新型コロナウイルス

カナダ:コロナ死亡者の92%がワクチン接種者だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

共産主義トルドーは、彼の政府が4人組/3回のワクチン接種がカナダ全土のCOVID死亡者の92%を占めていることを明らかにした後、パニックに陥る

カナダ政府が発表した最新の公式統計によると、ワクチン接種を受けた人口は現在、カナダ全土のCovid-19死亡の92%を占めており、これらの死亡のほぼ半分がワクチン接種人口の4倍に記録されています。

カナダ:2022年6月6日~6月19日 左から感染者数、入院数、接種による死亡。緑は未接種者、赤は1回以上接種者。圧倒的にワクチン接種者の感染、入院、死亡が多いことが分かります。


接触を失わないようにしましょう…あなたの政府とビッグテックは、自分たちのニーズを満たすために、The Exposéによって報告された情報を積極的に検閲しようとしています。今すぐ購読して、最新の無修正ニュースを受信トレイに受信してください。.

電報でエクスポゼの公式チャンネルをフォローする 詳細はこちら 電報ディスカッショングループの会話に参加 詳細はこちら


カナダ政府は毎日Covid-19疫学の最新情報を作成し、Covid-19の症例、入院、死亡に関する新しいデータを散発的に提供しています。

次の表は、7月15日の更新から取られ、 詳細はこちら 、 2022年6月12日までの予防接種状況別の症例数、入院数、死亡数を示しています。

残念なことに、カナダ政府は、2020年12月14日までさかのぼる症例、入院、死亡の集計を提供することで、国民を欺こうとしています。

これにより、カナダの人口のわずか0.3%が完全に予防接種を受けたと見なされた2021年1月に発生した大きな波を含めることができます。

しかし、「Wayback Machine」のおかげで、カナダ政府が以前に発表したレポートを見て、ワクチン接種状況によってCovid-19を取り巻く現在の状況を解明するために、簡単な計算を自分で行うことができます。

以下の表は、2022年6月下旬に発表された報告書から抜粋したもので、2020年12月14日から2022年6月5日までのワクチン接種状況別の症例数、入院数、死亡数を示しています。

さて、カナダでのCovid-19症例、入院、死亡の最新の波を誰が説明しているのかを推測するために簡単な減算を行うだけで、これらは結果です…

Covid-19症例

次の表は、2022年6月6日から6月19日までの予防接種状況別のカナダ全土のCovid-19症例数を示しています。

カナダ:2022年6月6日~6月19日 左から緑:未接種者、赤:1回以上接種者、ピンク:Quadruple 4回接種。

最新の数字は、6月6日から19日の間に20,842人のCovid-19症例があり、ワクチン接種された人口はそのうちの19,405人を占め、4倍の予防接種を受けた人口のうち13,987人の症例があったことを示しています。

これは、ワクチン接種を受けていない人口がCovid-19症例のわずか7%を占めていたのに対し、ワクチン接種を受けた人口は93%を占め、そのうちの72%が4倍のジャブの1つであったことを意味します。

Covid-19入院

次の表は、2022年6月6日から6月19日までのカナダ全土のCovid-19入院数を予防接種状況別に示しています。

最新の数字は、6月6日から19日の間に1,377件のCovid-19入院があり、ワクチン接種を受けた人口はそのうちの1,168人を占め、ワクチン接種を受けた人口の4人のうち764人が入院したことを示しています。

これは、ワクチン接種を受けていない人口がCovid-19入院のわずか15%を占めていたのに対し、ワクチン接種を受けた人口は85%を占め、そのうちの65%が4倍のジャブの1つであったことを意味します。

Covid-19による死亡

次のチャートは、2022年6月6日から6月19日までのカナダ全土のCovid-19死亡者数を予防接種状況別に示しています。

カナダ:2022年6月6日~6月19日 緑:未接種者、赤:1回以上接種者、橙:3回接種者、ピンク:4回接種者。

ワクチン接種者による死亡が際立っています。それに対して未接種者の死亡はごくわずかです。

最新の数字は、6月6日から19日の間に661人のCovid-19死亡があり、ワクチン接種を受けた人口がそれらの死亡の609人を占め、4倍のワクチン接種人口の中で265人が死亡し、3倍の予防接種を受けた人口の中で274人が死亡したことを示しています。

これは、ワクチン接種を受けていない人口がCovid-19の死亡のわずか8%を占めていたのに対し、ワクチン接種を受けた人口は92%を占め、その44%が4倍のジャブ、45%がトリプルジャブの1つであったことを意味します。

大規模なブースターキャンペーンとカナダ政府が必死にそれを隠そうとしているにもかかわらず、少しの時間、努力、簡単な計算により、2022年6月6日から19日の間に、Covid-19症例10例中9例、入院、死亡が完全にワクチン接種された人口の間で記録され、それらの大多数は3倍または4倍のジャブの中にあったことが明らかになりました。

カナダ:2022年6月6日~6月19日 感染者に占める接種者の割合は93%で未接種は7%、入院に占める接種者の割合は85%で未接種は15%、コロナ死に占める接種者の割合は92%で未接種者は8%。

前回のイギリスでは、コロナ死亡の94%が1回以上接種者で占められており、未接種者は6%でした。今回カナダのコロナ死亡では92%が1回以上接種者で占められており、未接種者は8%です。

これらのことから、ワクチン接種をすると感染、入院、死亡の危険性が上がってしまうということです。日本においても、どんなに政府や行政が接種を勧めても、接種しないことが一番の防御方法となります。オミクロンの感染力は強いものの、上気道に限局した粘膜感染です。

繰り返しますが、オミクロン株は受容体非依存性感染で、ACE2受容体に結合したデルタ株までとは違い、上気道粘膜に感染するものです。幸いに重症化する危険はほとんどありませんので、葛根湯、のど飴、うがい、手洗い、鼻うがいで予防出来ます。

これらは、感染、入院、死亡に対して95%有効であると言われているCovid-19注射のために私たちが見るべき数字ではありません。

カナダのジャスティン・”共産主義者”トルドー首相が、Covid-19注射の繰り返し投与を受けるよう求められたときにカナダ人に名乗り出るよう促すことで、本当にビー玉を失ったことを示しているだけです。

なぜでしょうか。

狂気の定義は、同じことを何度も繰り返し、異なる結果を期待することだからです。

問題は、何人のカナダ人が「ビー玉を失った」のかということです。これらの数字は、あなたがより多くのジャブを持っていることを示唆しているので、Covid-19ウイルスにさらされた場合、入院したり命を落としたりする可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

3 × 1 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。