新型コロナウイルス

WHO トリインフルエンザでワクチンバブルをもう一度!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次は何を使ってパンデミック騒ぎを起こすか決まっているようです。ワクチンも準備できているでしょうが。しかし、人口を削減しつつ製薬会社が利益を上げるというこの手口はバレていますので、早速否定する発表が出てきました。コロナワクチンで酷い目に遭った人たちがまた騙される可能性は低いと思いますが、どうでしょうか。コロナ騒ぎで分ったことは、感染症が流行したからといってワクチンを打ったり行動制限をしたりと、余計なことをしなければ何も起こらず無事で過ごせるということ。

コロナ騒動で起こった製薬会社のワクチンバブルをもう一度!

 

 

 

そしてWHOが採った方針がこれ! 

 
 
ASKA
 
@ASKA_Pop_ASKA
 
ね? 加盟国はこうなるんだよ。 専門学者も国民だからね。 ーーー WHO加盟194カ国、鳥インフルエンザワクチンに反対する国民を逮捕することに合意 – メディア報道禁止 世界保健機関(WHO)加盟国194カ国は、いわゆる「誤報」を撲滅するための厳しい新措置の一環として、鳥インフルエンザワクチンに反対を表明する国民の逮捕と起訴を開始することに合意した。 世界健康総会は今週、主流メディアによる宣伝なしに、物議を醸している国際保健規則の改正案を採択した。 これらの修正は、各国の国家主権を廃止し、WHOに西側諸国で法律を可決する広範な権限を与え、WHOが公式見解を弱めると主張する発言を犯罪とするものである。 #WHO #WEF

 

メキシコから否定する発表が!

メキシコのホルヘ・アルコセル保健長官は6月6日木曜日、メキシコでの男性の死亡は、これまで人間で発見されたことのない鳥インフルエンザの株によって引き起こされたという世界保健機関(WHO)の発表を否定した。 朝のブリーフィングで、アルコセルはWHOの発表を否定し、鳥インフルエンザのA(H5N2)株で死亡したと報告された59歳の男性は「他の原因、主に腎不全と呼吸不全で死亡した」と断言した。 アルコセル氏は、WHOの発表は「正確ではない」ため、冷静さを保ち、慎重に受け止めるよう人々に促した。

 

トッポ
 
@w2skwn3
 
メキシコの保健大臣であるホルヘ・アルコセールは、鳥インフルエンザ関連の人間の死亡に関する世界保健機関(WHO)の重大な虚偽を否定しました。 アルコセールは、人々に冷静を保ち、WHOの発表を慎重に受け止めるよう呼びかけました。なぜなら、それは「正確ではない」からです。

 

最早、グローバリストの悪だくみは、反グローバリズム国家の暴露によって完全に潰されています。すべてバレているから、何をしようとしても成功しない。

そんなに次から次へパンデミックが発生するわけはありません。分りやすいですね。新型コロナの時もこれと同じことが繰り返されました。

感染者が中国で発生 ⇒ 国内上陸したら大量に人が死ぬ ⇒ メディアを使って恐怖を煽る ⇒ 行動制限  ⇒ ワクチン接種キャンペーン 

これが分らないと何度でも騙されます。ワクチンを打たせるために何でもやるのがWHOとグローバリストです。

 

Image

※ 下の画像はジャシンダ・アーダーン ニュージーランド首相。ワールドエコノミックフォーラム  クラウス・シュアブの愛弟子。師匠の指導で人口を削減した功績は大きい。カナダのトルドーと並んで強権を発動してワクチン接種を義務化した。彼等の業績はカルマとして永遠に刻まれる。

SLAY  ワクチン接種が完了したニュージーランド、超過死亡が3000%急増

 

ニュージーランド政府からの壊滅的なリークにより、完全にワクチンを接種した国は、過去2年間で超過死亡が3,000%も急増していることが明らかになりました。

Covidパンデミック時の厳格な義務付けと政府の強い圧力により、ニュージーランドの人口の大多数は完全に予防接種を受けています。

公式データによると、12歳以上のニュージーランドの対象人口の95.8%がCovid mRNAショットを1回接種しています。

一方、12歳以上のニュージーランドの人口の94.7%がワクチン接種を完了していると考えられています。

ニュージーランドの政党の党首は、オーストラリアの国の超過死亡率の急上昇について警鐘を鳴らしながら、リークされた文書を引用しました。

 

NZ Loyalの責任者であるLiz Gunn氏は、国内の何万人もの人口がCovid注射で死亡したと警告しています。

ガン氏は、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まって以来、500万人に上るニュージーランドの超過死亡者数について発言した数少ない政治家の一人である。

最近の報告によると、2022年の49週間で、ニュージーランドでは5,285人の超過死亡が発生しました。

この数字は、Covidの予防接種が展開される前の最後の年である2020年の数字よりも3,203%増加しています。

 

ガン氏は、漏洩した政府文書を手渡した内部告発者から連絡を受けたと述べた。

「死者数は、通常、注射の悪影響に苦しむ人々の数よりも少ない。そうなると、負傷者や死亡者数の推定は、率直に言って、目を見張るものになり始める」とガンは述べた。

「同じジャブの現場に通い、同じ日に連続して次々とジャブを打たれた人。

「我々は彼らのジャブの日付を見たし、彼らの死亡日も見た」とガンは述べた。

 

この点を説明する多くの例の1つとして、ガン氏はニュージーランドで行われた最近の研究を引用した。

ガン氏が主導したこの研究の調査では、あるクリニックでコビドmRNAの注射を受けたすべての人が、ワクチン接種後すぐに同じ期間内に突然亡くなったことがわかりました。

 

元テレビ司会者から調査報道記者に転身したガン氏は、ニュージーランドの同じクリニックで新型コロナワクチンを接種した患者を追跡した。

驚くべきことに、彼女は同じ日にクリニックでワクチンを接種した30人の患者全員を追跡し、全員がほぼ同じ時期に亡くなっていたことを発見しました。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

thirteen + 6 =