新型コロナウイルス

何回接種しても感染する人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
ネコ🐈🐈🐈
 
Replying to
おはよう御座います 今朝の新聞広告ファイザー

Image

『新型コロナワクチンはあなたの身体を守るだけでなく、かけがえのない人やともに過ごす時間など、いくつもの大切なものを守ることにつながります。』

これ、ほんまでっか? 接種したら最後で、スパイクは除去出来ません。あなたの免疫は抑制され、あらゆる感染症に罹りやすくなるとともに、日和見感染、血栓症、心筋炎、サイトカインストーム、自己免疫疾患、癌の急速な進行、数え切れない数の病気にかかります。

せっかく上手く行っているのに、そのようなことは言ってはいけません。欧州医薬品庁(EMA)の警告は無視しましょう。お医者さんにはどのような患者にも接種させるように言ってあります。これで利益を得るのは私たちファイザーです。国民の皆さんは、きれいな言葉とイメージ戦略で騙されましょう。

画像をクリック!

ファイザーのブーラCEOは、これほど素晴らしいmRNAワクチンを打っていないそうです。なぜ打たないかを考えれば、どういうものか分りますよね。

Reutersによると一度も接種していないとするのはデマだとしていますが、 本人の口からは打っていないと言っていますね。

このブーラCEOは、先週コロナに感染したそうです。トルドー首相(カナダ)、ファウチ(2回目)、バイデン大統領と世界中の悪党たちが、次々にコロナ感染しています。

ファイザーの会長もバイデン大統領夫人も次々とコロナに感染

 2022年8月19日 16:30  一体全体、どうなっているのでしょうか?コロナを予防するはずのワクチンですが、打っても打っても感染が止まらないようです。

 今週月曜日にはワクチンで大儲けをしているファイザーのブーラ会長兼CEOもコロナに感染したことをツイッターで明らかにしました。同じ日にはオースチン国防長官も2度目のコロナ感染を公表。

 そういえば、バイデン大統領も2度の感染でホワイトハウスに引きこもっていましたが、先週末からサウス・カロナイナ州のキアワ島で家族水入らずの休暇を楽しんでいるはずでした。ファーストレディのジル夫人、何かと物議を醸している息子のハンター・バイデン夫妻と孫娘も一緒です。

 ところが、ジル夫人は月曜日の夕刻から微熱が出たそうで、アメリカ史上71歳と最高齢のファーストレディであるため、コロナを疑い、抗原検査を受けました。すると2回とも陰性という結果だったとのこと。

 しかし、安心も束の間。PCR検査の結果は陽性でした。「すわ一大事」となり、緊急で経口薬のパックスロビッドの投与が始まったのです。今後少なくとも5日間は隔離になります。バイデン大統領は法案の署名式典のためホワイトハウスに1人で帰還しましたが、濃厚接触者ということで、今後10日間は室内でもマスク着用というルールに従わねばなりません。

 いずれにしても、アメリカの大統領夫妻が4回のワクチン接種を済ませているにもかかわらず、相次いでコロナに感染しているわけで、ワクチンの予防効果は限界があるということでしょう。

そして、無能の極みであるこの人も感染だそうです。

岸田首相 “新型コロナに感染確認” 政府発表

政府は岸田総理大臣が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。

内閣官房によりますと、岸田総理大臣は20日夜に微熱やせきなどの症状が出たため、21日午前10時に総理大臣公邸でPCR検査を受けたところ、午後4時に新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

岸田総理大臣は、公邸で療養していて、現在も微熱とせきの症状が続いているということです。

感染したとはいっても、重症化する例はなかったようですね。何故感染を防げないかについて、井上正康先生の解説です。

井上正康先生:感染者世界一・お風呂が危険!

オミクロンの感染力を考えると、大体10日でその集団の50%が感染しますから、もう日本に入ってから8ヶ月になりますので、ほぼ100%近い日本人が罹っている。しかも、オミクロンに関しては免疫がほとんど効きませんから、喉の粘膜に何回でも罹る。それが今年の1月にBA.1が波を作って、それが終わりかけた頃にBA.2が上書きして、波の下がり方の裾野が非常になだらかにだらだらと来て、そこにBA.5という感染力が1.数倍高いやつが上書きして今、第7波を作っている。

今、日本でPCRをやると、大体陽性率が75%になります。ということは、増やせば増やすほど75%の確率で陽性者がバーッと増えてきますが、これはPCRが陽性でも大半の人が症状がないということで、ウイルスの遺伝子の欠片を見つけてバカ騒ぎしている。しかもそれに、莫大な額の税金が使われている。こういうことを繰り返していると、本当に国の重要な皆さんの税金が無駄なことに、ドブに捨てられるような状況になっている。

国民が政府に向かって、もっと怒りをぶつけるべきではないかと思います。それと同時に、これだけ世界一マスクをしていても、感染世界一になっていることから、マスクは無意味であることは明らかなので、コロナが始まった2年前に、ヨーロッパの大規模比較試験でマスクは無意味であるということが論文としても確立されています。

また、今回オミクロンになりましたので、喉の粘膜に結合するために入り口も出口も口になります。そういう意味では、専門家がマスクが必要なんだとおっしゃってますが、旧型コロナに比べて60倍の感染力になっているんですね。この感染力はマスクでも何をやっても防げないというのが、現代医学の限界です。

井上正康先生解説:5類格下げ、サル痘男性でLGBTQか・誤解・デマから

オミクロン株は変異によって免疫を回避する力を強めている。そのために、これまでに流行したその他の株よりも感染者が多いが、変異によって致死性が低下した。オミクロンBA.2は肺で増殖しない。昨年の研究では、後遺症を経験する人は10~30%と推定されていた。症状の重いもの、例えば認知機能の低下とか、幻覚、慢性的な息切れから、特異なもの、長期的に続く味覚、嗅覚障害まで多岐にわたっている。

何故、回復してすっかり元気になる人や後遺症が起きる人がいるのか。ブレインフォグが続いたり、倦怠感に悩まされるのかは不明とされているが、これらは血栓症が本質の第5波までの話である。オミクロン時代には異なる病態を考える必要があることを、大半の専門家が理解していない。

第5波まではACE2標的型で血栓症を誘起しうる質の悪い風邪であったが、第6派のオミクロンでは非受容体型で静電結合が主体になっている。喉粘膜限局型の風邪コロナであるため、大半が軽症であり厚労省の改ざんデータを計算し直した結果、2回接種者の方が感染しやすい事実が判明しています。

この医師はこれらの事実を知らないか、無視して誤った誤情報を発信している。世界的にもBA.5の病原性が強まっているというエビデンスはない。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

one + 7 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。