新型コロナウイルス

再び帯状疱疹の報告論文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで専門家ヅラしてワクチン接種を推奨してきた連中は、有害無益でしかありません。彼らの言うことを信用して接種した人たちが、どれだけの数に上るのでしょうか。それにしてもレベルが低すぎです。責任は自分で取らなければなりません。いずれ裁定が下されます。

船瀬俊介の船瀬塾@funasejuku
今日の東京都の感染は8341人か。ワクチン打ったやつばっかりじゃん。

Image

何故ワクチン接種も”感染増”?

何故って言ったら、それは接種したからですよ!

反復接種で感染しやすくなる、というデータがあったでしょう? それだけではなくて、様々な感染症に罹りやすくなるし、ADEや自己免疫疾患を発症する危険性が高いのですよ。”接種なし”がどれだけ少ないのか、見て下さい。これから起こることは、恐ろしいワクチン後遺症の集団発生なのか。

なぜ帯状疱疹がワクチン接種後に?免疫への影響に関する論文紹介/犬房春彦(ルイ・パストゥール医学研究センター/医師・医学博士)

2,021年9月にアップした帯状疱疹のビデオを多くの方にご視聴頂き、ありがとうございます。今回は今年に入って掲載されたワクチンと帯状疱疹の論文を紹介します。

なぜ、帯状疱疹がワクチン接種後に?という論文が2本出てきました。そして何故免疫が下がるのかについても考えてみましょう。

ワクチンでオッズ比が1.8倍になっています。

このスライドは以前も出しましたが、帯状疱疹の原因は免疫力低下です。加齢、疲労、ストレスなど免疫力が低下した時に発症するんですね。

このスライドはコロナウイルスに感染すると、肺から入ってきたウイルスがROSと書いてある酸化ストレスを大量に作り出して、サイトカインストーム(免疫の暴走)を引き起こして重症化するというスライドです。ですから、コロナで色々起こる症状は、酸化ストレスが原因なのですね。

そしてワクチンを接種することでも、このように炎症と酸化ストレスが上がることが明らかとなっています。

私が開発したTwendee Xは、これは癌のデータですが、免疫を非常に上げるということで、がん免疫のNK活性をがんがある状態の倍程度に引き上げることが明らかになっています。

『コロナワクチン接種後の神経学的合併症のスペクトラム』という論文で、その中で帯状疱疹が紹介されていました。そしてこの論文では引用論文12本を詳細に検討していて、T細胞機能の調整不全をもたらすワクチン誘発性免疫調節が、帯状疱疹ウイルスの再活性化に関与していることが示唆されている、と記載されています。

この神経学的合併症というのが非常に多いのですが、脳、脊髄、脳神経、末梢神経、筋肉ということで、帯状疱疹は末梢神経の部類に入ります。

さて次に、欧州で色々な医療データを記載されているTriNetXというデータベースです。これを使った論文が報告されました。

この論文は100万人以上のコロナワクチン接種が、帯状疱疹ウイルスの再活性化と一致する現実の証拠、ということで欧州皮膚科、性病科学会の雑誌です。これは各群100万人以上の患者さんで、接種群ではワクチン接種後60日以内に2,204人が帯状疱疹を発症した。そしてワクチン以外の理由で受診した方が60日以内に1,223人が帯状疱疹を発症した。ということで、リスク比が1.802ということです。

帯状疱疹に特異的T細胞媒介免疫の一時的な低下がワクチン接種後の病態形成にメカニズム的に関与している可能性がある、という結論です。さて、この評価なんですが、コホートスタディといいまして、登録されたデータを後ろ向きに年齢と性別を合わせて分析しています。このコホートのデータを見てみますが、リスク比が1.802、オッズ比が1.804ということで、ワクチン接種をした方が約2倍近く帯状疱疹を発症したということです。

さて、では厚生労働省の新型コロナワクチンQ&Aを見てみましょう。本日、帯状疱疹で検索しましたが、この帯状疱疹を含むページは見つかりませんでした、という結果です。

さて、コロナに負けるな! 酸化ストレスを下げて免疫を上げるのが、帯状疱疹と戦う良い方法だと考えます。まず、禁煙、大量のお酒を飲まない、肥満、糖尿病のある方は糖質制限をする、十分な睡眠を取り精神的ストレスを下げるのも有効です。エビデンス(科学的根拠)のある抗酸化サプリメントの接種も効果があると考えています。そして重要なことですが、酸化ストレスが上がるイベントを避けるようにしてください。

