新型コロナウイルス

日本の医療は何か間違っている!食生活の見直しを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の医学会、研究者、医師、この大半の人たちの常識は間違った前提に立って説を組み立てています。癌について未だに間違った治療を続けて癌による死亡を増やし続けています。腎臓病、糖尿病、精神病、高血圧、睡眠時無呼吸症候群、・・・もしその治療に効果があるのなら、治療と共に病気になる人が減少していくのが当然ですが、現実には右肩上がりで増え続けています。残念ながらこの人たちのレベルは、それほど高くありません。

このような状況ですから、新型コロナについても大半が間違っていて何だか分らない自説に凝り固まっています。論文というのは、どのようなものでも世に出てきます。査読があろうがなかろうが関係ありません。今一度、医療について問い直してみる。それが本稿の目的です。

ワクチンと食の秘密_吉野敏明医師

日本人が癌になる原因の1位は、たばこ。2位は感染(ピロリ菌)。3位は飲酒、以下塩分摂取・・・

皆さんの周りで酒、たばこをやらないのに癌になった人がいますよね。小児癌は酒もたばこもやっていない子供がなっているんですよ。これは本当なんですか?

日本では60年前から癌対策をやってきて、どのような成果があったのか。1,965年の喫煙率は9割くらいで、現在は10%代に減少しています。たばこを吸う人が7分の1になっている。そうしたら肺がんの人は7分の1になってもおかしくないですね。しかし、肺がんの人口は右肩上がりで4倍になっている。どうして癌の対策をしたら死亡率が4倍になるのですか?

禁煙すれば禁煙するほど癌が増えていく、おかしいでしょ!喫煙率のピークの30年後に死亡のピークが来るという意見。

癌は老化すると増える、と厚労省のページに書いてあります。乳がんは老化すればするほど減るんですよ。乳がんのピークは40才くらいで、20~25才くらいから増え始める。1,975年当時は10万人あたり50人発症です。これが2,010年になると10万人あたり230人に大幅増加している。約5倍。何で増えているのですか?説明出来ない、マスクやワクチンとそっくり。しかも、先進国で日本だけが、癌が増えている。

どうして日本は増えているのに、アメリカ、ドイツ、イギリスは大幅に減っているのか。癌は遺伝子疾患です、と厚労省には書いてある。なのでいつ誰がどこでなるのかは分りません。なので対策が必要です、1,禁酒、禁煙に努めましょう。2.野菜不足なので野菜を取りましょう。3.運動不足なので運動しましょう。4.果物を取りましょう。5.肥満だから痩せましょう。

ガリガリの人でも一杯癌になっていますよ。スポーツクラブに行っている人でも癌が多いです。本当にいつ誰がなるか分らない偶然の病気なんですか?

癌は食原病です。食べ物でなる病気です。WHOにも書いてあるんですが、一番大きいのはFOODとあります。食べ物が原因です。

先程の数字はどうやって作ったか。まず癌患者に対して後からインタビューしました。そしたら0.7%の人は野菜不足でした。癌の患者を調べたら、29%がたばこを吸っていました。このようなやり方でグラフを作っている。これは70%の人はたばこを吸っていないというのが、このグラフの見方です。

飲酒も77%の人が酒飲みではなかったということです。恣意的に作られていることが分りますよね。厚労省もワクチン未接種者数の水増しで、同じようなことをやっていますよね。

癌は食原病です。

玄米には必須アミノ酸が全部入っています。小麦は入ってないです。トウモロコシも入ってないです。玄米だけ食べていれば、取り敢えずは死にません。だから小麦だけ食べてたら、アミノ酸が足りなくて死にます。トウモロコシも死にます。なのでパンを食べている人たちは肉を食べなくてはいけない。味噌汁、大豆の発酵食品ですね。大豆はタンパク質で、発酵しているんです。植物性の乳酸菌も入っているんです。

ここにお芋だとかキノコだとか、山菜とか海藻とか入れるわけです。ぬか漬けを作る、アミノ酸そのものです。野菜をぬか漬けにすると、アミノ酸が摂取出来るんです。発酵食品で腸内細菌が良くなって、タンパク質も増えるんです。結論から言えば、ぬか漬けが多彩を食べる世界で最高峰の食べ方です。納豆、煮魚、焼き魚、あじ、いわし。

