新型コロナウイルス

ワクチン接種で多種類に及ぶ疾患の進行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクチン接種により癌が急速に進行することは、多くの報告がありました。これは免疫を抑制するためにT細胞・自然免疫系が機能しないことによると説明されてきました。しかしそれだけではなく、様々な種類の疾患を誘発している可能性があります。

FOX全米報道 ついに権威が立ち上がった MITからの重大警告 マサチューセッツ工科大学 ステファニーセネフ博士 mRNAワクチンの被害は壊滅的 将来 重度のパーキンソン病を引き起こす Laura Ingraham|米FOX News Channel twitterから

ワクチンを腕に注射した後、筋肉細胞は非常に不安になる。彼らは大群を引き連れてきた。つまり免疫細胞の大群はワクチンを吸収する。免疫細胞はナノ粒子を吸収し、スパイクタンパク質を作り始める。ナノ粒子の基本的な機能は、大量のスパイクタンパク質を素早く作ること。スパイクタンパク質はウイルスの中で最も毒性の強い部分である。免疫細胞は不穏状態になり、リンパ系に突入するが、最終的に脾臓に到達する。

そこで抗体を作るのが目的である。このように設計されているので、最終的に脾臓に到達することが目標である。その後大量のスパイクタンパク質が産生されて免役応答を引き起こし、続いてB細胞による抗体産生が起こる。しかし、問題は脾臓にある胚中心はパーキンソン病が発生する中心的な場所である。そして他の多くの神経変性疾患の原因にもなることが懸念されている。

パーキンソン病については、それが上手く説明されている。つまり、腸の感染によってプリオンに似たタンパク質が発生し、免疫細胞はそのタンパク質を脾臓や胚中心に運び、エクソソームを放出し始める。放出された小さな脂質粒子は、有毒なタンパク質を放出し、迷走神経を通って脳に運ばれる。これはパーキンソン病研究で周知された内容で、それをモデルにした。私の考えでは、この設計はまるで・・・・途中で終わり

ワクチン接種を避けるため、精一杯のことをすべきだ。

ワクチンがアルツハイマーやプリオン病等の変性疾患を増大させる ニコニコ

マサチューセッツ工科大学:MIT ステファニー・セネフ博士

あなたはmRNAのこの技術を調べられて、その長期にわたる潜在的な結果に注目するなら、これらのワクチンはどのような疾患を引き起こし得ると思いますか?

時には、ただ疾患を悪化させます。もし、パーキンソン病を患っているなら、ワクチン接種後に非常に悪化します。ほとんどはすでに存在するものの悪化です。そして疑う余地なく、癌の発症率がとても高いです。癌及び神経変性疾患やパーキンソン病、ALS(ルー・ゲーリック病:筋萎縮性側索硬化症)の進行率のスピードを上げます。クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)と、おそらくは多発性硬化症もです。

加えて当然、血液に関するあらゆる問題、つまり血栓症と出血です。さらに血栓症の結果で、凝血の排出である肺塞栓症です。また、あらゆる心臓の問題です。特に心筋炎ですが、心不全と脳卒中もです。肝臓も攻撃します。従って肝臓及び心臓、血液、脳です。それらが主なものだと思います。もちろん、癌やあらゆる原因による感染のリスクの増大もです。

多くの人々がワクチン接種後に帯状疱疹や、また、恐らく潜伏感染が活性化されることによってベル麻痺も発症します。

昨年の記事でプリオン病について言及していました。まず、プリオンとは何かを説明頂けますか?

これはとても興味深いです。私は長い間、プリオンに大いに興味を持ってきました。それらについてかなりの知識があります。covidの前から十分な情報を得ていました。これはタンパク質に基づく興味深い感染の種類です。プルシナーがタンパク質だけで疾患を、特に感染性のものを引き起こし得ると発表したことで、ノーベル賞を受賞しました。プリオンタンパク質を元凶とするのが、プリオン病です。

他のプリオンタイプのタンパク質が現れ、同じ問題を引き起こします。これらは血管に入り、血液脳関門を通過し、脳細胞に辿り着きます。それらが破壊していく小さな点が見られます。それは細胞に入り、それを感染するプリオンです。ある瞬間に細胞に侵入し、細胞を感染させ、プラークを形成します。この赤いシミがプラークの形成です。

