新型コロナウイルス

東北有志医師の会:後藤医師からの訴え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナワクチン緊急警告です!

3回目、4回目接種は、本当に危険です。免疫低下が固定され、身体が元に戻らない可能性があります。

東北有志医師の会代表  後藤 均 医師

2022年9月8日(木)放送分、9月9日(金)再放送分

エフエムたいはく「新型コロナ みなさんこれ知ってますか」書き起こし

「当会代表 後藤医師より 緊急発信! 3」

聞き手(MC=野田紀子氏、以下M)皆さんおはようございます。「新型コロナ みなさん これ知ってますか?」の時間になりました。この時間は 東北有志医師の会の皆さん お医者さんだったり看護師さん 薬剤師さん いろんな方に発信していただいています。今日は その会の代表でいらっしゃいます 後藤均先生が 絶対に言いたいということで 前回、前々回とお話しいただいて その続きになります。

(※前々回:緊急発信1「子どもに打たせないで!当会代表 後藤医師より」

(※前回:緊急発信2「【危険!】オミクロンBA1用ワクチン:日本人が最初の人体実験です」

後藤医師(以下G)はい。今までの話をまとめると この9月から5歳~11歳の子どもの(新型コロナ)ワクチンの接種が努力義務に変わったと。でも そのように変わったからといって 皆さん(子どもに)打ち急いではいけませんよ!ということです。(子どもへの接種率の)全国平均が20%ぐらいなので (子どもへの)接種を控えている方が多いのは確かなんですが ただこの東北地方は(子どもへの)接種率が非常に高くて 東北の人間がいなくなっちゃうんじゃないかと 

僕は心配しています。(この新型コロナワクチンは)非常に危険なワクチンです。しかも今打たれているワクチンは 今の(流行っている)オミクロン株には全く効きません。逆に打てば打つほど (新型コロナに)感染しやすくなってしまいます。これに関しては 東北有志医師の会のホームページや ニコニコ動画に載せている 先日行った 東京理科大学の村上(康文)先生、(北海道大学の)駒野(宏人)先生との対談の動画がありますので 

ぜひそちらをご覧になって(考えていただき)、(新型コロナワクチンを)打たないようにしていただきたいと思います。ヨーロッパなど世界では 子ども達に対しては 重症化リスクがある人たちにだけ接種を勧めているだけであって 日本のように努力義務などにはしていません。日本だけです、こんなことをしようとしているのは。とんでもない国だと思います。

今まで(新型コロナ)ワクチン接種を(積極的に)勧めてきたイスラエルでさえも (新型コロナ)ワクチン接種後の死亡者が激増したために 現在接種を中止しているようです。(新型コロナ)ワクチン接種をしなかったハイチでは (新型コロナ流行時の)最初のころは死亡者も出ましたが 今では(新型コロナの)感染者も少なく パンデミックは終了しています。(新型コロナ)ワクチン接種を続ける限り この感染者の激増は止まらないと思います。

早く(新型コロナワクチン接種を)止めて 今までの生活を取り戻したいということです。そのためにも 子どもたちには打ってほしくないです。

それから (これから接種が始まる)オミクロンBA.1対応のワクチンですが これが良くないという理由が二つあります。まず オミクロン対応のワクチンを打つと 非常に親和性の(※なじみやすい、くっつきやすい)の高い 抗原抗体反応が(たくさん)起きてしまうんです。その(たくさんの)抗原抗体反応(抗原抗体複合体)が 横繫がりにつながって 非常に大きな塊となり それが血栓の核になってしまうんです。人間の体の99.9%は毛細血管なんです。

毛細血管というのは赤血球がやっと通れるくらいの太さしかないので そんなところに抗原抗体反応(抗原抗体複合体)が(集まって)巨大な塊になると血栓の核になり 毛細血管に血栓ができてしまうんです。そうするとそれが 心筋梗塞や脳梗塞の原因になってしまいます。(※下画像(1)参照。緊急座談会動画第2弾「オミクロン型対応ワクチンをすすめない理由」より)

M はい

G 以前の オミクロン対応でない(新型コロナ)ワクチンでも 同じようなこと(血栓形成)が起きていたんです。ただ それが一過性に起こって 脳梗塞や心筋梗塞に一過性になっても 血栓が流れてしまって終わったというケースもあって 「そういえば (新型コロナワクチンを)打った後入院したんだけど すぐ良くなりました」という患者さんもうちにもいらっしゃいました。でも 今回のオミクロン対応ワクチンは それ(血栓形成反応)がさらに強力になります。だから心筋梗塞や脳梗塞が起きやすくなるのではないかと思います。

M もう・・・危険極まりないですね。

G 危険極まりないです。あと、オミクロン株は(スパイク蛋白に)変異が多いために (オミクロン対応ワクチン接種によって作られる)抗体が反応しないんですよ。(※上画像(2)参照)

M よくテレビなんかでもやってますけど (スパイク蛋白と抗体が)ガチッとくっつくあれが?

