新型コロナウイルス

政府有識者会議で政府行動計画を了承 偽・誤情報を常時監視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

政府有識者会議で政府行動計画を了承。有識者の定員35名に足りないといっていましたが、足りたのでしょうか。内閣の閣議決定は今週末の予定。このメンバーは今後国民から敵扱いされ、有識者の称号は剥奪されるでしょう。少し考えれば分るはずのことを敢えて了承することの愚かさを分らない。

政府行動計画の改定案 有識者会議で、了承。 . 誤情報を垂れ流す厚労省と、 真実を追求する国民との戦いは激化するだろう。

Image

もっかいあげとく 体内に残るコロナワクチンの有害物質除去方法 後遺症別追加薬剤 ナットウキナーゼ1日2回2,000ユニット ブロメライン1日1回500mg クルクミン1日2回500mg 吸収させるためにピペリンを5mgか10mg併用 最大限の効果を得るために食間に服用 (忍容性が高ければ投与量を増やすこともできる) 自己免疫疾患の兆候があればヒドロキシクロロキンを追加 持続感染の兆候があればイベルメクチンを追加 胸膜心膜障害の徴候が顕著であればコルヒチンを追加 ブレインフォグや神経症状があればニコチンパッチやアシクロビル、低用量ナルトレキソンなどを追加 いつ体外に排出されるかわからないスパイクタンパク質をなんとかしなければ良くなることはない

タマホイ🎶🧷 on X: “そりゃ脊髄梗塞にもなるわなってやつ https://t.co/zIK6p376KI” / X

医者が製薬会社から資金提供を受けてワクチン接種の推進をしている事例は、日本でも沢山あると思います。これからは暴露合戦が激しくなるでしょう。

有名人の医師が支払いを申告せずにCovidワクチンを宣伝しました

テレビの視聴者は、以前にアストラゼネカから数千ポンドを受け取ったことを知らされていません

ナイガット・アリフ博士はアストラゼネカと共同で研究
ナイガット・アリフ博士はアストラゼネカと共同で研究
一連の著名医師がコビドワクチンに関する議論に参加したが、アストラゼネカから報酬を受け取ったことを申告しなかったため、製薬監視機関は調査を迫られている。
ここ数週間、ゴールデンタイムのテレビ番組で、何人かの著名な医師が同社のワクチンに関する議論に参加しているが、視聴者は、彼らが以前に製薬大手から数千ポンドを受け取ったことを知らされていなかった。
今年4月、アストラゼネカは、同社のコビドワクチンが、ごく一部のケースで、まれで危険な副作用を引き起こす可能性があることを、法廷文書で初めて認めました。翌月には、オックスフォード・アストラゼネカのCovidワクチンが世界中で中止されることが明らかになりました。
この暴露により、ワクチンに関する新たな議論が巻き起こり、著名な医師がテレビ番組に招かれて副次的影響について議論しました。
英国製薬産業協会(ABPI)の記録によると、BBCにトーキングヘッドとして定期的に出演しているランジ・シン博士は、2021年にアストラゼネカから22,500ポンドを支払われました。
先月、彼はBBCの朝食番組「モーニングライブ」で、アストラゼネカ製ワクチンの安全性とそれに関連する「重篤だがまれな」合併症について討論を主導しました。彼は、製薬大手からBBCにも視聴者にも支払いを申告しなかった。
ランジ・シン博士
ランジ・シン博士 クレジット:Matt Frost/Television Stills
BBCの広報担当者は、番組に先立って支払いについて知らなかったとし、「アストラゼネカの新型コロナワクチンに関するセグメントはバランスが取れており、報告されたリスクとベネフィットをカバーしていた。このセグメントが放映された後、Ranj博士の2021年のメーカーでの仕事に気づき、番組内でこれに対処しました。
コロナ禍でBBCブレックファストなどのテレビでお馴染みの顔となったナイガット・アリフ博士は、2022年にアストラゼネカから1万ポンドの報酬を受け取っている。
4月にはITVの「This Morning」に出演し、血栓などのアストラゼネカ製ワクチンの副作用の可能性について議論し、これらは「非常にまれ」であると人々を安心させました。
ITVの広報担当者は、アリフ博士の分析は「公正で、正確で、バランスが取れている」と述べ、「医療専門家としての立場で、ワクチンが血栓を引き起こす可能性のある科学的プロセスを説明しました。
「彼女は、アストラゼネカ製ワクチンの結果として血栓に苦しんだと特定された人の数は、ワクチンを接種した何百万人もの人々と比較して統計的に少ないことに基づいて、これは「まれ」であると指摘しました。これは、今年政府が公表した情報によるものです。また、ファイザー社とモデルナ社のワクチンについても言及しました。
フィリパ・ケイ博士は、2020年にアストラゼネカから12,500ポンド、2022年に同じ会社からさらに9,000ポンドを支払われました。
フィリッパ・ケイ博士
フィリッパ・ケイ博士 写真提供:Dave Benett/Getty
パンデミックの間、彼女はソーシャルメディアで目立ち、人々にCovidワクチンの接種を勧める自身の動画を投稿し、その一部は保健省によって公式に宣伝されました。
2021年4月、X(旧Twitter)への投稿で、彼女はフォロワーに「AZワクチンのベネフィットとリスク」について語り、「ワクチンで血栓で死亡するリスクは250万人に1人です。250万人の40歳がコロナに罹患すると、2,000人が死亡し、20人に1人(12万5,000人)がロングコビッドに罹患することになります。利益はリスクを上回ります。
製薬規制当局のディレクターであるAlex Fell氏は、製薬会社のABPI行動規範に違反していないかどうかを調査するよう促されています。
グラハム・ブレイディ卿とストラスキャロン卿から送られた書簡は、ABPI法第24条が、製薬会社が医師と契約を締結する際に、そのような支払いの開示に関する規定を含めることを義務付けていると指摘しています。
この規範は、「書面による契約または合意において、企業は、契約の対象である事項またはその会社に関連するその他の問題について公の場で書いたり話したりすることはいつでも、会社との契約個人であることを宣言する個人の義務に関する規定を含めなければならない」と述べています。
この規範の違反は、処方薬実施基準局(PMCPA)によって調査されます。

