新型コロナウイルス

英国政府が妊娠中・授乳中の接種を撤回していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何度も何度もしつこいくらいに、ワクチンの危険性を訴えてきました。世界中の研究者や医師たちが、論文やデータでワクチンの有害性を示すことに耐えられなくなったのか、米国CDCはシレッと『スパイクタンパクは数日のうちに分解される』という部分を気付かれないように削除していました。そして、今度は英国でも妊婦や授乳の項目を削除したそうです。河添恵子さんによるtwitterから紹介します。

英国政府は、妊娠中および授乳中の女性に対するワク使用の承認を、2年を経た今、静か~に撤回。安全を担保できないことを認めたってこと。 で、日本は自称「オミクロン用」の新ワクを国民に打たせる? ゲイツに恫喝された!?

Image

青で表示された該当部分は however, use in women of childbearing potential could be supported provided healthcare professionals are advised to rule out known or suspected pregnancy prior to vaccination. Women who are breastfeeding should also not be vaccinated. These judgements reflect the absence of data at the present time and do not reflect a specific finding of concern. 

Bing 翻訳すると

しかし、妊娠可能な女性への使用は、医療従事者がワクチン接種前に既知または疑いのある妊娠を除外するよう助言されれば、支援することができる。母乳育児中の女性も予防接種を受けるべきではありません。これらの判断は、現時点でのデータの不在を反映しており、特定の懸念の所見を反映していません。

『2年を経た今、静か~に撤回』と言っていますから、今まではワクチン接種推奨だったのでしょうね。

英国政府のwebページはここからGOV.UK

 

Decision

Summary of the Public Assessment Report for COVID-19 Vaccine Pfizer/BioNTech

一番下から4番目の項目Toxicity conclusionsの文中にあります。

日本の医師は、まだまだ安全だの、有効だのと言い続けています。

手を洗う人だったか、何を洗うのか分りませんが、毒性が明らかになって妊娠中と授乳中のワクチン使用の撤回。安全性に問題があるから撤回したのでしょうね。

Image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

14 + ten =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。