新型コロナウイルス

日本有志看護師の会が発足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本有志看護師の会

日本有志看護師の会

 
約2年にも及ぶコロナ禍への危機感から
この度、日本有志看護師の会を立ち上げました。

医療政策や人流抑制、時短営業などの社会政策、
数あるコロナ問題のなかでも「子どものコロナワクチン問題」は
急務であり、かつ緊急を要します。ワクチンは「感染による重症化や死亡を防ぐ」目的で接種されます。

この3月から「5歳~11歳のコロナワクチン」の接種が開始されようとしています。
『5歳~11歳』においては新型コロナの発症リスクが低く『死亡例は0件』です。

特筆すべきは現在、10代のコロナワクチン
『接種後の死亡例は5件』です!

そんななか、
接種体制の準備ができている自治体において、3月を待たずに接種が開始できるよう政府は「子どもへのワクチン接種」の推進を働きかけています。子どもにリスクを冒してまでもワクチンを奨める日本政府!

この状況、超緊急事態だと思いませんか?

約2年にも及ぶコロナ禍、このままワクチン接種が推進されれば
子どもたちにワクチン後遺症などの健康被害と言う禍が
起きてしまうかもしれません。

今こそ、新生児~老年期まで
幅広い人を看てきた「看護師・保健師・助産師・准看護師」の皆様、
子どもを守るために共に声を上げませんか?
この問題について、一度、立ち止まって共に考えませんか?

また、生活場面やそれぞれの医療現場で
コロナ禍における様々な問題が顕在化していると思います。
看護に携わる皆様とコミュニティーを形成し様々な問題解決の場になればと思っております。
そんな想いも込めて、大きく『日本有志看護師の会』といたしました。

2022年 2月22日
日本有志看護師の会 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

4 × 2 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。