新型コロナウイルス

ワクチン接種後に帯状ほう疹患者が急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帯状ほうしん患者が急増

帯状ほう疹」患者が急増 3回目接種後に発症した男性(20代)の場合は…

コロナ禍のなか、「帯状ほう疹」の患者が急増したと言います。一体なぜなのでしょうか。 近畿大学医学部皮膚科学教室 大塚篤司 主任教授 「私が近畿大学で患者さんを診ている限りでは、去年の春から夏にかけては、患者さんが非常に多く増えた印象があります。だいたい1.5倍~2倍くらい患者さんを診た印象はあります」 こう話すのは近畿大学医学部皮膚科学教室の大塚篤司主任教授。

コロナ禍の今、帯状ほう疹に警戒が必要だと警鐘を鳴らします。 近畿大学医学部皮膚科学教室 大塚篤司 主任教授 「高齢者の人が基本的にかかりやすいので、50代以上の人が多いんですが、20代でも受診される人がいて、それは普段とは違う印象がありました。コロナ禍でストレスがかかって、帯状ほう疹発症する可能性がひとつあります」 帯状ほう疹の原因は、子どもの頃にかかった水ぼうそうが治った後も体内に潜伏しているウイルスです。

ストレスや疲れ、免疫力の低下などにより、これが再活性化し、帯状ほう疹を発症するといいます。 また、新型コロナワクチンの3回目接種後に帯状ほう疹が出たというケースも。 帯状ほう疹を発症した男性(20代) 「最初は背中がかゆいだけだと思っていて、背中なので自分で見られないので、虫刺されと思って放っておきました。3日くらい経ってから、知人に背中を見てもらったら、虫刺されっぽくないと言われて、確かにその時、水ぶくれのようなものができていたのと、範囲も広がっていました」 男性はすぐに、かかりつけのクリニックを受診。

帯状ほう疹と診断され抗ウイルス薬を処方してもらいましたが、その後、かゆみのほかに頭痛や発熱の症状が出たといいます。 帯状疱疹を発症した男性(20代) 「コロナワクチンを打ってから10日後ぐらいだったので、心当たりがあるとしたらそれくらいだと思っています。クリニックも2つ行ってみて、最初発症してから月曜日に受診したクリニックと、熱に出た日に受診したクリニック、どちらともで「コロナワクチン接種後に帯状ほう疹が出た人が数人いる」と言われました」

大塚主任教授は新型コロナワクチンと帯状ほう疹の直接的な関係は分かっていないとしたうえで、接種後は注意が必要と話します。 近畿大学医学部皮膚科学教室 大塚篤司 主任教授 「コロナワクチンを打ったことによって、イメージとして、脊髄のところにいた免疫が駆り出されて、ほかの免疫のところに働いたために、ヘルペスが増えやすくなったというのは論文等でいわれています。

多いところの報告だと、コロナワクチン接種者の10%くらいの人にヘルペスウイルスの活性化があったという報告もあります。帯状ほう疹は治療薬もあるし、後遺症もほとんど無く治療が可能です。コロナは治療薬ほとんど出ていないですし、後遺症の問題もあるので、バランスを考えると、コロナワクチンをしっかり接種してもらいたいと思います」 また、帯状ほう疹の患者数が増える50代以上には、帯状ほう疹のワクチン接種も検討してほしいとしています。

『バランスを考えると、コロナワクチンをしっかり接種してもらいたい』とは、この人は何を考えているのでしょうか。さらに帯状ほうしんワクチンまで打たせようとしていますが、さらにワクチンで免疫を低下させるのでしょうか。この人に考える力があれば、ワクチンという選択肢はあり得ないのですが。

『ワクチンを接種すると免疫が低下する』これは以前から言われていましたが、同じようなことは『がんが急速に進行する』というものもあります。どちらも免疫を抑えることで身体の炎症を起こさないという作用機序がありますから、ワクチン開発者からすれば想定した範囲内ということになるでしょう。問題となるのは、そのようなことを知らずに接種してしまった人です。帯状ほうしんは自然免疫・T細胞系の抑制、がんの進行はTreg細胞の免疫寛容によるものと考えられます。

