新型コロナウイルス

こびないナビ:既感染者にワクチンは必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

korona

Image

自然のSARS-CoV-2感染から回復した医療従事者は、強制的な予防接種命令から免除されるべきである

語源によると、免疫という言葉はラテン語の免疫に由来し、これは公共サービスから免除され、課税されないことを意味します。重荷を負わない。その延長線上で、免疫という用語は特定の感染症から免除されることを意味しますが、一部の国で実施または提案されているワクチンの義務のために、この用語は現在、雇用の免除と同一視される危険があります。

英国では、英国のワクチン接種を受けていない医療従事者は、自分自身と脆弱な患者の両方に危険があると認識されているという理由で、差し迫った解雇の見通しに直面していましたが、英国政府は現在、マンデートを廃止すべきかどうかについて協議しています。多くのワクチンの義務には、職場でのSARS-CoV-2曝露を考慮すると、医療従事者の大部分を占める自然に免疫のある人が含まれています。

しかし、このような一方的な義務化に反対する説得力のある議論があり、ウイルス性気道感染症や免疫に関する蓄積された知識の観点から繰り返す必要があります。

第一に、インフルエンザなどの一本鎖RNAウイルスの場合、感染からの回復後の自然免疫は、ワクチン免疫力の低下のために毎年実施する必要があるワクチン接種よりも優れた防御を提供することは十分に確立されています。 SARS-CoV-2についても同じことが示されている。

ある研究では、自然感染に曝露された個体は、自然感染のないワクチン接種を受けた個体と比較して、再感染する可能性が10倍低かった(調整ハザード比0・02、以前の感染の95%CI 0・01-0・04ワクチン接種の0・26、0・24-0・28)。自然感染に曝された個人は、COVID-19で病院に入院する可能性も低かった。

第二に、COVID-19のパンデミック以前は、ウイルス性気道病原体に対する全身ワクチン接種はワクチンを重篤な感染から保護するが、これらの個体は依然として粘膜免疫の欠如のためにワクチン接種を受けていない個体にウイルスを感染させることができるという確立された原則であった。、自然感染に起因する免疫を有する個人は、ワクチン接種を受けているが自然に免疫されていない患者と比較して、脆弱な患者(自分自身がワクチン接種を受けるべきである)に感染を伝達する可能性はおそらく低い。

上気道の長期免疫は直接測定できず、血清抗体レベルは粘膜免疫の代理ではありません。

第三に、以前の自然なSARS-CoV-2感染を有する個体におけるワクチン接種は、いわゆる超免疫(またはハイブリッド免疫)を誘発すること、すなわちワクチン接種単独と比較してより高い抗体およびT細胞応答を誘導することが多くの研究によって示されている。概念はしばしばワクチン接種に有利に喚起されるが、この超免疫状態は証明された長期的な臨床的相関関係を持たず、自然免疫を有する個人におけるワクチン接種の限界的な、もしあれば、追加の利益を示す研究が増えている。

ワクチン接種を受けた個人におけるより高い血清抗体応答を自然感染に対する優位性に帰することは、抗体レベルの減少が予想される自然感染からかなりの時間が経過した可能性があるため、誤りである。さらに、上気道に強いインターフェロン依存性免疫が誘導される自然感染は、インターフェロン関連インフルエンザ様症状を引き起こす可能性があるが、先天性サイトカイン応答は、臨床的に有意な抗体生成のための粘膜障壁の十分な侵害を防止する。

筋肉内ワクチン接種は、一過性ではあるが血清抗体として測定可能な抗体応答を容易に生成する。この現象は、ワクチンが自然感染よりも優れていると主張するために使用することはできません。

ドイツを含む一部の国では、自然SARS-CoV-2感染から回復した医療従事者は90日間の強制ワクチン接種を免除されているため、自然免疫とワクチン接種の同等性に関する免疫学者の声が少なくとも部分的に聞かれています。、ウイルス性肺炎と自然免疫の歴史に基づいて、この時間枠の科学的根拠は不明であり、おそらくそれは無期限であるべきです。

イギリスでは医療従事者の不足が続いており、ワクチンの義務化はおそらく悪化するだろう。実際、これが英国政府の政策再考の主な要因であるように思われる。医療従事者のさらなる危機を回避するための強力な要素には、COVID-19から回復した個人の自然免疫の力を政治家に認識させることが含まれるべきです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<こびないナビ>勤務医が誰にも媚びずに本音で語るCOVID19 #3-2既感染者のワクチン接種は必要か?

