新型コロナウイルス

東北有志医師の会から、ワクチンの問題点総括

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「不都合な真実」後藤均医師

「仙台市医師会報 Rapport Saloon」に東北有志医師の会代表 後藤均医師が寄稿し、掲載されました。

皆様にもぜひ知っていただきたい「不都合な真実」。

どうかご一読いただき、周りの方へもお伝えください。


 

 新型コロナパンデミックと言われていますが、そもそもそんなに危険な感染症なのでしょうか。パンデミックの根拠はPCR検査です。このPCR検査結果は本当に正しいのでしょうか。PCR検査は微量の遺伝子を増幅して検出する検査で、この増幅回数をCt値と言い、Ct値を高くすれば当然「陽性者」は増えます。Ct値は検査器や国によって異なり、英45以下、仏40〜45以下、日本40〜45以下、米37〜40以下、台湾35以下、スウェーデン35以下、中国37以下とさまざまです。

現在日本の行っているCt値では感染力のないウイルスでも陽性として評価されます。実際、新型コロナに感染して自宅待機期間終了後にPCR検査の必要性を仙台市保健所に確認すると、「死んだウイルスでも陽性に出るので検査の必要はない」との返事でした。保健所もそれを把握しているのです。健康な無症状者を大量にスクリーニングし、意図的にCt値を高い設定にすることで、陽性者が多く存在するように見せかけたパンデミックなのです。

 今行われている “ワクチン” は「ウイルスに感染するのが怖いので、ウイルスの遺伝子を体に入れ、ウイルスの毒性タンパクを自分の体内で量産させよう」という実験です。そもそもWHOがパンデミック宣言し緊急承認されたものです。これまでの “ワクチン” とは違う、人類始まって以来、「健康な人」に初めて使用される “遺伝子ワクチン” なのです。

治験なのですから、“ワクチン” の安全性と危険性、メリットとデメリットを漏らさず十分に市民に説明し、理解してもらうことが接種の必要条件なはずです。アメリカFDAが敗訴して公開されたファイザーの資料には、1,291種もの深刻な副作用(総数1,135,000件)が報告されていました。また2020年12月から2月までの3カ月間で、63カ国から42,086件の副反応が報告され1,223件の死亡例(“ワクチン” 接種35人に1人が死亡したことになる)、後遺症を残した520例も報告されました。こうした事実を市民に周知する必要があります。

 このmRNA “ワクチン” は、ウリジンが1-メチルシュードウリジンへの化学修飾を受けていて、どれだけの期間分解されずに体内にとどまるか不明なのです。長期間残存して大量のスパイクタンパクを生産し続ける可能性が指摘され、mRNA “ワクチン” が実験上6時間で逆転写されたことも証明されました。ゲノムに取り込まれた場合、その後一生スパイクタンパクを生産し続けるかもしれませんし、がんを促進することにもなりかねません。

このスパイクタンパクが単独でACE2受容体を低下させ、その結果ミトコンドリア機能を阻害することにより、血管内皮細胞を障害するということをソーク研究所が明らかにしています。

 妊婦に対してこの “ワクチン” は努力義務となっています。筋注された脂質ナノ粒子は、卵巣にも高濃度で蓄積することが報告されています。スパイクタンパクが卵巣で発現した場合、抗スパイクタンパクが卵巣を標的に攻撃しはじめます。スパイクタンパクがACE2受容体の発現を低下させてミトコンドリアの機能不全につながります。スパイクタンパクそのものも卵巣、精巣、子宮、胎盤で損傷を起こすことも予想されます。“ワクチン” によって複数の臓器に異なった機構で損傷を起こすことになりかねません。

New England Journal of Medicine(NEJM)の妊婦に対する “ワクチン” の安全性の論文では、12.6%の流産率で通常流産率と変わりないとの報告でした。しかし827名中700名が妊娠後期で、20週未満の127名に限ると82%の流産率であったことをトロント大学Bernstein医師が指摘しました。さらにニュージーランドの研究者らが論文を再解析し、流産率は報告された7〜8倍であることを示しました。これを受けて、NEJMは12.6%という数字を撤回しました。

