新型コロナウイルス

英国:コロナ死亡者の94%がワクチン接種者だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクチンに効果がないことが分ってきました。接種しないことが医者の倫理です。

患者を死なせてまで、儲けることが必要ですか?

Image

英国では新型コロナで死亡した内の94%がワクチン接種者だった。またワクチン接種後死亡者のうち90%は何と3回接種済者だった。ワクチン接種の回数を重ねると死亡しやすくなっている。1回、2回接種より3回接種の方が死亡者数がはるかに多いこと。欧米のワクチン成分と日本の成分で違いはないと思いますから、日本の将来がこうなってしまうという状況を表わしていると思います。毒性の強いものを連続して接種していますから、身体が受けるダメージは大きくなることが考えられます。一方未接種者では、当初感染者が多かったのが減少しています。

これがワクチン接種をするとどうなるか? という問いに対する答えになります。こうなると感染予防効果も何も関係ないことが分るでしょう。

ボリスの辞任に気を取られている間、英国知事は静かに、ワクチン接種が4月以降のすべてのCOVID-19死亡者の94%を占め、その90%がトリプル/クワッドループルジャブドであったことを確認する報告書を発表した。

ボリス・ジョンソン首相が辞任を発表する数時間前に英国政府が静かに発表した報告書は、Covid-19の死亡が過去数ヶ月間に英国の3倍のワクチン接種人口の間で劇的に増加した一方で、ワクチン接種を受けていない人口の間で劇的に減少したことを明らかにしています。

最新の数字によると、イングランドのワクチン接種人口は、4月と5月のCovid-19による全死亡者の94%を占め、これらの死亡の90%はワクチン接種を受けた人口の3倍/4倍でした。


接触を失わないようにしましょう…あなたの政府とビッグテックは、自分たちのニーズを満たすために、The Exposéによって報告された情報を積極的に検閲しようとしています。今すぐ購読して、最新の無修正ニュースを受信トレイに受信してください。.


7月7日、イギリスのボリス・ジョンソン首相は辞任を表明した。それ以来、英国の主流メディアは、その発表に関する24時間年中無休のニュースと、誰が彼を置き換えることができるかについての憶測で公衆の注意をそらしてきました。

このような時こそ、悪いニュースが、あまり注目されないことを願って、背後で静かに公表されているのを見るべきなのであり、ボリスが辞任を発表する数時間前に、彼の政府は、過去数ヶ月間にイギリスのワクチン接種を受けた人々にとって、事態がひどいものだったことを証明する新しいデータを公表した。

2022年3月、英国保健安全保障局は、2022年4月1日から、英国でのCovid-19症例、入院、死亡の予防接種状況を公表しないと発表しました。

当時、UKHSAは、これは英国政府が無料の普遍的なCovid-19検査を終了したため、これが「ワクチン接種状況によってCovid-19症例を堅牢に監視する能力」に影響を与えたためであると主張しました。

しかし、これは嘘でした。

英国保健安全保障局(Health Security Agency)は、ワクチン接種を受けた人口が莫大な免疫系の損傷に苦しんでいることを明確に示しており、10万人あたりの症例数、入院率、死亡率がワクチン接種を受けた人口の中で最も高いことを明らかに示していたため、データの公開を停止する言い訳を数ヶ月間探していました。

次のチャートは、2022年の3週目、7週目、13週目のUKHSAワクチンサーベイランスレポートにおける、イングランドのトリプルワクチン接種人口における現実世界のCovid-19ワクチンの有効性を示しています。

これはファイザーが主張する95%の有効性に近くありませんでしたか?