勤務医団の本音

 

1.自然感染による免疫のほうがワクチンによる免疫より優れている
2.抗原原罪 (武漢株用を打つと、将来変異株に暴露しても武漢株の抗体産生に偏ってしまう)
3.副反応がより強く出る
既感染者にワクチンは必要か? 新型コロナワクチンの是非はさておき、 専門家とも意見交換をし、 必要ない という判断になりました。 参考にされてください。

(1)自然感染による免疫は優れている 
 自然感染による免疫は、ワクチンによる免疫より優れているという論文は数多く投稿されています(論文の簡潔な内容は別記事で紹介します)。
 以下にそのいくつかをご紹介します。 
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2550-z
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8253687/ 
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.06.01.21258176v2 
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.03.06.21253051v1
Comparing SARS-CoV-2 natural immunity to vaccine-induced immunity: reinfections versus breakthrough infections | medRxiv
https://www.israelnationalnews.com/News/News.aspx/309762 
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.11.15.21265753v1.full.pdf
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2022.02.19.22271221v1.full.pdf
 
 これはワクチンによる免疫が、スパイク蛋白への免疫に限定しているのに対し、自然感染による免疫では、ウイルス全体(N蛋白、E蛋白、M蛋白など)に免疫ができるからと考えられます。
 
 (2)ワクチン接種により武漢株スパイク蛋白への免疫に偏る(抗原原罪)
 
 既感染者にワクチンを接種すると、変異体への反応性が低下したという論文が報告されています。
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.08.12.21261952v1.full.pdf

 図は、2回目接種により武漢株と比較し、α株に対する反応性が低下しているのに対し、既感染者(patients2021,2021)の反応性は、接種者より有意に高いことを示しています。
免疫の専門家の見解を伺ったところ、2回目の接種で反応性が低下することから、「抗原原罪」を示唆していると考えられるとのことです。
(武漢株用のワクチンを打つと、変異株に暴露しても武漢株に対する抗体を産生する現象)

 (3)既感染者は副反応が強く生じる

 さらに重要なことは、既感染者はすでに新型コロナに対する免疫を有するために、ワクチンを接種すると全身性の副反応が出やすいことです。
Vaccine side-effects and SARS-CoV-2 infection after vaccination in users of the COVID Symptom Study app in the UK: a prospective observational study – PubMed (nih.gov)
 実際に、強い副反応を経験している方々もおられるでしょう。
 mRNAワクチン接種によってスパイク蛋白が産生されると、身体はウイルスが入ってきたと認識し、リンパ球による自己組織への攻撃が始まり、副反応が強くなります。既に免疫を成立させている既感染者が1回目から強い副反応を呈するのは、リンパ球が即座に反応するからです。
  
 
 Lancet Rheumatologyには、以下の見解が投稿されています。
『既感染の医療従事者はワクチン接種義務の対象から除外されるべきである』

①  効果が減弱するワクチン接種より、感染回復後の自然免疫の方が優れている。

②  ワクチンでは粘膜免疫を誘導できないので、接種しても人にうつす可能性がある。あくまでワクチンは、接種する個人の重症化を予防するためのものである。

③  既感染者にワクチンを接種すると、高い抗体価やT細胞応答を誘導するが、この長期的な臨床効果は証明されておらず、ベネフィットはほとんどないという研究報告が増えてきている。接種者の抗体価が高いから既感染の免疫より優れているという考えは誤りである。

④ドイツを含めた一部の国々では既感染の医療従事者は90日間ワクチン接種が免除される。しかし、90日という科学的根拠は不明で、無期限とすべきである。

⑤ワクチン接種義務により医療従事者が不足している。自然免疫の効力を政治家に認識させるべきである。
 
※詳細は、荒川央先生のnoteでも紹介されています。
SARS-CoV-2自然感染から回復した医療従事者は、ワクチン接種の義務化の対象から除外されるべきである: Lancet Rheumatolに掲載された記事から|荒川央 (あらかわ ひろし)|note

 
まとめ
・自然感染による免疫のほうが、ワクチンによる免疫よりも変異体への反応性や持続性に優れている。
 
・ワクチンを打つと武漢株に対する免疫が強化され、変異株への対応幅が減弱する(抗原原罪)
 
・既感染者は副反応が強く出る
 
 以上より、既感染者に対するワクチン接種は、強い副反応というデメリットに比してメリットも少ないため、不要と考えます。

  自然感染による免疫が優れていることを、今一度認識することが大切だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SARS-CoV-2自然感染から回復した医療従事者は、ワクチン接種の義務化の対象から除外されるべきである: Lancet Rheumatolに掲載された記事から

荒川央 (あらかわ ひろし)

 

このところ欧州各国ではコロナ関連の規制が緩和の流れにあります。コロナに対する規制そのものを大きく緩和する国に加え、突如規制自体を撤廃する国も出てきました。一方、部分的に規制の緩和をするとしながらもワクチン義務化は諦めないといったチグハグな姿勢の国もあります。コロナ規制の緩和とコロナウイルス蔓延の状況も対応しておらず、すでにコロナワクチンをめぐる政策も各国で支離滅裂の様相です。