 現在、5〜11歳の小児に対しての接種が進められています。子どもは新型コロナに感染しても重症化せず、よほどの基礎疾患がなければ問題ありません。2022年3月18日時点までに10代の子ども7名が “ワクチン” 接種直後に亡くなり、その頻度は0.0043%で、10代の子どもが新型コロナ感染症で亡くなった頻度0.00036%より10倍以上も高いことを名古屋大学小児科小島勢二名誉教授が明らかにしました。

そもそも通称『武漢株』に対する “ワクチン” がオミクロンに効果がないことは世界のデータからも一目瞭然です。「抗原原罪」で変異株には対応しにくくなっているのです。デンマーク保健当局の責任者は、子どもたちに “ワクチン” 接種したことが誤りであったことを認めています。効果が見込めないどころか、妊婦に対する危険性もある “ワクチン” を、将来ある子どもたちに接種して果たしていいのでしょうか。

(ごとう整形外科手外科クリニック院長 後藤均医師)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタンドFM:インターネットラジオ

番外編 エフエムたいはくin東北有志医師 29回 HPVワクチン 画像をクリック

連続で自動再生されるようです。

番外編 エフエムたいはくin 東北有志医師 27回 世界のコロナ事情

東北医師有志の会HP

新型コロナワクチンの問題点総括

新型コロナワクチン、何が問題なのか?

五箇医師がラジオ出演で語りました。

子どものワクチン接種事業中止や、仙台市役所のホームページ改善の要望書提出にも、仙台市役所へ赴いた五箇医師。仙台市役所の煮え切らない回答について、市へ電話をしました。

その報告の前に、まずは新型コロナワクチン、一体「何が問題なのか」おさらいをします。

2022年7月25日(月)放送分、7月26(火)-27日(水)再放送分

エフエムたいはく「新型コロナ みなさんこれ知ってますか」より書き起こし

聞き手(MC=野田紀子氏。以下M)皆さんおはようございます。「新型コロナ みなさんこれ知ってますか」の時間です。今日はまた新しい内容でお送りします。今日からお話しいただく 東北有志医師の会の先生は 五箇猛一先生です。宜しくお願いいたします。

五箇医師(以下G)はい 宜しくお願いします。

M 早速なんですが先生 (東北有志医師の会として)仙台市に対していろいろ要望したり これについてどうなんだと質問したりということがあるということなんですが。

G はい。まず事のいきさつというのをご説明します。今年5月の24日に(注: 正しくは5月25日) 東北有志医師の会数名で仙台市役所に訪問しました。訪問した趣旨としては 仙台市役所のホームページ内に「新型コロナワクチンについて知ろう!」というページがあって その内容というのが まあネットでも話題にもなったんですが あまりにも科学的な事実と反している、間違いが多すぎると。これでは仙台市民に誤った印象を植え付けてしまうので これを是正してくださいという要望書を出しに 仙台市役所に訪問したんです。

M そうなんですね。

G (仙台市から)なかなか(要望書に対する)回答が来なかったんですけど ひと月ぐらいしてから 回答として送られてきたのが(ホームページの)内容は一切変えないと。しかもそこにリンクが貼ってあって 注意書きみたいになっていて、厚労省の怪しげなデータとか、日本産婦人科学会の「ワクチンを推奨します」みたいな 嘘の上に嘘を塗り固めるような回答が返ってきたので。 これでは駄目だということで 7月11日に僕は仙台市役所のワクチン推進室というところに電話をしまして どういうつもりなのかというのを聞いてみたんですけど。

まずそのお話はあとにするとして、まずそもそもとして この新型コロナワクチンの問題点というのは何なのだというのを 総括してお話します。

まず時間をさかのぼって 日本で新型コロナワクチン接種事業が始まる前に (すでに)世界からこんなワクチンは危ないんではないかという問題提起がいくつかありました。

まず第一(の問題)は (この新型コロナウイルスは)RNAウイルスだ ということなんです。

M あーそれは私もマスコミで言っているので知っています。

G そうですね。そもそもDNAもRNAも 遺伝子と呼ばれる 塩基と呼ばれるものが鎖みたいに配列しているものなんですが DNAとRNAの決定的な違いはなにかというと DNAは二本鎖なのに対して、RNAは一本鎖なんです。

