新型コロナウイルス

イギリスでグローバリズム政権が退陣へ これは世界的な潮流

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の首都となる東京都知事選挙が行われています。上位3候補者はワクチン推進、上下水道、NTT、東京メトロ等国内資産の外資売り払いに賛成ということですが、外資に売り渡せば配当を上げるために料金が上がるのは当然で、資金は外国に流れていくために経済発展などするわけはありません。国民負担率も改善することなどあり得ません。公共セクターを民営化すれば国民経済が発展するかどうかは、今日までの30年間で実証されたのではありませんか。それだけではなくこれら重要インフラのメインテナンスに関しても恐らく放置することが考えられます。つまり小池、蓮舫、石丸の3候補はグローバリストであり、国民の敵なのです。考えてみれば、こういう連中に投票する東京都民はバカとしか言いようがありません。

英国総選挙2,024でスナク首相率いる保守党が惨敗、労働党に政権交代することになりました。この選挙で注目されるのはリフォームUKが14%を獲得したことで、かつてEU離脱のブレグジットを進めたナイジェル・ファラージが党首。彼は反グローバリズムで保守。この勢いは欧州で盛り上がりを見せ、フランスではマリーヌ・ルペンの国民連合が、グローバリストでありパンデミックで強硬策を打ち出したマクロン大統領を退陣に追い込もうとしている。

 

ハイどうすんねん 死亡疑い事例が大幅に増えた 小林製薬の紅こうじ サプリメントを巡り、 同社が紅こうじ菌の培養実験 ゲノム解析をした結果、 菌本体に腎毒性を持つ プベルル酸を作る能力が ないと断定した報告書を 被害発覚後の4月下旬に 作成していたことが5日、 関係者への取材で分かった。 同社は紅こうじ菌自体が 健康被害の原因ではないと 説明してきたが、 根拠が明らかになったのは初めて。

Image

 

紅こうじ、毒性プベルル酸作らず 小林製薬サプリ問題、汚染源焦点

共同通信7/5(金)18:45

紅こうじ、毒性プベルル酸作らず 小林製薬サプリ問題、汚染源焦点

小林製薬のサプリメント「紅麹コレステヘルプ」

 

 死亡疑い事例が大幅に増えた小林製薬の紅こうじサプリメントを巡り、同社が紅こうじ菌の培養実験やゲノム解析をした結果、菌本体に腎毒性を持つプベルル酸を作る能力がないと断定した報告書を被害発覚後の4月下旬に作成していたことが5日、関係者への取材で分かった。同社は紅こうじ菌自体が健康被害の原因ではないと説明してきたが、根拠が明らかになったのは初めて。

 同社は3月下旬に問題を公表した。国は今月4日までに、サプリとの関連を調査中の死者は新たに81人に上ると発表、小林製薬は腎疾患以外の症例も調べる方針。同社大阪工場などで青カビが見つかっており、琉球大の橘信二郎准教授(微生物利用学)は「プベルル酸を作る青カビの混入が主因といえる」と指摘。衛生管理の実態解明が焦点になる。

 共同通信が入手した報告書によると、小林製薬は実際のサプリ製造で使用する紅こうじ菌を用いて分析。容量の異なるボトルと三角フラスコの中で培養した。管理温度や加水量などを変えた18種類の条件で実施したところ、プベルル酸は生成されなかった。

 

小池百合子よ一人の女性としても思う 71歳にしてここまで嫌われるあんたの 人生って何だったんだ 都民を喰い物にした結果だろそれでもまだ 都知事やりたいんか行き着く先は地獄よのう…#小池百合子を再選させてはならない

 

バリウム検査で思い出すのが検査後に3日間トイレが出なくて、その夜に病院に行き処置をしてもらったことです。検査から帰ってきて一回トイレにきましたが、まだ残っていたようです。これは苦しいからやめた方が良いです。その上被曝量が半端ではない。

 

「原因は不明」? 食の悪化に決まってる 昔と比べて急速に台頭したのはコンビニ、ファストフード、コーヒー、スイーツなどの外食チェーン店や超加工食品 そしてそれを幼少期から数十年食べ続けてきた世代 体内で少しずつ少しずつ作られてきた癌が一気に表出し始めたの 売る側は「儲けたい」 買う側は「楽がしたい」 そんな舐めた思想で作られていく世の中自体が、人類を滅びに向かわせる凶器であり狂気である そのことに人々が気づくのはいつだろう forbesjapan.com/articles/detai

Image

 

 

イタリアのロベルト・スペランツァ元保健大臣、新型コロナワクチンの真実を隠蔽したとして殺人容疑で捜査中 イタリアのロベルト・スペランツァ元保健大臣は、殺人容疑で捜査を受けている。電子メールによると、同氏は新型コロナワクチン接種開始の当初から、ワクチンが人を殺すことを知っていたにも関わらず、地元保健局に対し、死亡や重篤な副反応を隠蔽するよう指示し、ワクチン接種プログラムは継続していたことが明らかになった。 #イタリア元保健大臣 #殺人容疑 #ワクチン接種義務
 

 

水で走る車を開発した男たち 彼らの開発した技術は、石油利権によって闇に葬られた…

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

6 − 1 =