コロナワクチンの推進の流れが世界的に繋がっていたように、コロナワクチンを食い止める流れも世界で連鎖してきているのではないでしょうか。対応に苦慮した各国政府が右往左往しているようにも見えます。

欧州でも日本でも、コロナ騒動の本質に気付いている人と気付いていない人では見えている世界がまるで違うようです。実際気付いていない人が多数派であり、医者や科学者も例外ではありません。しかし、危機に気付いた良心的な医者や科学者は世界中でコロナワクチンの危険性やコロナ規制の無意味さを訴えています。学術雑誌に発表された論文や記事も流れを変える助けになっていると思われます。

Health-care workers recovered from natural SARS-CoV-2 infection should be exempt from mandatory vaccination edicts
McGonagle (2022) Lancet Rheumatol
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35156059/

SARS-CoV-2自然感染から回復した医療従事者は、ワクチン接種の義務化の対象から除外されるべきである。

語源を調べてみると、immuneはラテン語のimmunisに由来し、公務を免除される、税金を課さない、負担をかけないという意味がある。その延長線上で、免疫という言葉は特定の感染症から免除されることを意味するが、いくつかの国で実施または提案されているワクチン義務化のために、この言葉が雇用からの免除と同一視される危険性が出てきている。

英国では、ワクチン未接種の医療従事者は、自分自身と弱い立場にある患者にとって危険であると認識され、解雇の危機に直面したが、英国政府は現在、この義務付けを廃止すべきかどうかを協議している。多くのワクチン接種の義務付けは、もともと免疫のない人たちを対象としている。しかし、このような一方的な義務化に対しては、ウイルス性呼吸器感染症と免疫に関する知識の蓄積という観点から、繰り返し述べるべき説得力のある主張が存在する。

第一に、インフルエンザなどの一本鎖RNAウイルスでは、ワクチン免疫の低下により毎年接種する必要があるワクチン接種よりも、感染から回復した後の自然な免疫による防御が優れていることがよく知られている 。SARS-CoV-2についても同様で、ある研究では、自然感染した人は、自然感染のないワクチン接種者に比べて10倍再感染しにくかった(調整ハザード比、過去の感染については 0.02、95% CI 0.01-0.04 vs ワクチンについては 0.26、0.24-0.28)。自然感染にさらされた人はCOVID-19で入院する確率も低かった。

第二に、COVID-19のパンデミック以前は、ウイルス性呼吸器病原体に対する全身ワクチン接種によってワクチン接種者は重症感染から保護されるが、粘膜免疫がないためにワクチン接種者以外の人にウイルスを伝播することがあるという原則が確立していた。したがって、自然感染による免疫を持つ人は、ワクチンを接種しても自然な免疫がない人に比べて、弱い患者 (自らワクチンを受けるべき) に感染する可能性はおそらく低いと考えられる。上気道の長期免疫は直接測定することができず、血清抗体値は粘膜免疫の代用にはならない。

「免疫」の語源は免除。興味深いですね。ちなみに「抗体」は英語でantibody (anti 抗 + body 体)、ドイツ語でAntikörper (Anti 抗 + Körper 体)。日本語の抗体はそうしたものの直訳です。

日本でも医療従事者は最初期にコロナワクチン接種の対象者になりました。ワクチン未接種の状態で患者に接する事が危険と認識されたからです。しかし、これはコロナ以前から分かっていた事ですが、一般論としてワクチンを接種しても接種者が未接種者にウイルスを伝播することはあります。本来ワクチンとは接種した本人を保護するためのものであったはずです。そしてその他のワクチンと同様に、コロナワクチンを接種しても接種者はコロナウイルスに感染しますし他者に感染させることがあります。

ワクチンによる免疫力の検査には血清中の抗体価が使われており、主にIgGが対応します。IgGの主な機能は全身の防衛です。一方、ウイルス性呼吸器感染症の最前線は粘膜免疫であり、対応する抗体は主にIgAのクラスです。IgAは粘膜表面で最も活性が高く、粘膜表面の一次防御を担い、唾液、涙、母乳に高レベルで含まれる抗体です。IgAの主な機能は最前線での防衛ですが、通常のワクチンではそうした粘膜免疫が形成されません。血清中の抗体価を計るだけでは免疫の一部しか見えません。

コロナウイルス感染によって免疫を作った場合、コロナウイルスの多様な抗原に対しての抗体、T細胞免疫が作られます。そうした抗体の中には血流を循環するIgGクラスの抗体、粘膜表面のIgAのクラスの抗体も含まれます。抗体が認識する抗原もスパイクタンパクに限定せず多様です。一部のB細胞はメモリー細胞として待機状態にあるでしょう。またこれらの免疫は自然免疫とも共闘して、粘膜バリアの破壊を防ぎ、感染防御の最前線で働きます。

