新型コロナウイルス

打てば3倍罹りやすくなる・重症病床詐欺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ただ今、重症病床で補助金詐欺が進行中です。国民の税金が使われているんですよ!

最後まで諦めないで!! 2022年2月25日知っといてニュース

7:22~大阪府のコロナ重症者用病床410,入院は306人、病床運用率は何と!74.6%。それでは重症者に使用されるECMO装着数は?

大阪府の病床運用率(24日)NHK関西

大阪府によりますと、24日の時点で重症患者用の病床は実際に運用されている病床が410床、入院している人は306人で、運用率は74.6%となっています。
また、軽症・中等症の患者用の病床は実際に運用されている病床が3435床、入院している人は2889人で、運用率は84.1%です。
大阪府によりますと、重症患者用の病床には軽症・中等症の患者が基礎疾患や別の病気の症状が重いため入院していたり、設備の整っている軽症・中等症患者用の病床には重症の患者が入院していたりするケースがあるということで、運用率はこうしたケースを踏まえたものになっています。
一方、無症状の人などが療養するために利用するホテルなどの宿泊療養施設は、実際に運用されている部屋が1万1446室、宿泊療養者が2973人で、運用率は26%です。

※これで病院がコロナ病床補助金を請求したら、事件ですよ! コロナで重症などということ自体が、詐欺ではありませんか!

 

Vol.239 重症者数のカラクリ 院長の偏屈コラム 新庄徳州会病院

・・・注釈をつけることなく情報を垂れ流すだけのメディアは、バカか悪意の塊かのどちらかです。ちなみに、この時点で全国で人工呼吸器またはECMOが使用されていたのは150人程度のはずです。

 では、なぜこのような混乱が起こるのでしょうか。一番大きいのはICUにいる患者が必ずしも重症とは限らないということです。通常はICUでは重症患者を診ますが、新型コロナが2類感染症であるため、区画を分けて管理する必要があり、ICUにコロナ患者を集めたほうが効率がよいという場合があります。そのため、医学的には重症でないがICUにいるということが起こるのです。

さらに、一昨年夏に国の基準が「ICU」から「ICU等」に変更されたため、ハイケアユニットなどのICUより軽症を扱う病床の患者も算定されるようになったことも大きいと思います。「重症者」の定義が国レベルで変更されたということは、診療報酬が変更されたということで、これにより病院の収入は2〜3倍になりました。そのため、「重症者の病床」へ患者を入院させるようになった病院は少なくないはずです。

 結局は医療も金次第かと言われそうですが、その指摘は結構当たっていると思います。今回のコロナ騒動で赤字から黒字に転換した医療機関はかなり多いのです。この他にも、コロナ患者受け入れのための病床を空けておくために、「空床補償」というものもなされていますが、総額で1兆円を超えています。必死で診療にあたる医療機関を救うという名目で、多くの税金が投入されました。

コロナ病床を確保しその補助金は手にしながら、いざ患者の受け入れ要請があると断る「幽霊病床」というものもありました。高名な先生が理事長を務める病院でも、300億円以上の補助金を受けながら、30%以上が空床だったという事件も話題になりました。

私の病院は、ほとんど新型コロナの影響を受けていないので、大きな変化はありませんが、一部の医療機関にとっては今回の騒動はまさに「コロナバブル」でもあったのです。確かに一部の病院の一部の医療従事者は本当に大変な苦労をしたと思いますが、ちゃっかり稼いだ奴もいるのです。それが明らかになったとき、医療従事者に対する国民の感謝や尊敬の気持ちが、一気に逆転するような気がします。(以下省略)

 

打てば3倍かかりやすくなるJPSika doctor

英国covid-19サーベイランスレポート第8週から

ADE:抗体依存性感染増強が起きている感じがする。ブレイクスルー率、3回目を打っているのに未接種者より罹りやすい。2倍、1.5倍を超えて3倍に行ってしまっている。70代、80代は低いが、これは抑制されるべき自然免疫、T細胞系が少ないから。抑制されていない未接種者、抑制されている3回済みの人、そんなに変わりない。80代は1.5倍、70代は2倍を超えている。

自然免疫、T細胞系が活発な方は、未接種者は罹りにくいわけで、接種していると罹りやすくなる、抑制が効いているから。でもそれだけではないんですよ、3倍を超えているのは。何故かというと、デルタの時のブレイクスルー率は2回接種済で約6ヶ月経過で2倍チョボチョボなんです。それが打ってから3ヶ月以内の、特に40代、30代、18~29歳は急激に上がっている。感染増強抗体がガッチリ残っていますね。

武漢型のもの(ワクチン)を打たれているんですから、3回目。これは中和能力(中和抗体の)がほとんど無い、感染増強抗体だけど、まともに3回目で作られているから。細胞に、感染してくださいという状態なんです。人為的に作っている。その作りたての人が感染しやすくなっている。ADEだと私は思います。

3回打つのは何故かというと、死ににくくなるからですけど、80代は0.4を越えてあと1,2ヶ月、3ヶ月で1を越えるでしょうね。18~29歳が今後上がってくるようだったら、3回接種済の人が何人も死ぬようになるかも分からない。日本でも10代20代が、劇症の自己免疫的な死に方をしている。そういうことが若い世代で起きやすいことかも知れない。

感染におけるADEが起きていると思います。死亡におけるADEはもう少し様子を見なければ分かりません。3回打つと罹りやすくなりますよ。いたずらに感染しやすくなるだけです。3倍感染しやすくなりますよ。

アメリカで謎の心臓病が増加中

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

17 − 1 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。