しかし今、UKHSAが嘘をついていたことを証明する証拠と、ボリス・ジョンソンの辞任をめぐる現在の主流メディアの嵐は、単なる気晴らしにすぎないという証拠が、我々は持っている。

これは、国家統計局(ONS)として知られる別の英国政府機関が、ワクチン接種状況別の死亡に関するデータを公表したばかりであるためです。

ONSの最新のデータセットは「ワクチン接種状況による死亡、イングランド、2021年1月1日~2022年5月31日」と題されており、ONSのサイトからアクセスでき、こちらからダウンロードできます。

最新のデータセットの表1には、すべての原因による死亡、Covid-19に関連する死亡、およびCovid-19を含まない死亡の予防接種状況別の死亡率に関する数値が含まれています。そして、UKHSAがもはや数字を確実に報告できないと主張した2022年4月の初め以来、Covid-19で死亡したすべての人の予防接種状況を確認することができるのはここです。

ONSが2022年4月の数字をどのように提示するかは次のとおりです。

2022年4月と5月の両方にONSから提供された数字を採取し、2022年4月1日から5月31日までの英国でのワクチン接種状況によるCovid-19死亡者数を示す次のチャートを作成しました。

ONSによると、この2ヶ月間に合計4,935人のCovid-19死亡があり、ワクチン接種を受けた人口はそれらの死亡のうち衝撃的な4,647人を占めました。しかし、さらに衝撃的なのは、トリプルワクチン接種者がこれらの死亡の4,216人を占め、ワクチン接種を受けていない人口の中で記録された死亡はわずか288人であるということです。

2022年3月、UKHSA Week 13 Vaccine Surveillance Reportによると、ワクチン接種を受けていない人々の間で陽性反応が出てから60日以内に321人のCovid-19が死亡しました。

これは、2ヶ月(4月と5月)にワクチン接種を受けていない人々の死亡が3月全体よりも33人少なかったことを意味します。

残念なことに、ワクチン接種を受けた人口、特にトリプルワクチン接種者には逆のことが当てはまります。2ヶ月間にワクチン接種を受けた人のうち911人が死亡し、トリプルワクチン接種者で1,161人が死亡した。

これは、ワクチン接種を受けていない人々の死亡が劇的に減少したことを意味しますが、UKHSAがもはやデータを確実に公開できないと主張して以来、ワクチン接種を受けた人口の間で大幅に増加しました。

次のグラフは、ボリス・ジョンソンの辞任の数時間前に公開された最新のONSデータセットによると、2022年4月1日から5月31日までの英国におけるワクチン接種状況によるCovid-19死亡者の割合を示しています。

静かに公表された数字は、ワクチン接種を受けた人口全体が2022年4月と5月にCovid-19の全死亡の衝撃的な94%を占め、ワクチン接種を受けていない人がCovid-19の全死亡のわずか6%を占めていたことを示しています。しかし、ここで最も恐ろしい統計は、ワクチン接種を受けた人々の死亡の90%が、少なくとも3回のCovid-19注射を受けた人々の間で行われたということです。

しかし、英国の多くの人々は春以来、Covid-19注射の4回目の投与を受けており、カナダ政府の最新のデータから判断すると、これらの死亡者の多くは実際にワクチン接種を受けた4倍の1人である可能性があります。

最新のカナダ政府の数字によると、6月6日から12日の間に521人のCovid-19死亡があり、そのうち485人が予防接種を受けた人口を占め、4倍の予防接種を受けた人口の中で242人が死亡し、2022年6月の第2週に予防接種を受けた人のCovid-19死亡の50%を占めました。

これらは、Covid-19注射が本当に死亡を防ぐのに最大95%効果的であるかどうか、あなたが見ることを期待する種類の数字ではありませんか?

ボリス・ジョンソンの英国首相辞任に気を取られている間、英国政府は、以前には持っていないと主張していたデータを含む報告書を発表の数時間前に静かに発表し、ワクチン接種者が現在イングランドのCovid-19死亡の94%を占めており、それらの死亡の90%がトリプルワクチン接種の1つであることを確認しました。

このようなニュースが主流メディアによって敷物の下に押し流されているので、今後数週間で他に何を隠そうとするのだろうかと疑問に思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

twenty + twelve =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。