新型コロナウイルス

英国ONS接種済みの子供は未接種の52倍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勤務医団の本音@JPN_Doctors·6hご連絡2:
今、治療が必要な方はドクターショッピングせず、今の主治医とまずはよく相談し、必要な治療を受けましょう。将来、自己免疫やがんのリスクが高まるという事実が科学的に明らかになった際に備えて、接種記録と病歴を保存することが肝要です。カルテは保管期限があり、いずれ消去されます。

Quote Tweet勤務医団の本音@JPN_Doctors · 6h説明不足なまま接種を受け、不幸にして自己免疫疾患や悪性腫瘍を発症された方にご連絡です。必ず、接種日・場所、LOT番号および病気を発症するまでの経過を記録に残しましょう。診断には病歴が非常に重要です。因果関係が不明と言われても必ずどこかに良心的な医師がいます。諦めないことが肝心です。

twitter.com/JPN_Doctors/st…193232勤務医団の本音@JPN_Doctors·6h説明不足なまま接種を受け、不幸にして自己免疫疾患や悪性腫瘍を発症された方にご連絡です。
必ず、接種日・場所、LOT番号および病気を発症するまでの経過を記録に残しましょう。診断には病歴が非常に重要です。因果関係が不明と言われても必ずどこかに良心的な医師がいます。諦めないことが肝心です。

Quote Tweet勤務医団の本音@JPN_Doctors · Feb 16ワクチン接種後に様々な自己免疫疾患を発症した症例が続々と報告されています(先のツイートの数を訂正)
直近の地方会
第294回北海道地方会 2演題/45演題
第225回東北地方会3演題/101演題
第675回関東地方会15演題/183演題
第246回東海地方会10演題/218演題
第336回九州地方会7演題/122演題4404905

 

お子さんへのワクチン接種を考えている親御さんへ

こどもコロナプラットフォームからのお願い

「お子さんへのワクチン接種を考えている親御さんへ」

と題して、子どものワクチン接種について科学的な見地から、
そして
実際に被害にあわれた生の声から
危険性を伝えるとともに

ワクチンによる死者、ワクチンによる被害者の社会的なハラスメント被害も含めて
人権問題としてもこの「ワクチン接種」の問題をシリーズでとりげます。
マスメディアの隠蔽、政府、厚労省の違法行為、ありとあらゆる問題が
「ワクチン接種」とその後の「ワクチン後遺症」の中から浮かび上がってきます。
このシリーズはその実態をお伝えし、子供さんに絶対にワクチン接種をさせないよう
伝えていきたいと思います。

こどもコロナプラットフォームは
こどもたちを新型コロナウイルスワクチンの
あらゆるリスクから守るために立ち上げました。
(正式には一般社団法人こどもコロナプラットフォーム。
サイト内ではすべてこどもコロナプラットフォームと表記)
現在、政府やメディア、自治体などによる情報発信が、
ワクチンを積極的に推進する情報に異常に偏っています。
ワクチン接種は自己判断と言いながら、
国民がワクチン接種のリスクとベネフィットを
正しく判断するための情報が得られない状況に、
私たちは大きな危機感を抱いています。

**************************

こどもコロナプラットフォームのホームページはこちら
https://www.kodomocorona.com/about-platform/

 

公式データによると、Covid-19ワクチン接種後の子供が死亡する可能性は未接種の子供より最大52倍

※詳しいデータの分析・算出方法は上のページから確認してください。

12月21日、イギリス国家統計局(ONS)は、1月1日から10月21日の間に「イングランドにおける予防接種状態による死亡」の詳細を含むデータセットを発表しました。

ONSは、この期間中に予防接種を受けていない10~14歳の人年を2,094,711歳と計算し、この期間中に予防接種を受けていない15~19歳の人年を1,587,072歳と計算しました。

10万人当たりの死亡率を調べるために必要なのは、人年を10万人で割り、その方程式に対する答えで死亡者数を割ることだけです。

だから10-14歳のために我々は次の計算を行う –

2,094,711 (人年) / 100,000 = 20.94711

96(死亡) / 20.94711 = 4.58

したがって、予防接種を受けていない10~14歳の10万人当たりの死亡率は、1月1日から10月21日までの間、10万人当たり4.58人である。

同じ式を使用することで、予防接種を受けていない15〜19歳の死亡率は、100,000人年当たり10.08人の死亡であることがわかります。

今、私たちがしなければならないのは、1回の用量ワクチン接種と2回の用量ワクチン接種10-14歳と15-19歳の死亡率を計算するために同じ式を使用することだけです。

ここでは、ONS計算された人年に基づいて、15〜19歳のワクチン接種状況によって計算された死亡率を示します。※緑:15~19歳未接種 黄色:15~19歳1回接種 赤:15~19歳2回接種

15~19歳の10代の若者は予防接種を受けていないティーンエイジャーよりも統計的に死亡する可能性が2倍高かった。

 

10-14歳のワクチン接種状況によって計算された死亡率です。※緑:10~14歳未接種 黄色:10~14歳1回接種 赤:10~14歳2回接種

ONSのデータによると、1月1日から10月21日の間に、10~14歳の子供(1回接種)は予防接種を受けていない子供よりも統計的に10倍死亡する可能性が高かった。

 

ONSのデータによると、1月1日から10月21日の間に、15~19歳の10代の若者は予防接種を受けていない10代の若者よりも統計的に3倍死亡する可能性が高かったが、10~14歳の小児は予防接種を受けていない小児よりも統計的に52倍死亡する可能性が高く、10万人当たり238.37人の死亡率を記録している。

しかし、これらの数字は、実際には、彼らがまだ十分に悪くなかったかのように、最初に表示されるよりもさらに悪いです。これは、10~14歳の予防接種を受けていない死亡率には、予防接種の対象外の10歳と11歳の子供が含まれているためです。

予防接種死亡率には当時ワクチン接種の対象ではなかったため、10歳と11歳は含まれていませんが、JCVIは最近12月21日に5~11歳の子供に対して、高リスクとみなされる5〜11歳の子供にCovid-19ワクチン接種を提供することを勧告しました。

したがって、Covid-19注射が子供のタイムリーな死亡を引き起こさなかった場合、実際には予防接種を受けていない人口の死亡率よりも低い死亡率が予想され、同様の死亡率ではなく、確かに死亡率が52倍高くないと予想されます。

この顎の落下と恐ろしいデータは全国的な見出しのニュースであるはずであり、2021年10月31日以降にCovid-19ワクチンの第1回および第2回投与を受けた何百万人もの子供たちに関するデータを含むONSからの次のアップデートで数字がどうなるかを考えるのが怖いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

twelve − seven =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。