新型コロナウイルス

検体を捨てるPCR検査所・高齢者の水疱性類天疱瘡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閉院したクリニックが無料PCR検査所開設 元院長が証言「勝手に名前を使われた」 ずさんな検査体制も「検体捨てますね」【調査報道23時】

■“存在しないクリニックが無料PCR検査所を開設” 情報元に現地へ行くと・・・

■「またもみ消すか・・・?」「捨てますね~」元社員が語る“ずさんさ”

■検査業務を取り仕切っていたX氏は何を語るのか・・・?

■投資話でトラブルも X氏「補助金が下りずに返済できていない」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ ドイツもコイツもいい加減にしなさいよ! と言いたくなります。PCR検査自体の精度は低く、偽陽性や偽陰性が頻発。「また揉み消すか・・・?」 「検体も古いんでどうしようもありません。捨てますね~」 依頼者から検体を預かり、判定を出さずに捨てたのなら犯罪でしょう。

儲かるからと投資したものの、その後はメチャクチャではないですか。金に目がくらんだ連中の末路。

水疱性類天疱瘡が起こっている

自己の身体を攻撃する自己免疫疾患。介護施設からワクチン接種後に増えているとの情報があります。

Image

自己抗体(自分の身体を攻撃する免疫物質)の影響で、皮膚に水疱(みずぶくれ)ができる病気です。水疱性類天疱瘡によってできる水疱は大きくて固い上に、破れにくいという特徴があります。高齢者に多い病気です。感染症が原因ではないので他人にうつることはありません。水疱性類天疱瘡では悪性腫瘍(がん)が隠れていることがあるので、水疱性類天疱瘡がみつかったときには他の病気が隠れていないかも調べられます。

視診(外見を観察する診察)や病理検査、血液検査によって診断が行われ、ステロイド薬(飲み薬と塗り薬)を中心に治療が行われます。重症と考えられる場合には免疫抑制薬や血漿交換法が行われます。大きくて固く破れにくい水疱が身体にできたときは水疱性類天疱瘡の可能性があります。皮膚科を受診してください。

 

 

【ドクター永井の皮膚科】高齢者の水ぶくれ 〜水疱性類天疱瘡

※ 医者の解説なので、あまり信用しない方が良いかも知れません。ステロイド漬けにされる恐れがあります。効果が無いからと言って、大量処方されるようになると危険。ステロイドについて、よく調べてからの方が良いです。

水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぽうそう) 自己免疫水疱症のひとつです。  自分のある種の組織をこわしてしまうような「自己抗体」がつくられる病気です。  水疱性類天疱瘡では、表皮と真皮の接着を壊すような抗体がつくられてしまい、 表皮と真皮の間に水ぶくれができます。 赤い発疹のうえに水疱がたくさんできて、かゆみがあります。 最初は赤い発疹のみのこともありますが、その上に比較的しっかりした水疱ができます。 

緊満性水疱といいます。  浅いところ、表皮の中にできる病気もありますが、 これは水疱のうえには表皮がしっかりあります。 見た目でもある程度わかります、確定診断としては皮膚の一部をとって特殊な染色をしたりします。 血液の検査で、抗BP180 抗体陽性であれば診断できますので便利です。 水疱の処置の基本は他の動画でご紹介していますが、 これは全身的な病気なので傷の処置をすればよいということではありません。 

治療はステロイドのステロイドが中心です。 抗体を抑えきれる治療をしないと治りません。 新しい水疱ができるのを抑えられる十分な量のステロイドが必要となります。 軽いうちなら少しの量で抑えられることもありますが、 全身に広がってしまうと少しではおさまりません。 その人によって病気の勢いも違います。 軽いうちなら少ないステロイドの量ですむので早く診断することが重要です。

ステロイドが効かないときは、免疫抑制剤などの特殊な治療が必要なこともあります。 ステロイドも副作用があり、免疫力を低下させます。感染の注意が必要です。  そのほかにも糖尿病の悪化、高血圧、胃潰瘍、骨が弱くなるなど、薬の量が多く長期になるほどリスクがあがります。  ステロイドを投与して十分に効果がでると、新しい水疱はできなくなります。 しかし、すぐにやめるのではなくて、その量を継続し、ゆっくり減らして維持量まで持っていきます。長い期間ステロイド最初の量が少なく済むのがなによりです。 高齢者に多く、感染症が命に関わることもあります。 早めの受診、診断が大事です。

子ども達に自由を!子ども達をマスクから解放しよう!

Nori🇯🇵自由を取り戻す‼️
 
@New_Reiwa_Japan
この動画を見て、なお子どもにマスク着用を要求する先生は教育者としての資格がない。

全校の子ども達にマスクを外させる事を実現した勇気ある校長先生の実話にもとづき、編集を加えたフィクション動画です。内容の全ては科学的根拠にもとづいています。

体育大会の練習中に熱中症になった尼崎市の中学校の生徒達はやっぱりマスクをしていた。これは無知な教師による人災であり、マスクは有害だ。 「8人は自力で歩くことができない」 このような狂った学校のマスク虐待を直ちに止めるべきだと思う人はこの映像を回覧して下さい🙏

今度は、兵庫県の尼崎市立花中学校で体育大会の練習中に二十数名に熱中症が発生し、16人が次々に救急車で病院に運ばれた。 なお、この学校のHPによれば、以前の体育大会の練習中にマスク着用していた実績がある。今回も同じ状況だった可能性ある。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

4 + 18 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。