小麦、トランス脂肪酸、食品添加物、化学調味料が入っていない。

遺伝子組み換えの小麦を取ってきて、機械で精米して、トランス脂肪酸を練り込んで、化学調味料と食品添加物を入れて、中はピーブス加工、お湯を入れるとフッ素化合物が出てきて発がん性になる。こういうものを食べるということは、まず作るものから食育なんです。

日本は世界一の食品添加物王国です。日本は1,500品目以上、イギリスはたった21品目しかない、フランスは32品目、ドイツは64品目。何でこんなに多いのですか?

亜硝酸ナトリウム:ハム、ベーコン、コンビーフ、ソーセージに入っています。強い発癌物質ニトロアミンを作る。

ソルビン酸:発色剤の亜硝酸Naとの相乗作用で発癌物質に変わる。

ソルビン酸K:細胞の遺伝子を破壊し発癌物質になる。

パラオキシ安息香酸:発がん性あり。

胃がんや直腸癌になっている人って、偶然ではないですよ。何を食べるかでほとんど決まっています。こういうものが1,500種類もあるんです。

それから一番問題になっているのは、キャリーオーバーです。食品添加物まみれの加工食品を無添加に表示出来るマジック。無添加と書いてあって、混ぜれば混ぜるほど、食品添加物(の表示)が無くなっていくルール。だからコンビニの弁当なんか食べたらダメだというのが分りますよね。スーパーの惣菜も全く同じなんですよ。

スーパーの惣菜で混ぜてないものなんてないですよ。こうすると無添加に出来るというルールなんですよ。100㎖あたり1㎏カロリー未満だったらゼロカロリーと書けるんでしょ。遺伝子組み換えではないというのと、遺伝子組み換え食品が入ってないのとは意味が違いますよ。

食品添加物と癌と入れてGoogleで調べてみて下さい、絶対に出てきませんよ。

その代わり、テクニカルタームを入れて検索すると、こういうグラフが一杯出てきます。cancer,foodanywhereなど。横軸が食品添加物を取った日数で2,500日、大体7年くらい。この青でQuater1は食品の中のうち、4分の1食品添加物が入っているのを食べた人。4分の4てなんですか。朝、昼、晩、コンビニ弁当を食べたら4分の4です。朝、昼、晩スーパーの惣菜を食べたら4分の4です。朝、昼、晩レトルト食品食べたら4分の4です。

そうすると見て下さい。食品添加物を取れば取るほど、発がん性が上がっていくわけですよ。それと発がん性は累積して増えるので、毎日コンビニのおにぎりとかサンドイッチ食べている人が7年たったら、1%が癌になるんですよ。このままずっと行くんだから5年たったら、10年たったら、15年、20年たったらとやると、30%とか40%くらいになるわけですよ!

依存症を起こす脳の報酬系って書いてありますね。(進駐軍が)日本に来てチョコレートをばらまいたら良い兵隊さんになってしまう。それは何故? 脳には快楽報酬系という回路があります。快楽を感じる物質、甘みや覚醒剤などの物質、良いですか。甘みがあったら全部快楽報酬系に入るんです。ドーパミン系。この快感がまた欲しいとなって、これは小麦もなります。小麦のグルテンというタンパクは、胃のペプシンとかトリプシンという酵素で分解されて、エクソルフィンという物質が出る。

エクソルフィンは全く同じ快楽報酬系に入ります。なのでパンを食ったらまたパンを食いたくなるんですよ。パスタ食べたらまたパスタ食べたくなる。

覚醒剤と何が違うのかといったら、小麦粉とか砂糖は、幻覚とか幻聴は出ないんですけど、依存は覚醒剤と同じです。砂糖や小麦を食べて病気にならないんだったら、依存症になっても良いのだけれども、このグルテンが免役攪乱物質なんですよ。自己免疫疾患とか癌を作る。砂糖は炎症を全部強くするんですよ。そうすると、アトピーがもっと酷くなる。

