNA-LNPまたはLNPのみへの事前曝露は適応免疫応答の長期阻害につながることがわかりました。

別のプレプリント研究では、ファイザーのワクチンが「自然免疫応答の阻害」を含む「自然免疫応答の複雑な機能的リプログラミングを誘導する」ことが判明しました。

奇妙なことに、新しい研究の著者は、彼らの憂慮すべき発見に注意を喚起することができません。代わりに、彼らはワクチンが「オミクロン感染に対してかなりの免疫を与えることが判明した」と結論付けている – たとえ高い防御が数週間しか続かず、数ヶ月以内に陰性であったとしても。彼らはまた、「ワクチン接種と以前の感染によって与えられたオミクロン感染に対する防御の急速な低下は、ブースターワクチン接種のサポートを提供する」と結論付けている – あたかも人々が本当に必要としているのはこれらの注射のほうが多いかのように。

しかし、この研究の調査結果はそれ自体を物語っており、彼らは非常に懸念しています。mRNAワクチン技術を市場に投入するのは間違いであり、ワクチンは使用せず、その効果と安全性プロファイルの全範囲がはるかによく理解されるまで研究段階に戻す必要があることがますます明らかになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

9 + seventeen =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。