 

このブログでも昨年5月から『絶対打つな!』と繰り返し言ってきましたから、それでも打ってしまう人についてはどうしようもありません。自己責任で自己判断なのでしょうから、その結果は自分で負うしかありません。数多くの研究者が指摘してきたように、いま、その通りのことが起こっているわけです。また、一定期間経過した後に自己免疫疾患が発生してくるとの指摘がありましたが、これからこのような症例が増加してくるものと思います。

『そのようなことは聞いていない』『安全だと言っていたではないか!』と言われても、筆者は安全だと言ったことはありません。我々の言うことをデマだとして耳を貸さなかった人たちです。

原因はコロナ感染かワクチン接種か 「今までの体じゃないような」 専門外来を受診した女性の症状とは (22/04/12 16:49)

名古屋市中区の金山駅前にある「柊みみはなのどクリニック」。 4月8日の金曜日、ここに61歳の女性が診察に訪れました。 女性は去年7月に1回目、8月に2回目と新型コロナワクチンの接種を2回受けました。 その後、ことしに入って1月中旬から「舌のしびれ」や「味覚の異常」を感じ、2月には手足の皮膚の表面がめくれるようになったということです。 (体調不良を訴える61歳の女性) 「ことしに入ってから不調続き。

今までの自分の体じゃないような感覚が、ことしに入ってから出てきた。『コロナワクチンの後遺症じゃないの?』と主人にも言われた」 体の異常は知らない間に感染した「新型コロナの後遺症」か。 あるいは「ワクチンの後遺症」ではではないかと考えた女性。 3月25日、このクリニックが週1回、金曜日の午後に開設するようになった「ワクチン後遺症外来」を知り、この日初めて受診しました。 今の症状は…。

(体調不良を訴える61歳の女性) 「極めつけは、髪が抜ける。大量に抜けて…、今これウィッグなんですよ」 3月ごろから髪の毛が抜け始め、気づいた時には円形脱毛が2つできていました。 現在、一般的に言われている「新型コロナワクチンの後遺症」とは。 (柊みみはなのどクリニック 内藤孝司・医師) 「頭痛、全身けん怠感、注射部位を含めた全身のどこかの体の痛みを訴える方が多い」 内藤孝司医師によると、岡山大学による追跡調査の結果、ワクチンの副反応の症状を訴えた人のうち、99パーセントが1週間ほどで症状が消失し、1か月症状が続いた人は1パーセント以下と非常に稀だったということです。

クリニックを受診したこの女性は、採血をして1週間後の結果を待つことになりました。 (柊みみはなのどクリニック 内藤孝司・医師) 「現時点では(後遺症か)分からないです。(ご本人の)思いを否定することは難しいし、本当にコロナワクチンが原因かもしれないので。長い期間、治療して結論を出していきたいと思う」 ワクチンの副反応や後遺症について、名古屋市は3月25日から専用の電話相談窓口を設置。

【名古屋市 新型コロナワクチン副反応相談窓口  090-1886-6370 090-1886-6380  土日祝日を除く 午前9時~午後5時】 4月8日までに479人から相談を受け、うち311人を協力する医療機関に紹介しました。 (愛知県 大村秀章・知事:4月5日の会見) 「県独自に『新型コロナワクチン副反応等見舞金』を支給する」 また、愛知県もワクチンの副反応とみられる症状が出た人に対して、「医療費の半額を支給する」ことを決めました。 内藤医師はこうした行政の取り組みを評価するとともに「ワクチン後遺症」とみられる症状が出た人には、こう呼びかけたいと話しています。 (柊みみはなのどクリニック 内藤孝司・医師) 「まずは“経過観察”といって、様子を見ることが大事です。ただし2週間が過ぎて、1か月過ぎて、身体症状が思わしくないようでしたら、早めに医療機関を受診していただければと思う」

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

thirteen + 2 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。