これは細胞の膜であり、上がるか入る、これらの小さい赤いものは徐々にこのプラークを形成して、そして反対側から出て細胞に入ります。成長する赤いものが見えます。これは増殖するプリオンの蓄積で形成されるプラークです。したがって1つが入ると、さらに他のものが結合し、βシートの形でこのプラークを構築します。その後、さらに大きくなるべく、その構成に他のタンパク質が結合します。そして増殖し、蓄積し続けて、最終的にその小さい糸であるβアミロイド繊維を得ます。

それらは認識するのが少し難しいですが、それらの赤い糸が見えますか? 細胞の外で蓄積され、そして最終的には結合して、プラークの広い領域を形成します。そうして、脳がこのβアミロイドのプラークで満たされるのです。

これらはアルツハイマー病の特長です。輪の中にあるものはアミロイドのプラークです。

これらは長い時間かけて成長していくと想像していますが、そうですか?通常それは、

そうです、長年にわたって生成されていくものです。実は私がパーキンソン病を専門にしているのは、母がパーキンソン病で亡くなったからです。その疾患にとても興味がありました。

しばしば、腸における奇妙なタンパク質から発症することが、資料によって裏付けられてきました。プリオンタンパク質に似たプリオンタイプのタンパク質を生成する病原体です。これは誤った形で折りたたまれ、このような問題を引き起こし得ることを意味します。そして免疫細胞が、そのプリオンタイプのタンパク質をもって脾臓に運びます。

そうすると防衛するべく抗体を生成し始めようとします。ですが、その量が多すぎるとエクソソームとして放出され、神経繊維をたどって、特に迷走神経から脳まで移動します。それが脳に辿り着くと脳細胞が感染し、プリオンタイプのミスフォールディング(正常ではない折りたたみ)を蓄積します。症状が出る遙か前に、体内に排出できない状態の多くのミスフォールドしたタンパク質を有し得ます。

ワクチンがRNAを変容させ、私の見解では、それにより物事が深刻になります。何故ならコドン最適化と呼ばれるものが行われたからです。それは、コドンが入れ替えられたことを意味します。本来のウイルスは特定のRNA配列があり、彼らはそれを把握していました。そこで彼らは異なることをすると決めたのです。急速に多くのタンパク質を生成させることを確保するのに、より適したことをすると決め、またそのやり方も知っていました。

科学に与えられた途方もない能力のために、身体がワクチンのせいで自然のウイルスを有するよりも、より多くの深刻な病状とプリオンを発生させるのでしょうか?

私に言わせれば、それ以上です。免疫細胞は実際、ワクチンが運ぶmRNAの粒子を認識します。ウイルスはACE2受容体を有していないので認識しません。したがって、ワクチンによって感染させられると、スパイクタンパク質の生成を止めることが出来ません。パニック状態になり、リンパ系へ赴き脾臓からリンパ節へ移動し、迷走神経に辿り着き、脳や心臓、肝臓、腸にまで移動します。

そしてスパイクタンパク質を運んでいるので、問題を引き起こします。さらには、スパイクタンパク質を生成するmRNAが、それらのエクソソームの中に潜在的に存在しており、それをすべての重要な臓器に提供します。スパイクタンパク質がたどり着くと害をもたらします。そのようにして、心臓や脳、肝臓の問題が引き起こされます。

アルツハイマー病やパーキンソン病、プリオンタイプの疾患の増加を目にするでしょうか?それが問題ですか?

もちろん!疑う余地はほぼありません。その個人的な話を共有してくれる、多くの人のメールを受けていますが、信じられないことでした。パーキンソン病やALS、またプリオンの疾患であるクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)について語っています。リュック・モンタニエは査読を受けていない、あるプレプリント記事の著者の1人でした。

2回目の接種から約1ヶ月後に、人々に一貫した形で現れたクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の16の症例がありました。

これは発症するまで長い時間がかかる疾患であるはずなのに、数日間で生じています。リュック・モンタニエはこのことにとても集中していました。非常に衝撃的です。

彼はワクチンのことで非常に憤りを感じていました。彼は正しかったのです。神経変性疾患のことを懸念していたと思います。彼の話はもっともでした。

あなたはこのcovidパンデミックにおいて、グリホサート(害虫や雑草を駆除するアミノ酸系除草剤:健康被害が言われている)も何らかの役割を果たしたと思いますか?