M ああそうなんですね。それは初めて知りました。

G そしてDNAが複製されるときは 二本が四本になるわけですよね。

M 成長とかするときに 分裂して増えていくんですよね。

G 二本が四本になる時に コピーはどこかにミスが起こる事がありうるわけです。例えば4分の1の鎖に(コピー)ミスが起こったとしても 残り3本は正常なんです。で DNAの二本というのは 一本がもう一本の鏡写しになってる 相補的というんですけど。(相補関係というのは)写真のネガとポジとか、磁石のN極とS極とか、電極のプラスとマイナスの関係です。こちらがAであれはこちらはBという風にちゃんと決まっているんです。だから かた一方にミスが起こってももう一方が正常ならば 元に戻すことができるんです。さっき言ったように DNAの場合は 4本のうち1本にミスがあっても 残り3本が正常ならば修復する能力はあるんですよ。

ところがRNAは一本が二本 二本が四本 という風に増えるので、ここに変異が起こったら もう起こりっぱなし。修復の能力がないんです。

M なるほど。

G なので RNAウイルスというのはそもそも 延々 毎分毎秒ごとに変異し続けているんです。

M そうなんですか!それも今日初めて知りました。

G コピーする数が尋常じゃないですからね。毎分1億個何億個ってコピーしていればそれはミスも起こりますよね。どんな工業製品でも大量生産すればミスは起こるんです。ただその変異したウイルスがすべて生き残れるかというとそうではないんです。ウイルスにとってはある程度感染する能力とか 増殖する能力がなければいけないので。よく言われているのは 2週間に1回の割合で生き残れる変異ウイルスが出てくるといいます。それ以外の変異ウイルスは淘汰されるんです。

M なるほど。

G (新型コロナ騒動が始まって)2年以上たってますから 最初に出た武漢型のウイルスから見ると、もう数万種以上の変異株(変異種)があるわけです。ということは 最初の武漢型をモデルにして作ったワクチンは もう型落ちもいいとこですよね。

M そうですよね。

G 共通部分がある程度あるにしても 今の各社のワクチンは (新型コロナウイルスの)フルボディ 全体に対する抗体を作るワクチンではないわけで スパイク蛋白の部分だけをコードしているから、(新型コロナウイルスの)一部分だけのマーカーでしかないので。理論的に考えれば もう効いていないと考えていいんです。

M そうですよね‥。「何度ワクチンを打っても感染しています」なんてニュースで出ていますよね。

G あともう一つ、(新型コロナワクチン接種事業が始まる前に)言われてきたことは ADEです。Antibody dependent enhancement:抗体依存性感染増強ということが起こるんじゃないか と言われていました。これは(コロナワクチンの実験で 接種を繰り返した)猫が全部死んじゃったっていう話なんですけど。どういうことかというと、RNAウイルスがどんどん変異が進むと (最初の方のRNAウイルスに対する)最初の方に作られた中和抗体が(効かなくて)どんどん役立たずになるんです。(そもそも抗体がウイルスをやっつけるというのは)ウイルスにくっついた抗体をマーカーにして 白血球 リンパ球が それを攻撃するというように免疫のシステムはなっているんですけど、(役に立たない)中途半端な抗体がくっついてしまうと ウイルスを殺す能力が白血球に備わらなくて 逆に白血球の中にウイルスが侵入していき、そこでウイルスの増殖が起こってしまうんです。ウイルスを殺すためにやってくる白血球が ウイルスを増やす役割を担ってしまうんです。

M 白血球の中にウイルスが入ってしまって、そこで増殖してしまう?

G そうです。もともとウイルスというのは細胞の中に入り込んでそこで増殖するものなんですが。普通は体細胞と言って、普通の体の細胞において起こるわけですが、白血球は(ウイルスを)殺すためにウイルスに近づくんです。でもその中でもウイルスが増殖できてしまうようになるんです。例えば 戦艦とか戦闘機の中が 敵だらけになってしまうということですよね。味方の船とか戦闘機のはずなのに 完全に敵に乗っ取られてしまい、自国を攻撃するようになってしまうということです。それが(新型コロナワクチンを接種していくことで)起こるんじゃないかと言われていたんです。

M それはわかりやすいですね。それはもう最初から言われていたんですか?