G あれがうまくいかないんです。(オミクロン型コロナのスパイク蛋白には)武漢型コロナのスパイク蛋白と似ている所があって それに対しては(オミクロン対応ワクチン接種によって作られた)抗体がくっつくんですが その部分は実は (新型コロナウイルスの)感染を増強させてしまうところなんです。これによって (オミクロン対応型ワクチンを接種することで)逆に感染が悪化してしまうという危険性が非常に高いんです。

M (オミクロン対応型)ワクチンを打つことによって逆に?

G (オミクロン対応型)ワクチンを打って(そのあと)オミクロン株に感染した場合、悪化してしまう可能性があるということです。

M あらーー・・・。

G また、オミクロンのスパイク蛋白が(抗体が効ききらないために)中和されずに(無毒化されずに)残りますが、スパイク蛋白そのものの毒性というものもありますから それによる障害が起こる可能性もあります。

M はい。

G よく言われているのが (新型コロナの)スパイク蛋白が ACE2受容体を通して細胞に入っていくんですが その時に細胞が機能障害を起こすんです。(中でも)ミトコンドリアが障害を起こすと言われています。ミトコンドリアというのは細胞のエネルギーを産生するところなんです。ですからミトコンドリアが障害されて死んでしまったら 細胞そのものが死んでしまいます。そうなれば人間は病気になります。

M はい。

G ミトコンドリアって すごく重要なんです。人間の体重の10%あると言われています。ですから50kgの体重の人なら ミトコンドリアは5kgあるんです。顕微鏡で見ないと見えないレベルのものですがそんなにたくさんあるんです。

M 細胞の中には必ずあるんですよね。

G そうです。それで生きているわけですから。それがスパイク蛋白で障害されるんです。全身が障害されます。

M そうですか。

G また 今回の(新型コロナ)ワクチンの中に入っている(スパイク蛋白を作るための)遺伝子(mRNA)の数が40兆ぐらいと言われています。

M ・・・いやその40兆って・・・。だって(人間の体の)細胞の数が・・・。

G 36兆個です。それを超えているんです。

M えーー・・・

G それだけの数のmRNAが入っているんです。とんでもないです。何が起こるかわからないです。(その遺伝子が)全部働いたらどうなるのってことです。で その遺伝子が LNP(脂質ナノ粒子)というものに包まれて(注射されるんですが)最初は「筋肉に注射されるから筋肉のところだけ(にとどまって)そこで抗原抗体反応を起こすんだ」と言われていたんですが 実際は(LNPは)全身に行っています。全身の細胞(臓器)に行っています。

肝臓、脾臓、卵巣、血管 そういったところにバーっと広がるんです。(※LNPの中に遺伝子が入っているので、LNPの分布さえ見ればどこに拡散しているかがわかります。)

M あー・・・。

G 最初のころ ファイザーでやられた動物実験の結果が たまたま全世界に公表されてしまったものがあるんですが それによると(接種後の遺伝子の分布を)48時間後まで見ているんですが 卵巣にまで行っています。肝臓、脾臓、副腎、そういったところに随時広がって細胞に入っていくんです。そして(細胞の中で作られた)スパイク蛋白が 細胞の表面に突起を出すんです。で そのスパイク蛋白に対して (体の中で作られた)抗体が来るわけです。

(外から入ってきた=感染した)新型コロナウイルスに対して 抗体が働いてやっつけてくれれば良いんですが (新型コロナワクチンを打つと)体の細胞の中から(ワクチン遺伝子によって作られた)スパイク蛋白が突出するわけです。それに対して抗体が来て (スパイク蛋白を出している)自分の細胞を攻撃してしまうんです。

M はい。

G スパイク蛋白に対する中和抗体が体で作られて そのスパイク蛋白に引っ付くんです。それに対して(それを目印にして)キラーT細胞というのが出てきて (これは危険なものだと判断して)その細胞ごと全部食べてしまうんです。そういったことが(新型コロナワクチンを打つと)全身で起こってしまうんです。(新型コロナ)ワクチンを打って (mRNAが)全身に広がり、細胞の一つ一つで スパイク蛋白が産生される。そのスパイク蛋白は細胞の表面に露出して あたかも(自分の細胞なのに)コロナウイルスのような形になるんです。

M なるほど。

G それに対して 抗体が作られて、でもその抗体は(外から来た新型コロナ)ウイルス(のスパイク蛋白)に対して働いてくれればいいんですが 自分の細胞から出ているスパイク蛋白にも反応してしまうんです。

M あー。

G そうするとそこに キラーT細胞がやってきて (スパイク蛋白を出している)自分の細胞を 「異物だ」といって(誤認して)細胞ごと全部食べちゃうんです。

M 自分の細胞を食べちゃうんですね。

G そういったことが全身で起こる ということは 全身で炎症反応が起こるということです。臓器であれば肝臓とか卵巣とか副腎とか。全てのところでそういったことが起きてしまうんです。でも人間の体というのはちゃんと そういった体の中の炎症が起こらないように抑制する働きもあるんです。全身でそんな炎症が起きてしまったら死んでしまいますから 起きないように免疫系が抑制する方向に働くわけです。