もちろんです。証拠はとても明らかであり、また、疫学的な側面からも分析しうると思います。なぜなら、その栽培に大量のグリホサートを利用しており、その国民がかなり晒されているアメリカやヨーロッパ、ブラジルのような国はcovidを制御するのに大変な困難に直面していることを確認出来るからです。私が心配しているもう一つのことは、バイオ燃料に含まれるグリホサートです。

それはcovidに大きく寄与している可能性があると思います。何故なら、今やグリホサートは、エタノールのようなバイオ燃料が利用される街の大気中に存在しているからです。アメリカではガソリンに10%のエタノールが含まれており、石油の消費を減少させるべく、その割合を15%に増加するように求めると大統領が発表したばかりです。

エタノールにはグリホサートが含まれており、それが大気中に至り、人々が呼吸すると思うのでとても心配です。

グリホサートは疾患や持病に影響していますか?

疑いなくその通りです。細胞のためにエネルギーを生成するミトコンドリアに、深刻な影響を与えると思います。免疫細胞が十分なエネルギーを得られないと、ウイルスと戦うことが出来ません。

グリホサートが特別な形で、ワクチンと双方向に関与していると思いますか?

そうではないかと疑っています。恐らく同じ問題が存在するということを。covidにより深刻な障害を負う傾向のある人々が、ワクチンの深刻な害を負う傾向もあるという可能性があります。そしてどちらの場合も、グリホサートへの過剰な暴露による可能性があると思います。

解決策は何でしょうか?当然ワクチンや追加接種をやめなければなりません。まだそう出来る今、拒否してください。2度と受けないでください。この問題を前にして、私たちの身体を強化するために何が出来ますか?

まず、100%有機認定の食事を取り入れることだと思います。スーパーで買い物をする際に、有機認定のシールを探してください。遺伝子組み換えしていないだけでは、十分ではありません。グリホサートで最も汚染されている食品の一部は、遺伝子組み替えされていないものです。ひよこ豆、オーツ麦、小麦のように。

パンや小麦が遺伝子組み換えされてないのは、ずるい手だと人々に告げています。小麦が遺伝子組み換えされてないのを見ると、喜ぶからです。

小麦が収穫された後、茎が街に運ばれ、バイオ燃料と化します。したがってバイオ燃料にもグリホサートがあります。私は太陽が大好きです。さらにサングラスも日よけ止めも利用せず、日に当たるべきだと思います。太陽の光は非常に治癒力があります。ビタミンDだけではなく、とても重要です。重篤なcovidにより死亡した人々の90%はビタミンDが不足していたことを裏付ける研究があります。

私はエプソムソルトの入浴が好きです。というのも、肌に硫酸塩が浸透するからです。人々の多くはグリホサートが、その身体の硫黄のレベルに混乱を引き起こし、有毒と化し、受け付けなくなるため、硫酸塩に対する過敏症の問題を抱えています。硫黄が含まれていない食料を摂取すると、硫酸塩不足の体系的な問題を抱えます。現在、私たちの社会が直面している多くの疾患の元は、硫酸塩の不足であると思います。

そしてこれは、細胞の廃棄物を処理する能力の欠如と関連しています。そこでプリオンの問題が現れます。何故なら、硫酸塩不足のせいであり得る、リソソームの機能不全が起こる場合、ミスフォールドしたプリオンのタンパク質を処理出来ないからです。生殖のことも懸念しています。私たちの本ではこれにあまり触れていませんが、私たちの記事に含まれていると思います。

これらのワクチンは生殖系に害を与え、子供たちに不妊症を引き起こす可能性があります。特にワクチン接種者において行われていることは、大変危険だと思います。人口に著しい減少が起こると予測しています。もし彼らの目的が人々を滅ぼすこと、人口を削減することであるなら、遺憾ながら、それは機能するでしょう。

論文:『sars-cov-2のmRNAによる自然免疫の排除』G4、エクソソーム、マイクロRNAの役割

Stephanie Seneff 1Greg Nigh 2Anthony M Kyriakopoulos 3Peter A McCullough 4

大変長文のため、一部のみを紹介します。

ハイライト

•mRNAワクチンは、SARS-CoV-2スパイクタンパク質の持続的な合成を促進する。
•スパイクタンパク質は神経毒性があり、DNA修復機構を損なう。
•I型インターフェロン応答の抑制は、自然免疫の障害をもたらす。
•mRNAワクチンは、感染症やがんのリスクを高める可能性があります。
•コドン最適化は、予測不可能な複雑な効果を有するGリッチmRNAをもたらす。

