新型コロナウイルス

中国地方有志医師の会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国地方有志医師の会

発足したばかりでメンバーなど明らかになっていませんが、分かり次第掲載していきます。

@chugokuishi 医療・健康

テキストの画像のようです

「子ども達の日常を取り戻しましょう。」
2019 年冬に中国武漢で恐ろしいウイルス感染症が発生したらしい。
このニュースが流れて以降、社会は加速度的に理性を失い、発生から 2 年以上経過した今も、日本社会は混乱の最中にあります。
この 2 年以上に渡るパニックの中、最も影響を受けているのは子どもたちです。
全国一斉休校に始まり、各種学校行事の中止・内容変更、課外活動の制限、受験にまつわる余分なストレスの増悪など、その例は枚挙に暇がありません。
大人たちは、
「今は我慢しましょう」
「おじいちゃんやおばあちゃんを守るために」
「コロナ禍が落ち着くまでは仕方がありません」
など様々な理由を持ち出しては、子どもたちの「今」を奪ってきました。
休校延長の知らせを聞いて、「早く友達に会いたい」と涙ぐむ子どもたち。
残暑厳しい秋の日に、運動会代わりの「リレー大会」に、マスク着用で参加する子どもたち。
合唱のなくなった学習発表会にマスク着用で参加する子どもたち。
子どもたちは、
「コロナが大変だから、今はしょうがない。」
「中止にならなかっただけでも良かった。」
と言います。
でも、本当に「しょうがなかった」のでしょうか?
子どもたちのかけがえのない「今」を奪ってまで、得たものはあったのでしょうか?
その検証が一切されることなく、
子どもたちの「今」を奪い尽くしてきたその挙句、
子どもたちの「命」「未来」を奪いかねない暴挙が始まろうとしています。
いや、既に始まってしまっています。
「子どもたちへの新型コロナワクチン接種」です。
行政、医師会、大病院は、新型コロナワクチン接種の危険性についてほとんど言及しないまま、中長期的な弊害の可能性について一切議論をしないまま、新型コロナワクチン接種を推し進め、
子ども達へも広げようとしています。
新型コロナワクチンの接種、
常時マスク着用などの過剰な感染対策による全ての人々への身体的及び精神的影響について今一度多くの方々に考えていただくため
北海道、東北、関東と全国で立ち上がる有志医師の会に賛同する形で、
「中国地方有志医師の会」を立ち上げることといたしました。
この動きがさらに広がり、一刻でも早く子ども達に日常を取り戻すべく、活動して参ります
 
当会では、今回の趣旨に共感される中国、四国地方の先生方のご参加を募っています。参加資格は、医師、歯科医師、獣医師、看護師、薬剤師などです。
 参加ご希望の方は、メッセンジャーにて、参加希望のコメントともに、お名前、専門科(資格)、勤務施設名、メールアドレスを送ってください。
 勤務されている先生方は、勤務施設や氏名の公開が難しい場合があると思いますので、無記名や施設名を省略等を希望される場合その旨をご記入してください。
 メッセンジャーにてお返事後、適宜zoom会議や情報をお送り致します。会議参加への強制はありませんので、お時間のある時にご自由に参加して頂けたら幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

10 − nine =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。