このように、ワクチンによって得られる免疫よりも、自然な感染によって得られる免疫の方が優れているという事は以前からよく知られていました。にも関わらず、免疫学の経験や知識はなぜかコロナ騒動が始まって以来おろそかにされているのです。

第三に、SARS-CoV-2の自然感染の既往がある人にワクチンを接種すると、いわゆる超免疫 (またはハイブリッド免疫) 、すなわちワクチン単独接種と比較して高い抗体およびT細胞応答を引き起こすことが多くの研究で示されている。この概念は、しばしばワクチン接種に有利に働くが、この超免疫状態は長期的な臨床的相関が証明されておらず、自然な免疫を持つ人にワクチンを接種しても、追加利益はほとんどないとする研究が増えてきている。

ワクチン接種を受けた人の血清抗体反応が高いから自然感染より優れているとするのは誤りであり、自然感染からかなりの時間が経過しており、抗体レベルが低下していることが予想されるからである。さらに、自然感染では上気道でインターフェロン依存性の強い免疫が誘導され、インターフェロンに関連したインフルエンザ様症状を引き起こすが、自然サイトカイン反応により臨床的に有意な抗体産生に必要な粘膜バリアの破壊が阻止される可能性がある。

筋肉内接種では、一過性ではあるが、血清抗体として測定可能な抗体反応を容易に生じさせることができる。この現象を利用して、ワクチンが自然感染より優れていると主張することはできない。

ドイツなど一部の国では、SARS-CoV-2の自然感染から回復した医療従事者は90日間ワクチン接種が免除されるため、自然な感染でできる免疫とワクチン接種の同等性に関する免疫学者の声は少なくとも一部には届いているが、ウイルス性肺炎と自然にできる免疫の歴史から、この期間の科学的根拠は不明で、間違いなく無期限であるべきだろう。

イギリスでは医療従事者の不足が続いており、ワクチン接種の義務化はおそらくこれを悪化させるだろう。実際このことがイギリス政府がこの政策を再検討した主な要因であるように思われる。医療従事者のさらなる危機を回避するための強力な要素として、COVID-19から回復した人の自然な免疫の力を政治家に認識させることが必要である。

自然な免疫を持つ人にコロナワクチンを接種しても、追加の効果はほとんどないとする研究が増えています。抗原原罪の仕組みからもそのように考えられます。ウイルスに対する抗体をすでに持っている場合、その抗体はナイーブB細胞の活性化を抑制するので、コロナワクチンを接種しても新たな抗体を作る事が出来なくなるからです。

血清中の抗体価を計るだけでは免疫の一部しか見ていない事はもちろんですが、抗体の存在が重症化防止に働くかどうかも分かりません。現行のコロナワクチンで作られる免疫は、現在はすでにほぼ収束していると思われる初期の武漢型コロナウイルスのスパイクタンパクに対してだけです。コロナウイルスは抗体を利用して感染できるウイルスであり、ウイルスに利用されて抗体依存性感染増強 (ADE) が起きると抗体の存在が重症化に繋がる懸念もあるからです。

抗原原罪が起これば、変異株に対する新たな抗体産生も抑制され、重症化に繋がります。ADE、抗原原罪も特殊な免疫不全とも考えられます。

コロナウイルスの自然感染から回復した人は特定の期間ワクチン接種が免除される国もあります。例えばドイツでは感染から治癒した人は90日間ワクチン接種が免除されます。ではどうして90日間なのか。メモリー細胞は90日間で無くなるわけでもなく、免疫が有効な期間を決める科学的根拠は不明です。この期間は論文内でも言われているように無期限であっても良いわけです。ちなみにイタリアでは3回目接種をした人は無期限のパスを取得できる事が最近決まりました。

そこに科学的根拠は見当たりません。そしてこれまで繰り返されてきたように、そのルール自体もいつ覆されるかも分かりません。コロナウイルスに感染してワクチンパスポートを支給されても数ヶ月で無効になるのならやはり問題の解決にはなりません。医療従事者の休職、辞職が相次いだ事も英国のコロナ規制撤廃に繋がったのでしょう。

ワクチン未接種者を追い詰めているように見えた政権も、実際には反対に追い詰められていたのではないでしょうか。コロナ騒動の背景にあるのは世界的なファシズムであり、それに対して多くの人がそれぞれの立場で戦っています。SNS、ブログ、動画サイト等での発信、デモやフリーダムコンボイ。一人一人は小さな戦いでも、総体としてはコロナワクチンを推進する勢力に対して大きな圧力となっているのではないでしょうか。

仮にコロナ規制が撤廃されたとしてもそれで終わりではありません。ワクチン後遺症患者の救済や訴訟、責任の追及などが続くでしょう。流れは少しずつ変わり始めています。この流れを確かなものにしていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

18 − eighteen =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。