新型コロナウイルス

『新型コロナウイルス』5類は認定取り消しを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしても打たなければならない状況というのがありますか?

mRNAワクチンはスパイクタンパク、LNP、PEGのいずれも有害であって、ワクチンと呼べるものではありません。ワクチンによる獲得免疫よりも自分が持ってる自然免疫・T 細胞系の働きの方がはるかに優れています。聞いたこともない疾患とお付き合いするようになると後が大変ですから、良く検討してください。ノババックスは心筋炎・自己免疫疾患の恐れがあります。私は人に勧められるものではないと思います。

『もしどうしても絶対に接種しないといけないのならば消去法的にノババックス』と言う記事がありましたが、根本的に間違っていると思うので、ここで紹介はしません。

「5類へ」は「格下げ」ではなく永遠の感染対策への道

見出し画像

過剰な対策に疑問を持つ方々から、「5類へ下げろ」「5類へ落とせ」の声が多く聞かれます。これに強い危機感を抱いています。
「新型コロナウイルス感染症」、実はこれは病名ではありません。「2類」や「5類」と同じ分類名です。「新しくて国民が免疫を持っておらずとても危険な風邪」が流行したときに一時的に呼ぶ名前です。
「とても危険」でなくなれば自動的に「名前のない風邪」になります。
「5類」にするには、あらためて国が指定しなければなりません。
「5類」にはインフルエンザも含まれます。インフルエンザと同等になれば、ワクチンなどの感染予防対策が永遠に続くことになります。
今「5類へ」と訴えて、国から「普通の風邪だったけど、要望通りわざわざ5類に『格上げ』したんだから文句はないよね?」と言われれば何も言えません。
その意味を込めて『「5類へ」は「格上げ」』とタイトルを付けました。

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

eighteen − fourteen =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。