ランス脂肪酸というのは人口油のことです。天然の引いた油ではない。この油は身体の中に入ると、長期に分解されないので、アルデヒドというものになります。それがまた身体を壊します。トランス脂肪酸と砂糖と小麦が全部入ってるのって何ですか? クッキーとかケーキですよ。菓子パンなんかもっと酷い。最も酷いのは揚げパンです。パンを油で揚げて砂糖をまぶす。

牛乳もそう、牛乳の中のカゼインやホエイ、これらの中に入っているグルタミンタンパク、これも発癌物質です。揚げパンと牛乳とマーガリン塗る、私が食べた給食です。酷いでしょう? 江戸時代まで小麦の使用も制限されていました。分っていたから。なので、江戸時代も制限、明治も制限、対象も制限、昭和も制限、8月15日に敗戦してから、9月からはもう始まりました。1回こうやってパンを食べさせちゃったら、中毒になるからまた欲しくなるんですよ。

アメリカの余剰農産物を輸出するPL480法がありました。食糧が十分余っていた。それを発展途上国に無理矢理買い付けさせるんですよ。そういう条約を作った。日本も戦後食料物資が足りなかったから、無償援助してもらっていた。そうしたらやっぱりお金ちょうだいねってなった。その時は皆小麦中毒になっていた。

アメリカの主要生産物の小麦、大豆って大豆油、トウモロコシ、これも市場拡大のために、コメからパンへ主食転換する政策がとられました。乳製品を取らせるためにわざと脱脂粉乳を取らせた。とにかくカフェオレが飲みたい、ヨーグルトが欲しい。ヨーグルトやチーズが健康に良いというのは嘘ですよ。まずエクソルフィンがあるから依存症になります。次に中に入っているホエイ、これが発癌物質なんですよ。

乳がんの人とか子宮頸がんの人は皆好き、健康のためにヨーグルト、チーズが好きとかカフェオレが好きとか、みんなそうです。何で違う動物の母親から乳を盗むの?そんなことをやっているのは人間だけですよ。牛乳の乳だって飲むのは最近ですよ。酪農家が少なくなって牛の数が足りないから、今はホルモン剤ですよ。ホルモン剤を打って偽装出産状態にして、おっぱいが出るようにしていると。これはエストロゲンといいます。エストロゲンは強烈な発癌物質です。

この強力な発癌物質が入っていて、ホエイとかカゼインの発癌物質が入っているものを、健康に良いと言って砂糖を入れて、さらに炎症が惹起しやすくして食べているのが、皆さんが飲むヨーグルトといって飲んでいるやつです。お昼ご飯に健康のためにヨーグルト混ぜようかな、これ完全に洗脳なんですよ。

穀物メジャー、オイルメジャー、ビッグファーマ。穀物メジャーは大量に作って売り込んでくる、国債金融資本の手先です。オイルメジャー、国際金融資本の手先。ビッグファーマ、国際金融資本のお金を使って、石油を原料に大量のクスリを作る。この3つはユダヤマネーと結びついている。彼らは食料植民地を作る。食料援助物資で中毒にして回収する。

『頭脳パン』コメはバカになるからパンを食べよう。コメはビタミンBがない、だからバカになる。

小麦の使用量が増えれば増えるほど、癌が増える。1,950年で3,000万トンだったのが2倍くらいになると、癌がこうやって増えるんですよ。これで分ったでしょう?酒たばこをやっているご主人が、枝豆と刺身を食いながら晩酌していると、奥さんは肺がんになりました。病名は腺癌です。あなたの副流煙で私は肺がんになった、酷いは! こう言うんですね。副流煙を吸っている人は、本当の本煙も副流煙も両方を吸っているんですね。

その悪い酒も飲んでいる。でも奥さんがケーキが好き、お菓子が好き、扁平上皮癌というのは確かにたばことの関連が強いですよ。腺癌は関係ないですね。小麦とかトランス脂肪酸とか砂糖とか食品添加物でなる癌なんですよ。いま、肺がんは7割くらいが腺癌なんです。ご主人のたばこの副流煙を吸ったのではなく、奥さんがケーキとかお菓子を食べたからなったんです。

