新型コロナウイルス

ファイザーの契約文書が流出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2021.8.22【アフガン】バイデン政権はアフガン陥落シナリオを7月に知っていた?【及川幸久−BREAKING−】

軍需企業を潤わせるために長年にわたってアフガン戦線を維持、ついに米民間人や現地協力者を残して軍人達が撤退を開始

ツイッターデマを引用して脅す新聞

時期を問わずあれを勧めるという件

あれを勧める、とか、なにかの話、など理解不能だと思いますが、YouTubeの削除攻勢を避けるための対策だそうです。

厚労省がコロナ新検査を承認。PCR検査から新検査に移行。/犬房春彦(ルイ・パストゥール医学研究センター/医師・医学博士)

やっぱりというか、CDC(米国疾病予防センター)に右にならえ、でした。CDCは司令塔なのでしょうか。

PCR検査の精度が低いことと、インフルエンザとの区別が出来ないことが理由です。

そういえば『PCR検査の精度は高い』とか、『PCR陽性で無症状なら、後日必ず発症する』などと言っていた研究者がいましたね。今こそ出てきてコメントしてもらいたいですね。

国内においてPCR検査に問題があるという見解は、政府機関から何も出されていませんから、何故変更するのか釈明しなければなりません。

 

 

ファイザーとアルバニア(バルカン半島の国)の契約文書が流出しました。価格を除いて各国とも同じ内容であると推測できます。

とんでもない内容です。

ファイザーが国家に対して契約を強要する力があるはずもないので、前回紹介したDSからの指示なのでしょう。

DSはファイザーの売り上げから分け前をぶんどるのか。

確かにこれだけのグローバル企業、有力な投資家、有名人のネットワークから指示されたら、断れる国は一つもないでしょうね。

トランプ大統領が誰と戦っていたのか、が分かります。法律をねじ曲げ、選挙の不正もやりたい放題、ばれると証拠の隠滅も軽くやってのける、裁判所も政治家も逆らえない、SNSを駆使して反対派のアカウントを削除、メディアは都合の良いニュースだけを大々的に報道し、世界中の国民を誘導していく。

これだけのことを出来るのは、世界中の富を収奪した巨大ネットワークだけです。この連中がディープステイトDSのメンバー

昔は多国籍企業 ⇒ 国際金融資本 ⇒ ディープステイト :

 

 

元記事は英語です。翻訳しながら読んで下さい

ファイザーリーク:ファイザー製造と供給契約を公開します エーデン@T.ME/EH_DEN

なぜ#Ivermectinが抑圧されたのか疑問に思っていたのであれば、それは各国がファイザーと交わした合意が彼らの契約を逃れることを許さないからです。

ファイザーは、任意の推定納期に従って用量を提供しなかった場合、責任を負わないものとします。また、そのような失敗は、購入者に製品の任意の数量の注文をキャンセルする権利を与える必要はありません。

もう一度:「いかなる状況下でも、ファイザーは遅い配達の罰則の対象となるか、または責任を負いません。

何があっても製品を返品することはできません:「

ファイザーは、いかなる状況でも、製品(または任意の用量)のリターンを受け入れません。いかなる場合でも、製品返品は行われないです。

長期的な影響と効率性:”

購入者は認めます.ワクチンの長期的な効果と有効性は現在知られておらず、現在知られていないワクチンの悪影響がある可能性があります。

 

report24に分かりやすい解説があります。

秘密ファイザー契約が流出:リスクや責任、usurious価格など  report24

TwitterユーザーEhdenの探偵の仕事のおかげで、ファイザーとアルバニアとブラジルの国々との間の秘密契約は7月27日に明るみに出ました。コンテンツは最悪の恐怖を確認します。usurious価格、それぞれの人口の損害に対する不道徳な合意、および長年の機密保持条項。アルバニア条約は2021年1月にすでに調査ジャーナリストによって発掘されたが、世界中の主流メディアによって無視された。

ウィリー・フーバーによる分析

  • メーカーは一度も責任を負いません
  • 訴訟の費用と結果は納税者が負担する
  • 配達の遅れは何の影響も持たない
  • 返品と返品は除外されます。
  • 長期的な結果、副作用、死亡は納税者の問題です
  • 最終承認が認めなければ、損害賠償は除外されます。
  • 国内法はファイザーにとって事実上の意味を持たない
  • 購入義務(代替案がある場合でも)
  • そして、より多くの不道徳な怪物..

国による価格の違い:アルバニアは投与量1回あたり12ドル、イスラエルは62ドル、米国19.5ドル、(日本は?)

競合製品や効果的な薬を市場から締め出す?

特に浸透しているのは、バイヤーがCovid-19を治療または治癒できる他の薬物または有効成分がファイザーとの契約状況を変更できないことに同意した後の通路です。国際的なコメンテーターは、この一節は、イベルメクチンや他の証明された効果的な薬物に対する恐ろしいキャンペーンを説明する効果的な薬物や治療法を市場から締め出すことを約束すると考えています。この慣行は、世界中の何十万人もの人々の命を犠牲にした可能性があります。

何が起ころうとも、納税者は責任を負い、支払う

すべての損害、エラー、結果に対して、買い手、納税者は例外なく責任を負います。法的紛争が誰に提出されたかに関係なく、被験者が臨床試験で苦しんだ苦しみの補償を受けたいかどうか、重大な副作用の被害者がファイザー/ビオンテックに損害賠償を訴えるかどうか、パッケージリーフレットが間違っているかどうか、したがって、どのような経過、どのような結果、ファイザー/ビオンテックが自分自身を与えるか、ファイザー/ビオンテックによって抱き合われるかどうか。常に例外なく、このための法案を支払うの納税者です。ファイザー/ビオンテックが会社が所有していない特許を乗っ取った場合、納税者は知的財産が盗まれた特許の賠償金を支払う必要があります。

 

分かりにくい場合はこちらも参照して下さい

 

 

競合する製品が後から出てきたとしても、ファイザーの購入義務は継続する

納期が遅れても、ファイザーは責任を負わない、キャンセルも返品も返金も出来ない

短期、中期、長期に渡る副作用で後遺症または死亡した場合でも、如何なる健康被害が起こっても、納税者が責任を負う

ファイザーは相手国の国内法に縛られることはない

すべての損失と結果は、納税者の責任である

ワクチンの長期的な効果と有効性は現在知られておらず、現在知られていないワクチンの悪影響がある可能性がある

 

日本でも、このような契約をしていると思われます。

これでもファイザーが良い、という人がいるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

5 × 2 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。