それが「免疫抑制」なんですけど (抗体の中の)IgG4というものがあって これが働くと免疫が働かなくなって体の炎症は落ち着きます。でもそうすると今度 免疫系が働かなくなります。(全身の炎症反応を抑制しようとして)膨大な量のIgG4が産生されてしまい そうすると全身の免疫反応が低下するんです。

M あー。

G そうすると 何か違うほかの菌に感染したり 今 帯状疱疹が増えているというのも そういうことですし、癌の進行も抑制できなくなります。あと自己免疫疾患が起きてきます。何回も(新型コロナワクチンを)接種すればするほど 体の中では予想をはるかに超えた事態が起きてきてしまうので これは本当に 何回も打っちゃいけないものなんです。

これは「Science」という権威のある科学雑誌にも出たことで「新型コロナワクチンを3回受けた人は オミクロン株にかかっても免疫はできないので またすぐに感染してしまう」ということなんです。こういったことを見れば いま日本がやっている (新型コロナワクチンを)何回も接種させるという政策は 意味がないだけじゃなくて、有害だということです。即刻止めなければいけないです、この(新型コロナ)ワクチン事業は。ファイザーのためにやっている事業ですから これは。

M ファイザーのためですね。お金をアメリカに渡すためのものです。でも人間の命がかかっているのにそんなことをやっているなんてね。

G 国というのは国民の命を守る事がその役割なのに そうじゃないということです。この(新型コロナ)ワクチン事業をやっているということ自体。それに皆さん 気が付いてほしいということです。国民の80%は 2回以上打っている。60%はもう、3回目を打ちましたと。(でも)何回も接種することで 免疫反応が壊れてしまうんです。

M はい・・・。

G そして今度は (新型コロナ)ワクチンを打った人が (新型コロナ)ウイルスのターゲットになってしまってるんです。今起きているの(感染爆発)は (新型コロナ)ワクチンを打った人だけ感染しているんです。ワクチンを打っていない人ではなく 打った人の方が感染しやすいので(新型コロナ)ウイルスは そっちを選んで感染するんです。

M なるほど。(新型コロナ)ウイルスにとっては (新型コロナワクチンを)打った人の方が感染させやすいんですものね。

G (新型コロナ)ワクチン接種者が (新型コロナウイルス)陽性者を増やしているんです。

M そうですね・・・。(テレビとかの新型コロナ陽性者の)発表の中で 昔は「(新型コロナ)ワクチンを打っていませんでした」とかね、そういうことを言っていたのに 今全く言わないじゃないですか。ということは (新型コロナ)ワクチンを打っている人がかかっているんだなあって私も思っていました。

G そうなんです。そして国は 感染者に(新型コロナワクチンを)何回接種したかとか未接種かとかを聞くのを止める という方針を出そうとして SNSなんかで炎上して 一旦それは撤回していますけど 国はそういうことも考えているんですよ。「(新型コロナワクチンを)接種したとかしないとかを区別しない」とかね。ついこないだ(厚労省のデータの)捏造問題もありましたし。

M そうですね。

G 本当に どこまでひどいのって感じです。ここまでひどくなってしまったのは 戦後初めてじゃないですかね。ここまで露骨に外国資本に乗っ取られて (外国に)言われるがままに行動しているというのは。本当に開いた口が塞がらないというか。

M (新型コロナワクチンは)特例承認だから 「(接種した後)結果に対しては(製薬会社は)責任を負わない」という約束をした上での契約なんですものね。

G 呆れてしまいます。

とにかく もうこれ以上(新型コロナ)ワクチンは打たない ということ。

打てば自分の体(の状態)がどんどん悪化しますよ ということ。

そして 子どもにはもちろん打ってはいけない ということです。

新しいオミクロン対応ワクチンは 本当に(日本人は)実験台ですし、(打てば)逆にいろいろな症状が出て悪化したり 癌が出たり 自己免疫疾患になったりする危険性が非常に高いので 打つのは絶対に止めてください! ということです。

M そうですね。打てば打つほど そういうことが起こりやすくなってしまうんですよね。

G そういった事がもう証明されたんです。論文にも出ましたから。

M うーん・・・。東京理科大学の村上先生ですね。

G (村上康文先生は 免疫学の)日本の第一人者なんです。東北出身なので非常に親身になって 僕たちと一緒に動画を作ってくれたりしているんですけど、非常に真摯な態度で この危険性を訴えている先生です。

M そうなんですね・・・。分かりました。では 本当に皆さん 後藤先生が 9月1日、9月5日 そして今日まとめのお話をしてくださいましたが 「自分の体は自分で守る」 これが一番大事な事です。そういった意味で 「(新型コロナワクチン接種を)拒否する」、そういったことは認められていますので (拒否するということは)とても大事な事だと思います。今日聞いていただいた皆さん 本当にありがとうございます。

ぜひ実践していただいて お友達とかにも拡めていただければと思います。勿論ご自分の子どもたちも守っていただいて ということですね。後藤先生 本当に思いを込めてお話しいただきました。ありがとうございました。今日はこの辺といたします。皆さん本当のお体を大事にしてください。今日もお聞きいただき ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

5 − four =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。