新型コロナウイルス

オミクロンワクチンは抗原原罪で有効性なしJP Sika Doctor

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2/4】ワクチン死亡と闇!なぜ1件認められたのか?|元厚労省医学博士が語る!

これまでの医学研究の常識から考えれば、これだけ死亡がでているのに接種を続けるのは狂気の沙汰。死亡一時金が認められた91歳女性について、基礎疾患がある。推測でしか言えないが、認定にかかる透明性はこれから問題になってくるだろう。この人または周囲にいる人は、政治的なプレッシャーを持てる人としか考えられない。政治的な圧力で決定された可能性がある。

ビオンテック社の抗原原罪論文 

科学雑誌『SCIENCE』に6月2日掲載論文:

Omicron BA.1のブースター感染は、保存されたエピトープに対する交差変異型中和および記憶B細胞形成を駆動する

Omicron BA.1 breakthrough infection drives cross-variant neutralization and memory B cell formation against conserved epitopes

ラストオーサーがウールシャイン(ビオンテックCEO)なので、ビオンテック社の公式見解と考えて良い。

ブレイクスルーインフェクション:ファイザーワクチンを打った後に感染した人の回復後血清を調べた。BA.1,BA.2までの変異株のすべてを中和する能力があるが、BA.4とBA.5に関しては中和する能力がほとんど無かった(6分の1)。その理由は、武漢型ワクチンによってすり込まれたメモリーB細胞が大量にあって、それが誘導されてしまうからだろうと。それはアルファ、デルタ、BA.1を中和したけど、その後のBA.5はあまり中和しない(6分の1)。

これを基にして、ビオンテックが言っているならアメリカはBA.5を打たなければダメだよと、FDAもそういう判断をするでしょう。6分の1と言っています。回復後血清を調べているんですね。シュードウイルスと言って増殖性のないウイルスを使っているんですが、

BA.1を1,029倍まで薄めても中和する。BA.1回復後血清だから、それ以前のデルタ、ベータ、アルファなんかも1,100倍、2,000倍薄めても中和するんです。武漢オリジナルの抗原原罪の原因株ですね。1,000倍、同じだけ中和するんだけど、この回復後血清はBA.5に関しては197倍までしか中和しなかった。6分の1です。このことが主題として載っているんです。

ファイザーが公式プレスリリースで発表しているのは、BA.1ワクチンを打って、BA.5の中和能力は3分の1だと言っていますね。でも回復後血清でやると6分の1。極めて乏しい中和能力しか有さない。だからBA.1に罹ってBA.5にまた罹ってしまうということでしょうね。

 

さらに精密に、ワクチンですり込まれたB細胞があると。フローサイトメトリーでB細胞が実際に何に反応するかというのを調べています。(青い○のところ)これは武漢型のB細胞で蛍光で光るようにしたもの。BA.1に反応するB細胞はそれ以前の株にも反応するB細胞で武漢にも反応する。だからBA.1単独のものではなくて、共通のB細胞が非常に増えているんだと。抗原原罪の証明ですね。ではBA.1単独のものはどれだけ増えているのか、

これがユニークなやり方で、武漢の抗原物質と発光物質を同時に混ぜて発光させると、武漢に対応するB細胞とBA.1に対応するものの全部が発光します。それから武漢型だけ単独に発光するものを流して、引き算すると、BA.1だけに発光するものを数えることが出来る。

数えてみるとBA.1単独のものはほとんど無い。shared武漢と共通の部分のB細胞が増えている。だから武漢型ワクチンで作られたB細胞プールですね、それがBA.1と共通な部分が増えていると。これで抗原原罪が確定です。BA.1単独のものはないのだからBA.5には効かない。BA.1ワクチンを打っても、それより前の抗原原罪が出てしまいますから、それより後の株には効かない。

それで考察なんですが、ワクチンを打った人はオミクロンBA.2までの共通のエピトープ、抗原決定部位に対して反応性があると。BA.4とBA.5では共通の抗原決定部位が失われていると。中和抗体結合部位に大きな変異があるから共通性がないと。BA.1、BA.2とは大きく違っている、これが原因です。この急激な変異を考えると、さらに今年の後半に2価ワクチンを打つ頃には、もっと変異して新しい株になっている可能性があると。

日本は全く効かないような中古を打つと言っている。ビオンテックのCEOがダメだというものを、買ってきて日本人に打つという。脇田さんはこれを読んで知っています。でも分科会では黙っていると思います。審議委員を騙してさらに国民も騙すということですね。効かないものを打たせると、何が起きるか。抗体が効かないから、免役抑制が強烈に現れて次の株が大増殖、さらなるパンデミックで別の株が出てくる。

おまけに2価ワクチンは初めてですね。2価ワクチンの治験ですよ。こんな恐ろしいことを国は推し進めようとしています。効かない2価ワクチンを打たないでいただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

5 × five =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。