新型コロナウイルス

こびないナビ:抗体価は高ければ高いほど良いですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<こびないナビ>勤務医が誰にも媚びずに本音で語るCOVID19 #4 抗体価は高ければ高いほど良いですか?

勤務医団の本音

 

 

 ワクチンの効果は実際に感染・発症・重症化をどれだけ防いだかで評価されるべきですが、抗体価をもってその効果が強調されることも多いと思います。こびナビのHPにも以下のような記載があります。 

画像
                            https://covnavi.jp/faq/

 それではここから、この抗体価が何を意味するかを確認していきましょう。
 まず大前提として、生物は特定の病原体の抗体価をずっと高いまま保ってはいません。それは当たり前のことで、常時その病原体がやってきているわけではないのに、ずっとその抗体を作り続けていたら無駄でしかない。限られた免疫のリソースで外界の多種多様な病原体に対応するために、ある特定の病原体のためにリソースの多くを割き続けるようなことはしません。だから免疫の記憶だけを残して抗体価は下げて、次にその病原体が来たらすぐに応答できるようにしておく。
 ここまではいいでしょうか。

 そして実際にこれまでも臨床現場ではそういった考え方をしてきました。
 環境感染学会のガイドラインを見ればわかるように、麻疹・風疹・ムンプス・水痘といういわゆる4抗体価(医療従事者が入職時に確認されるものです)に関しても、基本的には2回のワクチン接種歴が確認できればそれで良いのです。抗体価は確認しない。

画像
     http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/vaccine-guideline_03(4).pdf

 ただし、既罹患で予防接種を受けていない場合に限り、抗体価を調べて基準値を超えていれば就業許可と判断します。抗体価はこの場合にのみ出てきます。

 またB型肝炎についても、3回の接種で抗体価が一度でも10 mIU/mlを超えれば、そのあといくら抗体価が下がっても問題ないとしています。ここでもやはり免疫記憶が残ればそれで良いとしています。

画像
     http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/vaccine-guideline_03(4).pdf

 それでは翻ってコロナはどうでしょうか。
「2回接種したら武漢Sタンパクへの抗体価がこれだけ上がった!」
「自然感染よりも上がるから、自然感染よりワクチンによる免疫の方が優れる!」

「2回接種からしばらくしたら抗体価は落ちるけど、3回目で爆上がりする!交互接種だとさらに上がる!」
などといつまでも大騒ぎしています。
 一体どうしてこんな話に一般大衆のみならず、医者たちも踊らされるようになったのでしょうか?実際の臨床現場でも、感染症専門医も含めた臨床医たちがいまだに抗体価に一喜一憂しています。コロナ前の常識はどこにいったのでしょうか?重要なのは随時の抗体価ではなく、免疫の記憶が残ったかどうかだったはずではないですか?

 そしてさらに重要なことは、コロナ武漢株Sタンパクに対する抗体価が意味するものと、麻疹・風疹・B型肝炎などに対する抗体価が意味するものは全く異なるということです。まず前者のSタンパクは頻繁に変異しますが、後者は容易には変異しません。そしてコロナでは武漢S抗体価が高ければ高いほど感染を防ぐなどということは、特にオミクロン全盛の今に至っては全く間違っています。
https://www.journalofinfection.com/article/S0163-4453(22)00060-3/fulltext
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2022.03.03.22270812v1

 そうではなくて、むしろワクチン接種によって武漢S抗体価が上がっている人は抗体依存性感染増強(antibody-dependent enhancement:ADE)を起こし得る非中和抗体も上がっているわけで、抗体価が高いことが逆効果になりうる。そしてADEが実際に起きているかどうかの確認試験は非常に難しく、大規模接種後に過去最大の流行となっている世界の状況を見れば、既にADEが起きていることも十分に考えられます。
http://www.biken.osaka-u.ac.jp/_files/_ck/files/researchtopics/2021/2021LiuArase-Cell-210617.pdf

 というわけで、いまだに「抗体価!抗体価!」と言っている医者はおそらく免疫について何も分かっていません。しかしまあかくいう私たちも複雑すぎる免疫の仕組みをほとんど分かっていないに等しいですが、それでもコロナに対する免疫は抗体価だけで語ってよいほど単純なものではないことは理解しているつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

6 + nineteen =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。