現在、私が開発した抗酸化配合剤を、コロナの感染症の後遺症・ワクチン副反応の症状に悩む方へ無償配布しています。

ワクチン接種後に体に痛みとともに帯状の発疹が出る「帯状疱疹」を訴える患者様が急増しており、最近多くのご相談をいただいています。帯状疱疹は免疫力が低下すると発症することが分かっておりますが、なぜ免疫が下がっているのか?について海外論文2本を紹介するとともに解説します。 (引用) Spectrum of neurological complications following COVID‑19 vaccination. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/arti…. Real-world evidence from over one million COVID-19 vaccinations is consistent with reactivation of the varicella-zoster virus https://onlinelibrary.wiley.com/doi/1…

【抗酸化チャンネルからのお願い】 現在、後遺症や副反応にお悩みの皆様への無償提供、また犬房春彦先生による質問回答受付を実施させていただいておりますが、一部の方々より所属団体や製造販売会社等にお電話によるご依頼やお問い合わせをいただいております。 所属団体や製造販売会社の対応が増えてしまうと、現在の取り組みを中断せざるを得ない状況になります。

少数運営で専任スタッフがいない状況ということもあり、誠に勝手ながらお電話でのお問合せ、お申込みフォーム以外でのお申込み受付はご遠慮いただいております。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 ・後遺症・ワクチン副反応の症状の方向け無償提供 https://antioxidantres.jp/sample3/

【プロフィール】 犬房春彦 公益財団法人 ルイ・パストゥール医学研究センター 抗酸化研究室 (経歴)1957年、岡山県出身 近畿大学医学部卒業後、近畿大学 医学部大学院外科学系専攻 修了(近畿大学博士(医学)) その後、近畿大学医学部臨床医学部門 教授、ストラスブール大学欧州テレサージェリー研究所 客員教授、スペインバルセロナ大学外科学教室 客員教授などを歴任。

本編の引用論文:COVID-19ワクチン接種後の神経学的合併症のスペクトル

要約

COVID-19ワクチンは、COVID-19の致命的なパンデミックと効果的に戦い、命を救うという希望の光をもたらしてくれました。多くのワクチンは、多くの国から緊急使用許可を受けています。承認後、COVID-19ワクチン接種後、広範囲の神経学的合併症が継続的に報告されています。ワクチン接種後の神経学的有害事象は、発熱および悪寒、頭痛、疲労、筋肉痛および関節痛、または腫脹、発赤、または痛みのような局所注射部位の影響のような、一般に軽度および一過性である。

ワクチン接種後の最も壊滅的な神経学的合併症は、脳静脈洞血栓症である。脳静脈洞は、一般的にアデノベクターベースのワクチン接種に続いて、妊娠可能年齢の女性において頻繁に報告される。懸念されるもう一つの主要な神経学的合併症は、mRNAワクチン投与後に支配的に報告されたベル麻痺である。急性横脊髄炎、急性播種性脳脊髄炎、および急性脱髄性多発ニューロパチーは、分子模倣の現象の結果として生じる他の予期しない神経学的有害事象である。

多くの人々における帯状疱疹の再活性化は、mRNAワクチンの投与に続いて、また記録されている。最近のCOVID-19ワクチン接種人口の莫大さを考慮すると、深刻な神経学的事象の数はごくわずかです。ワクチン接種とワクチン接種で起こる神経学的有害事象との因果関係を証明または反証するためには、大規模な共同プロスペクティブ研究が必要である。

キーワード: COVID-19;SARS-COV-2;予防接種;脳静脈洞血栓症;血小板 減少 症

重篤な神経学的有害事象

予防接種後の重篤な有害反応は、生命を脅かすか、入院を必要とするか、または重度の障害をもたらすワクチン接種後の事象として定義される。世界保健機関(WHO)は、ギランバレー症候群、発作、アナフィラキシー、失神、脳炎、血小板減少症、血管炎、ベル麻痺を重篤な神経学的有害事象として挙げた。COVID-19ワクチン接種後の重篤な有害事象の事例は、現在の科学文献に継続的に注がれており、多くの人々のワクチン躊躇の原因となっています[9](図.1).