G はい。なぜなら SARSの時にそれが起こったんです。歴史的に それがわかっていたので。そして今回の新型コロナも SARS-COV-2ですからね(新型コロナウイルスの正式名称は、SARS-COV-2。SARSコロナウイルス2型)。同じことが起こるんじゃないかと言われていたんです。

M そうですか・・・。

G あともう一つ完全に証明されたのは ポリオワクチンの開発で有名なソーク研究所の研究者が発表したんですが Covid19のウイルス本体ではなくスパイク蛋白自体に 血管を壊す毒性があるということが分かったんです。

M  はい。

G 今回の遺伝子ワクチンは そのスパイク蛋白を体に作らせる薬なんですから、毒そのものなんですね。

M はい・・・。毒を以て毒を制するなんていうこともありますけど ウイルスでは難しいんですね。

G 量の問題かもしれないですね。ほんの少量の毒で免疫を刺激して作らせるというなら合理的だと思いますけど はたして(今回の新型コロナワクチンのスパイク蛋白の量は)適正な量になっているのかということです。詳しくは調べていただいたらいいと思いますが あの(新型コロナ)ワクチンはスパイク蛋白を 延々作らせるようにできているワクチンです。下手をすると 数カ月の間(体の中で)スパイク蛋白を作り続けているというのはもう証明されています。(新型コロナ)ワクチンを接種した人のその数か月後の血液の中に スパイク蛋白が検出されたという論文もあります。

M そうなんですね・・・。

G  あと 日本より先行接種していたほかの国はどうだったのかということですけど 一番盛んだったのはイスラエルとかシンガポールです。あとイギリス、フランス、アメリカ。それらをみると ワクチン接種をした国ほど感染は爆発してますよね。

M あー・・・

G 接種すればするほど感染しやすくなるというのは もう統計で証明されています。ですからこれらの国はもうワクチン接種からは撤退したはずです。日本だけですね残っているのは。では、いま日本の現状はどうなのかと考えると 今オミクロンになって オミクロンBA5と言っているんですが 軽症・無症状が8割くらい 中等症が2割くらいで ほんとの微々たる数の人が重症化してます。ですからもうワクチン自体必要無くなったんですよね。致死率という観点からすれば インフルエンザよりはるかに下回っていますし。エクモネット(ECMOnet)と言って人工呼吸器を扱っているメーカーが詳細な統計を出してくれてますけど 今現在日本全国でエクモ(ECMO、人工心肺装置)を使っているのは 7月19日時点で確か8人ですね。

M 日本全国の中で8人。

G 1億2千万人いる中で たったの8人しか使ってないんですね。毎日毎日テレビの報道で (感染者が=正しくは、PCR陽性者が)何万人何万人って言ってますけどね。

M PCR陽性者が15万人超えたって言ってますね。

G じゃあその15万人の中で何人死ぬかって話ですよね。100分の1で1500人って言われたらちょっと大変だなあって思います。1000分の1で150人でもちょっと大変。じゃあでも15人、1.5人となると果たしてどうなんでしょう。15万人感染しても1人しか死なないような病気って そんなの病気って言えるのってことだと思います。普通の風邪だって拗らせれば 80歳90歳の人は 風邪そのもので死ぬわけではないですが、二次感染と言って ウイルス感染で免疫が消耗したところに違う細菌が来て 二次感染してしまうんです。そうなると重篤化して死んでしまうこともありうるんですが、それははたして風邪で死んだことになるのかという話です。ですから(ECMOを使うような重症者が少ない)オミクロンに関しては 普通の風邪として扱っていいのではないかということです。

M そうですね。

G さっきも言ったように それだけ変異したものであれば ワクチンも もう効果もないし 必要性もないし しかもワクチンによって死ぬこともあるし ワクチン後遺症も問題になっています。国は認めていないだけで 実際それで苦しんでいる人は山ほどいます。

M はい。身近な方で 苦しんでいる方がいるという話も結構聞きますね。

G ということで 7月11日に そういうことを踏まえて電話したんですが・・・。

M はい。先生ちょうど時間が来てしまいましたので この続きはまた次回となります。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

18 − six =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。