新型コロナウイルス

佐野栄紀教授 スパイクタンパクの証拠が山盛りになっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐野先生の動画ですが、最初はYouTubeで視聴していましたが、番組が終わる前にバンされました。そのためXでの配信をお届けします。実は土曜日からニコニコ動画が大規模なサイバー攻撃を受けていて、すべての動画が視聴できなくなっています。16日頃まで復旧できないとのお知らせがありました。

WHOのIHRやパンデミック条約など大きな問題がある中で、(政府の要請にもかかわらず?)動画をほとんど削除しないニコニコに対して狙い撃ちをしたのかも知れません。時期が時期だけに体制側からの脅迫の可能性もあります。日本が言論統制の国になるかも知れません。急に騒がしくなりましたが、現状は動画の削除攻勢が行われている段階です。詳しいことは分り次第お伝えします。当サイト『改善道場』は(・・秘・・)を使っていますので、サーバーを押さえられない限り大丈夫です。

 

mRNAワクチン接種後皮膚病:PVDは新型コロナ感染の皮膚病と似ているが、PVDは症状が非常に長く遷延するものが多い。時に年を越えて1年、2年を越えるものもある。

 

 

70歳ファイザー2回目直後に皮膚が壊死を起こし、皮膚の中に血栓が出来ており、そのために栄養が届かない。局所でスパイクタンパク産生。

 

免疫が下がっている成人では水痘として発症することがある。帯状疱疹ウイルス(水痘と一緒)が全身をめぐって3ヶ月も続いた。

 

蛍光法で緑に光るものがスパイクタンパク

汗腺にスパイクタンパクが染まっている

 

 

汗の中にスパイクタンパクが存在する可能性

 

 

 

宜保 美紀 先生

 

 

4つのうち上2つは卵巣癌、下2つは白血病

 

WHO総会の結果を世界一わかりやすく解説パンデミック条約交渉継続、IHR強行可決は無効!

※ WCH創設者 テス・ローリーヘのインタビュー

※ 画像をクリック ⇒ Play recording

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

12 − 8 =