機能性神経障害

機能的神経学的障害は、傷害、医学的疾患、手術、またはワクチン接種後の身体的/感情的ストレスによって引き起こされる。機能的神経学的障害は、広範な治療にもかかわらず、しばしば誤診されたままである。

脳血管イベント

懸念事項として、アデノウイルスベクターワクチンによる脳血管有害事象(脳静脈血栓症、動脈性脳卒中、脳内出血など)に関する報告が、主要な医学雑誌に掲載されるケースが増えています。これらの報告は、ワクチン接種後の血管事象が重度の障害または死亡のいずれかで最高潮に達するため、憂慮すべきものです。

脳静脈血栓症

脳静脈血栓症は、最も恐れられている壊滅的なCOVID-19ワクチン関連の神経学的合併症の1つです。脳静脈血栓症は、すべてのワクチン接種患者で疑われるべきです, 持続的な頭痛を持っています.頭痛は一般に鎮痛薬に反応しず、一部の患者は局所神経学的欠損を有する可能性がある。罹患患者は一般に若年層の女性である(表)

動脈イベント

動脈血栓症、脳内出血、一過性全球性健忘症、脊髄動脈虚血などのいくつかの急性動脈イベントも、ワクチン接種後に報告されています[]。

脳内出血

アサイロスとドゥーマスは71歳の女性を報告した。彼女はモデルナmRNAワクチンの最初の投与を受けた後に脳内出血を発症した。

ワクチン接種後3日目に、患者は加速高血圧とともに右片麻痺、失語症、および失認症を発症した。コンピュータ断層撮影により、左大脳基底核に血腫が現れた。9日目に彼女は死亡した[]。

急性虚血性脳卒中

脳症、発作、急性播種性脳症、神経弛緩性悪性症候群、ワクチン後脳炎などの急性脳障害の多くの報告は、COVID-19ワクチンに続発して記載されました。これらは表にまとめられています

脳症

一部の患者は、COVID-19ワクチンの投与後に脳症を発症した。急性脳症は、急速に進化する脳の障害として定義される。急性脳症は、せん妄、意識低下、または昏睡のいずれかで臨床的に現れる。

譫妄

せん妄は、注意と意識の変動する障害を特徴としています。Zavala-JonguitudとPérez-Garcíaは、mRNAワクチン接種後にせん妄を発症した89歳の男性について説明しました。24時間以内に、患者は混乱、注意力、不安、および睡眠 – 覚醒サイクルの逆転を発症した。患者は多くの併存疾患(糖尿病、高血圧、および慢性腎臓病)を有していた。患者はクエチアピンで治療された後、改善した[]。

神経弛緩性悪性症候群

神経弛緩性悪性症候群は、発熱、精神状態の変化、筋肉の硬直、自律神経機能障害を特徴とする多くの抗精神病薬の生命を脅かす合併症である。

急性播種性脳脊髄炎

急性播種性脳脊髄炎(ADEM)は、中枢神経系の急性炎症性脱髄障害である。大多数において、ADEMは感染後の実体である。多くの場合、ワクチン接種後に発症することさえあります

ギランバレー症候群

ギランバレー症候群は、感覚運動四足麻痺の下部運動ニューロンタイプで現れる末梢神経の感染後障害である。急性運動衰弱は、しばしば先行する微生物感染に先行する。COVID-19感染がギランバレー症候群を引き起こす可能性があることを示す多数の報告があります。

帯状疱疹

帯状疱疹は、水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化後に発生します。帯状疱疹の患者は、単一の皮膚腫に限定された片側性である古典的な黄斑丘疹発疹を有する。発疹は7〜10日で消えます。帯状疱疹後神経痛は帯状疱疹の頻繁な合併症であり、これは5人に1人の患者に認められる。マクマホンと同僚は、mRNA COVID-19ワクチンに対する414の皮膚反応を記録し、5人(1.9%)が帯状疱疹と診断された[]。他のタイプのCOVID-19ワクチンは、帯状疱疹のワクチン接種後の再活性化とまれにしか関連していません。T細胞機能の調節不全をもたらすワクチン誘発免疫調節が帯状疱疹ウイルスの再活性化に関与することが示唆されている[]。 SARS-CoV-2に対するワクチン接種後の帯状疱疹再活性化の報告は、表に要約されている。表9

結論

承認後、COVID-19ワクチン接種後に広範囲の重篤な神経学的合併症が報告されています。最も壊滅的な神経学的合併症は、アデノベクターベースのワクチンに続いて妊娠可能年齢の女性に報告されている脳静脈洞血栓症である。懸念されるもう一つの主要な神経学的合併症は、mRNAワクチン投与後に支配的に報告されたベル麻痺である。横脊髄炎、急性播種性脳脊髄炎、およびギランバレー症候群は、分子模倣およびその後のニューロン損傷の結果として起こり得る他の重篤な予期せぬワクチン接種後合併症である。他の重篤な神経学的合併症のほとんどは、孤立した症例報告または小規模症例シリーズのいずれかの形で報告される。これらの有害事象の因果関係は議論の余地があります。因果関係を証明するためには、大規模な共同前向き研究が必要です。

引用論文:100万回以上のCOVID-19ワクチン接種による現実世界の証拠は、水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化と一致しています

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

seventeen + 9 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。