免疫攪乱物質、小麦のグルテン。大麦にはない、これは大事なんですね。日本人は大麦は食べていました。小麦アレルギーの原因、癌の原因はグルテンですけども、グリアジンとグルテニンという二つのタンパク質があって、これを一緒にこねるとグルテンが出来る。つまりパスタやうどんにするとグルテンが出来るんですね。ところが大麦というのは、グルテリンとホルデリンというのがあって、これはグルテンが出来ないんです。

しかもグリテリンとホルデリンをこねても、うどんみたいにモチモチしないので、大麦粉からはパスタやうどんは作れないんですよ。だから麦飯といって水で炊いて食べるんですよ。お米と混ぜたり、お米の代わりに麦を食べたりするんですね。でも大麦も小麦と同じく必須アミノ酸は足りないです。一番良いのは玄米と大麦を混ぜて食べるのが良いです。

何故日本人が麦食べているのに癌が少なかったかといえば、大麦を食べていたからです。

ご飯、味噌汁、ぬかずけ、煮物、焼き魚、煮魚。油の入っている料理はないでしょう。ずーっとそうやっているから、日本人は油なんて取ったことはなかった。だから皆さんかけたら終わりですよ。エクストラバージンオイルでもダメです。

トランス脂肪酸というのは、食用油にはほとんど入っているんです。少ないのは魚の油とか動物の油。この油は取り過ぎなければ、必要です。飽和脂肪酸がないと、細胞膜とか赤血球とか血管内皮が出来ないから、油をかけるくらいだったら、動物の脂身を食べて下さい。間違いですよ、洗脳です、ワクチンやマスクと同じ。トランス脂肪酸をこの容器に入れるとサラダ油になります。原料は同じものです。

これに容器を詰め替えて水を入れます。混ざりません。水と油ですから。これに洗剤を入れるとよく混ざります。それがスジャータです。スジャータに牛乳は一滴も入っていません。これは水と油と洗剤で出来ているんです。その水と油と洗剤で出来ているものに砂糖を入れて固めたものが、ラクトアイスです。最中アイスだといって食べていて、それは油と水と石けんと砂糖を食べているんですよ。

だからこれを食べていると癌になるんですよ。

これは全部トランス脂肪酸で上げたものです。しかも、亜硝酸ナトリウムが入っているものだらけ。

アメリカではトランス脂肪酸は2,018年から使用禁止になっている。その油は誰が買っているんですか? 日本ですよ日本。買わされているんですよ。

なので、これらの食品を食べる、カップラーメンを食べる、冷凍食品を食べる、○ブンイレブンのものを食べると、潰瘍性大腸炎、パーキンソン病、全身性エリトマトーデス、SLE,強皮症、多発性筋炎、多発性硬化症、クローン病、見て下さい、1,970年くらいにはこんな病気無かったんです。ほぼゼロですよ。潰瘍性大腸炎とクローン病なんて聞いたこと無いですよ。

同じように添加物を摂ると癌が増えている。これで酒、たばこを皆さんやめますか? お願いですから酒、たばこやっていいから、小麦を摂らないで下さい。トランス脂肪酸を摂らないで下さい。砂糖を摂らないで下さい。食品添加物を摂らないで下さい、こっちの方が先なのね。そうするとWHOの図が正しいのは分りますよね。ぼくはこれをコロナが流行る前から言ってました。

酒、たばこが癌の原因だと言ってやめても、癌が増えている原因が分ったでしょ。マスクしてもPCR陽性が減らないのが分ったでしょう。何故我々が病気になって、日本の景気が悪いままなのか、それは大和魂がないからです。こんなものを輸入するというのは、日本民族が滅びるような、こういう食品を食べさせているんではないですか?食品添加物もそうじゃないんですか?

将来の我々が健康で長生きしたいと思っていないのではないですか? だからマスクだけではないです。皆さん目覚めて下さい。

アトピー、後鼻漏、好酸球性副鼻腔炎、好酸球性肺炎、Iga腎症、癌、病気は違うけど原因は同じ。本当にやめると良くなる。

今までの国民皆保険制度を改定して、パン食っている人は保険効きません、とすれば医療費が削減出来て病気が減ってコメを食べるようになるから、農家が復興して魚を食うようになるから、自給率が上がる。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

4 × five =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。