新型コロナウイルス

後遺症の実態と賠償

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ワクチン接種後に杖が必要な体に。実名、顔出しで語るワクチン後遺症の実態【大石が深掘り解説】

「チャント!」アンカーマンの大石邦彦です。   ワクチン接種後、わずか5分で、50代女性に起きた異変。 そして、今までにはなかった体調異常が相次ぎました。 仕事もできず、貯金を切り崩しながらの生活を続けています。 接種からほぼ一年、今の彼女の体はどうなっているのか? 涙ながらに訴えたかったこととは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地面がフワフワして歩けなくなることは筆者も経験しています。めまいが起こると真っ直ぐ立つことが出来ず、どういう風に立っていれば真っ直ぐなのかが分らなくなります。健常な人には体験がないと思いますから、信じられないでしょう。発作のように目が回り始めると立っていられず、しゃがみ込むしかなくなります。道を歩いてもまっすぐには進めず、いつの間にか左に寄って行ってしまう。

高いところから階段で降りようにも、階段のその一歩が捉えられず、手すりにつかまって降りてくるしかないのですね。めまいがある日常とは、運動能力が極端に低下することを意味します。走ることが出来ない、自分でくるっと回るとそのまま倒れ込んでしまう、横になって寝ていてもグルグル目が回っているんですね。起きてからしばらく立ち上がれない、すぐに立ち上がろうとすれば、前に倒れ込んでしまう。

このような状態では毎日気分が良いわけもなく、何か具合の悪さ、体調の悪さがついてまわります。いつもそれが襲ってくるのではないかと心配する毎日です。

もう10年近く前の話で、現在は全て解消しております。少しは体験を共有出来るかも知れません。

 

ワクチン集団接種で賠償 神経損傷の男性に 滋賀・草津、全国初

2022年6月28日 10:45毎日新聞毎日新聞社

Image

【拡散希望】 厚労省の不適切なワクチンデータ統計に関する続報   某県のコロナウイルス陽性者登録センターにおいて • 医師の指示により • 感染者は全て接種歴不明に登録 が行われていたという告発を受け取りました これは27%が接種歴不明という厚労省の説明に合致 厚労省に改善と説明を求めます!

@Papa_Cocoa_Milk

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

1 × two =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。