12. ギランバレー症候群および神経学的傷害症候群

GBSは、長期間持続する罹患率および死亡の有意なリスクに関連する急性炎症性脱髄神経障害である(Cr é ange、2000)。この疾患は、炎症誘発性サイトカインの放出に関連する神経に対する自己免疫攻撃を伴う。

GBSは、スルファチドおよび他のスフィンゴ脂質に対する自己抗体としばしば関連している (Ilyas et al., 1991)。活性化T細胞はマクロファージによる抗原提示に応答してサイトカインを産生し、これらのサイトカインはエピトープ拡散を介して自己抗体産生を誘導することができる(Vanderlugt and Miller、2002)。抗体は、今度は補体活性化を誘導し、脱髄および軸索損傷を引き起こし、末梢ニューロンに重度の傷害をもたらす(Kuwahara and Kusunoki、2018)。

SARS-CoV-2スパイク糖タンパク質は、スルファチドの硫酸化ガラクトースに似た硫酸化アミノ糖複合体であるヘパラン硫酸に結合することが示されている(Kalra and Kandimalla、2021)。したがって、スパイク糖タンパク質もスルファチドに結合し、これがスパイク-糖タンパク質-スルファチド複合体に対する免疫反応を引き起こす可能性があると考えられる。

前のセクションで説明したように、IRF9の抑制による肝臓におけるスルファチド合成の障害は、時間の経過とともに全身性スルファチド欠乏症につながる。スルファチド欠乏症は、脳および神経系に大きな影響を与える可能性がある。ミエリン鞘に見られるガラクト脂質の20% はスルファチドである。スルファチドは神経系の主要成分であり、末梢および中枢神経系の両方のミエリン鞘に特に高濃度で見出される。

スルファチドの欠乏は、GBSの一般的な症状である筋肉の衰弱、振戦、および運動失調(Honke、2013)につながる可能性がある。脳内のミクログリアおよびアストロサイトによって媒介される慢性神経炎症は、脳スルファチドの劇的な喪失をもたらし、スルファチドの脳欠乏症はアルツハイマー病の主要な特徴である(Qiu et al., 2021)。セラミドからスルファチドを合成する能力に欠陥を有するマウスは、加齢とともに軸索の健康を維持する能力の障害を示す。

時間が経つにつれて、それらは冗長で非圧縮で退化したミエリン鞘を発達させるだけでなく、軸索内のRanvierの節で構造を悪化させ、機能的に有能な軸索接合部の喪失を引き起こす(Marcus et al., 2006)。

アンジオテンシンII(Ang II)は、心血管疾患に対するその深い影響に加えて、神経変性疾患につながる脳内の炎症においても役割を果たす (Lanz. et al., 2010)。SARS-CoV-2スパイク糖タンパク質は、SARS-CoVには見られない独特のフューリン切断部位を含み、これにより、細胞外酵素フューリンがスパイク糖タンパク質のS1セグメントを剥離し、循環に放出することができる(Letarov et al., 2021)。S1はマウスにおいて血液脳関門を通過することが示されている(Rhea et al., 2021)。

S1は、ACE2受容体に結合する受容体結合ドメインを含み、それらを無効にする。ACE2受容体シグナル伝達が低下すると、Ang II合成が増加する。脳内のニューロンは、スパイク糖タンパク質含有エキソソームまたはワクチン中のナノ粒子を取り込んだスパイク糖タンパク質産生細胞から放出されたS1によって破壊されやすいACE2受容体を有する。Ang IIはミクログリアにおけるTLR4媒介シグナル伝達を増強し、ミクログリア活性化を誘導し、脳内の傍脳室核内で組織損傷につながる活性酸素種の産生を増加させる(Rodriguez-Perez et al., 2015)。

Ang IIのレベルの上昇は、視神経の神経変性の原因因子であり、視神経炎を引き起こし、重度の不可逆的な視覚喪失をもたらし得る(Guo et al., 2017)。複数の症例報告では、COVID-19のmRNAワクチン接種直後に現れる視神経障害の症例が記載されている(Maleki、2021;Barone et al., 2021).他の衰弱性神経学的状態もワクチン接種の直後に現れており、因果関係が疑われる。

COVID-19ワクチン接種後の神経学的症状を追跡するヨーロッパを拠点とするケーススタディでは、ワクチン接種後11日以内に発症する21人の症例が確認されました。症例は、脳静脈洞血栓症、神経系脱髄疾患、炎症性末梢神経障害筋炎筋無力症、大脳辺縁性脳炎、巨細胞性動脈炎を含む多様な診断を受けた(Kaulen et al., 2021)。Khayat-Khoei et al. (2021)は、24歳から64歳までの7人の患者の症例シリーズを記載しており、1回目または2回目のmRNAワクチン接種から21日以内に脱髄疾患を呈している。4人は(制御された)MSの既往歴があり、3人は以前に健康であった。