アストラゼネカが非難を浴びる: 続きを読む

ジェイミー・スコットはジャブを打つ前は健康だったが、危うく死ぬところだった。彼の話は、アストラゼネカのワクチンの「奇跡」の裏側を暴露している。
47歳の彼は、より良い支払いを求める声が高まる中、製薬大手に対して高等裁判所に請求した数十人の被害者の1人です。
その経緯:輝かしい発見が、不運な少数の人々にとって破滅的な結果となった経緯を詳しく見ていきます。

膨らむ
パンデミックへの対応と回復に関する全党の議員グループの共同議長であるグラハム卿とストラスカーロン卿は、監視機関が「医師からのアドバイスへの信頼を維持するために」行動を必要としていると述べています。
「テレビであろうと開業医であろうと、製薬会社から支払われる支払いは、公に登録され、完全に開示されるべきです。潜在的な利益相反が世間から隠蔽されれば、信頼が損なわれることは避けられず、誰にとっても悪いことです。
すべての医師は、アストラゼネカから特にCovidワクチンに関連して支払われていないと説明するために同様の声明を発表しています。彼らは、製薬大手の鼻インフルエンザワクチンを宣伝するために、PR会社を通じて報酬をもらったと言います。

アストラゼネカ患者における血栓塞栓症の疑い

 
 
 
2022年11月23日までの患者の年齢別に、Covid-19ワクチンアストラゼネカで受けた血小板減少症ADR症例を伴う英国の血小板塞栓症の疑いのあるイベントの数 出典:Gov.UK

ナイガット・アリフ博士は、「私は2021年冬に、鼻インフルエンザワクチンに関する教育的な公衆衛生キャンペーンでアストラゼネカと(PRエージェンシーを通じて)協力しました。すべての支払いはABPIで宣言されました。はっきりさせておきたいのは、私はコビドワクチンを宣伝するためにお金をもらっていないということです」
Ranj Singh博士は、「AZオックスフォードワクチンは2020/21年に発売されました。私は2022年にAZと(PR会社を通じて)まったく別の小児インフルエンザキャンペーンに取り組み、ABPIに宣言しました。それ以来、彼らとは仕事をしていません。私はコビドワクチンを宣伝するためにお金をもらったことはありません。
フィリッパ・ケイ博士は、「私はアストラゼネカと(PRエージェンシーを通じて)鼻インフルエンザワクチンのみに関する教育キャンペーンに取り組んできました。前回、鼻インフルエンザワクチンの啓蒙活動に関わったのは、2021年の受賞でした。すべての支払いはABPIに申告されました。誤解のないように言っておくと、私はコビドワクチンを宣伝するためにお金をもらっていません」
アストラゼネカは具体的なケースについてコメントを控えたが、これは製薬業界全体に適用されるABPIの行動規範によって管理されている分野であると指摘した。
ABPIのメディカルアフェアーズ担当エグゼクティブディレクターであるアミット・アガルワル博士は、「製薬会社とNHSの専門家との関係における透明性に取り組んでおり、ディスクロージャーUKがその透明性の提供を支援していることを誇りに思っています」と述べています。

 

それは始まっています スウェーデンの検察官は現在、死亡した13歳の少年にモデルナのコビド注射を投与した後、過失殺人の疑いで医師を捜査しています。 シェア – これはニュースのあちこちにあるはずです! スウェーデンに住む13歳の少年の両親は、当局を信頼していた。 誰もが、コビド注射は安全で効果的だと言っていました。 疑問を抱いた人々は、すぐに「狂った陰謀論者」というレッテルを貼られた。 そこで、彼らは彼をコビド注射に連れて行くことにしました。 注射を受けた数ヶ月後、少年はひどい副作用で亡くなりました。 現在、スウェーデンの検察官は、注射を投与した医師に対する過失によるホモサイドの医師に対する捜査を開始することを決定しました。 ヨーテボリのクイーン・シルビア小児病院でモデルナのmRNA注射を受けてからわずか数カ月後、男の子は心臓に感染症を起こし、脳卒中に発展しました。 この男の子は、一生を懸けて、信じられないほど高い生存率を持つ病気の実験的な注射によって奪われました。 実際、研究は示しています…この記事の残りの部分を読み続けるには、有料サブスクライバーになってください。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

17 − 10 =