難聴や耳鳴りもCOVID-19のよく知られた副作用です。ケーススタディには、難聴、前庭機能障害、耳鳴りなどの聴覚前庭症状に苦しんだ一連の10人のCOVID-19患者が含まれていました(Jeong et al., 2021)。著者らは、ヒトの内耳組織がACE2、フューリン、および膜貫通プロテアーゼセリン2(TMPRSS2)を発現し、ウイルスの侵入を促進することを実証した。彼らはまた、SARS-CoV-2が特定のヒト内耳細胞型に感染し得ることも示した。

SARS-CoV-2ウイルスが耳に感染する可能性を評価する別の研究では、マウスの中耳および内耳における受容体ACE2および酵素フューリンおよびTM-PRSS2の様々なタイプの細胞の発現を特異的に調べた。その結果、ACE2とフューリンが「耳管、中耳腔、蝸牛にびまん性に存在し、これらの組織がSARS-CoV-2感染を受けやすいことが示唆された」。(浦中ら, 2021).耳鳴りは高血圧と正の関連があり、これはAng IIのレベルの上昇によって誘発される(Rodrigues Figueiredo et al., 2016)。

頭痛は、COVID-19 mRNAワクチンに対する非常に一般的な副作用であり、特にすでに頭痛の影響を受けやすい人々にとって顕著です。171人の参加者を対象としたアンケートに基づく研究では、頭痛の発生率は最初のワクチン接種後に20.5%であり、2回目のワクチン接種後に45.6%に上昇したことが判明した(Sekiguchi et al., 2021)。ケーススタディでは、2回目のファイザー/BioNtech mRNAワクチン(Consoli et al., 2021)に続いて11日間続く衰弱性片頭痛発作に苦しむ37歳の女性が記載されました。

ステロイドは、片頭痛を治療するための補助療法としてしばしば使用される(Huang et al., 2013)。デキサメタゾンおよび他のステロイドは、ステロイド受容体を介して肝臓のPPAR-α受容体を刺激し、したがってIRF9抑制の効果を相殺する(Lemberger et al., 1994)。片頭痛の起源の理論は、脳幹、主に三叉神経細胞における感覚入力の変化した処理を含む(Dodick and Silberstein、2006)。

三叉神経は脳幹の迷走神経に近接しているため、スパイク糖タンパク質を運ぶエキソソームは迷走神経経路に沿って容易に到達することができます。磁気共鳴画像法は、異常な微細構造および脱髄を反映する三叉神経の構造変化が、頻繁な片頭痛に苦しむ人々の特徴的な特徴であることを明らかにした(Mungoven et al., 2020)。SARS-CoV-2感染またはmRNAワクチン接種のいずれかに関連する潜在的な因子は、ACE2受容体のSARS-CoV-2スパイク糖タンパク質阻害による脳幹における過剰なレベルのAng IIである。

ACE阻害剤およびAng II受容体アンタゴニストは、適応外片頭痛を治療するための一般的な薬物となっている(Tronvik et al., 2003;ナンダとシン、2012)。したがって、片頭痛は、スパイク糖タンパク質によるACE2受容体の破壊と、ミクログリア炎症反応およびスルファチドの喪失による重要な顔面神経を覆うミエリン鞘の破壊の両方から生じる可能性がある。そのスパイク糖タンパク質の供給源は、外因性または内因性のいずれかであり得る。

13. ベルの麻痺

ベル麻痺は、片側性顔面麻痺を引き起こす一般的な頭蓋神経障害である。第III相臨床試験においても、ベル麻痺が際立っており、プラセボ群の1例のみと比較して、治療群に7例が現れた(FDA、2021a;FDA, 2021b).文献で報告されたケーススタディには、ワクチン接種後1日で左腕に衰弱を発症し、腕のしびれやうずき、その後の数日間にわたってベル麻痺の症状に進行した36歳の男性が関わっています。ベル麻痺の一般的な原因は、天才神経節を中心とする単純ヘルペスウイルス感染の再活性化である(Eviston et al., 2015)。これは、次に、I型IFNシグナリングの中断によって引き起こされる可能性がある。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

20 + eight =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。